NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

インテル、終盤に2度追いつきナポリとドロー…長友は欠場、ふくらはぎの負傷が原因か

no title

長友欠場のインテル、終盤に2度追いついてナポリとドロー

 セリエA第7節が19日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルとナポリが対戦。長友はベンチ外となった。

 2連敗中のインテルは、ホームで3試合ぶりの勝利を目指し、序盤から攻勢に出る。18分にエルナネスのスルーパスからマウロ・イカルディが抜け出し、右足のボレーシュートを放ったが、ゴール上に外れた。

 38分にもゴール前で競り勝ったエルナネスが、左足でのミドルシュートを放ったが、ボールはポストを直撃。前半をスコアレスで折り返した。

 後半もインテルが押し込む展開となったが、50分にナポリのロレンツォ・インシーニェに抜け出されてしまう。しかし、シュートがポストに当たったことで難を逃れた。

 インテルは、57分にエルナネスの右CKからネマニャ・ヴィディッチがヘディングシュートを放ったが、枠を捉え切れなかった。ゴールを奪えないまま終盤を迎えると、79分に失点。右サイドからスローインをゴール前に入れられると、ヴィディッチのクリアをナポリのホセ・カジェホンがゴール前で拾って、右足でシュートを蹴り込んだ。

 終盤にリードを奪われたが、インテルも82分に追いつく。ドドの左CKからイカルディが頭で繋ぎ、最後は直前に途中出場していたフレディ・グアリンが右足で押し込んだ。

 終盤に点を取り合うと、試合終了間際の90分にナポリのカジェホンが浮き球を左足のダイレクトボレーで得点。しかし、直後にインテルも、エルナネスがドドからのクロスをヘディングで叩き込んだ。

 打ち合いとなった試合は、決勝ゴールは生まれずに、タイムアップ。2-2のドローに終わった。

【スコア】
インテル 2-2 ナポリ

【得点者】
0-1 79分 ホセ・カジェホン(ナポリ)
1-1 82分 フレディ・グアリン(インテル)
1-2 90分 ホセ・カジェホン(ナポリ)
2-2 90分 エルナネス(インテル)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141020-00243261-soccerk-socc

ふくらはぎが原因か、長友が欠場 指揮官が不満との報道も

インテルDF長友佑都が、19日のセリエA第7節ナポリ戦を欠場した。ふくらはぎの負傷が問題となったようだ。

日本代表でブラジル代表との国際親善試合に出場していなかった長友。インテル合流後、16日のトレーニングを欠席したことが報じられたが、招集メンバー入りしたこともあり、右サイドハーフでの先発出場も予想されていた。

だが、インテルは右サイドにMFジョエル・オビを起用。長友はベンチメンバーからも外れた。イタリアの一部メディアによると、ふくらはぎの問題でプレーできる状態でなかったという。

イタリア『スカイ・スポーツ』の報道として『fcinternews.it』が伝えたところによると、ワルテル・マッツァーリ監督は長友の姿勢に少し不満も見せたようだ。

報道によると、長友はふくらはぎが大丈夫だと指揮官に伝えていたものの、試合を前に試した際にプレーできない状態であることが判明したという。そのため、マッツァーリ監督は代替プランを用意できず、不満を見せたという。

インテルはDFジョナタンとDFダニーロ・ダンブロージオも離脱しており、サイドが人員不足に陥っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141020-00000039-goal-socc

スポンサーサイト
[ 2014/10/20 ] 長友佑都 | TB(0) | CM(1)

主将務めた長友が前半で退場…インテルは4失点でカリアリに敗戦し今季初黒星

no title

インテル、主将務めた長友が退場で4失点の敗戦…今季初黒星

 セリエA第5節が28日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルとカリアリが対戦した。右サイドで先発した長友は、キャプテンマークを巻いての出場となった。

 試合は、開始10分で動く。カリアリがDFラインからロングボールを前線に送る。このボールに競るかと思われがスルーで、そのままペナルティエリア内でフリーになっていたマルコ・サウにボールが通り、振り向いてのシュート。これが決まりカリアリが先制に成功する。

 インテルは18分、ロドリゴ・パラシオがペナルティエリア手前の右で倒されてFK獲得。パラシオが隙を見て早いリスタートをすると、ペナルティエリア内のファーサイドにいたパブロ・オスヴァルドに通り、流しこんでゴール。早い段階でインテルが同点に追いついた。

 同点に追いついたインテルだったが、25分にもイエローカードを受けていた長友が、27分にこの日2枚目のイエローを受けて退場。インテルが数的に不利となった。

 29分にカリアリはがペナルティエリアの右から強烈なシュートを放つ。これはGKがセーブするも、こぼれ球にアルビン・エクダルが反応しゴール。カリアリがまたもリードを獲得した。さらに34分、右サイドを突破したビクトル・イバルボがペナルティエリア内に侵入し、マイナスの折り返し。そこにエクダルが合わせてネットを揺らし、リードを2点に広げた。

 さらに42分、ペナルティエリア内でスルーパスを受けたサウが切り返したところにネマニャ・ヴィディッチの足が入ったとしてPKの判定。アンドレア・コッスがPKを蹴るも、インテルGKサミール・ハンダノヴィッチがセーブし追加点を許さない。しかし、直後の右CKで、こぼれ球に反応したサウが蹴りこみ、この日3点目を挙げてハットトリックを達成した。前半はそのまま終了。4-1のカリアリがリードで折り返した。

 インテルは、ガリー・メデルをフレディ・グアリンに代えて後半を迎える。69分にはパラシオに代えてマウロ・イカルディを投入し、反撃を試みるが、ゴールまでには至らない。一方のカリアリも何度かチャンスを作るが、最後のところで精度を欠いて決めきれず試合は4-1のまま時間が過ぎる。

 79分に、ダニーロ・ダンブロージオが右サイドでボールを受けて自らエリア内に侵入しシュート。これはゴール左にそれて得点を奪うことはできなかった。アディショナルタイムに入って、ロングボールを入れたインテルは、カリアリDFがクリアしきれなかったこぼれ球が、エリア内右のオスヴァルドに渡る。そのままシュートを放つが、枠の右に逸れてゴールとはならない。

 試合は、前半のスコアから動かず終了。長友が退場となったインテルは4失点でカリアリに敗戦し、今シーズン初黒星を喫した。

【スコア】
インテル 1-4 カリアリ

【得点者】
0-1 10分 マルコ・サウ(カリアリ)
1-1 18分 パブロ・オスヴァルド(インテル)
1-2 29分 アルビン・エクダル(カリアリ)
1-3 34分 アルビン・エクダル(カリアリ)
1-4 44分 アルビン・エクダル(カリアリ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140928-00236920-soccerk-socc

[ 2014/09/29 ] 長友佑都 | TB(0) | CM(0)

イカルディのハットトリックなどでインテルが7発大勝…長友は右サイドハーフで今季初先発

no title

イカルディのハットトリックでインテル7発大勝…長友は今季初先発

 セリエA第2節が14日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルとサッスオーロが対戦した。開幕節のトリノ戦でベンチスタートだった長友は、右サイドハーフで先発出場した。

 4分、マテオ・コヴァチッチがドリブルでペナルティエリア内に切り込み、ゴール正面からシュートを放つ。ボールはGK正面に落ちるが、詰めてきたマウロ・イカルディがネットに押し込み、インテルが先制に成功。10分、サッスオーロがCKを獲得すると、低めの速いボールをニアサイドに入れてくるが、ドドがクリアする。19分、ファン・ジェズスからのクロスに、ペナルティエリア内の長友が合わせボレーシュートを放ったが枠を外れる。

 21分、イカルディからパスを受けたパブロ・オスヴァルドがペナルティエリア手前にボールを落とす。コヴァチッチがトラップで相手DFをかわしながらGKと1対1になったところをゴール右隅に冷静に決め、追加点を奪う。さらに30分、ゴール前でフリーになったイカルディがミドルシュートを叩き込み、この日2点目。インテルがリードを広げる。

 43分には、ドドがドリブルでペナルティエリア内まで持ち上がりシュートを放つが、GKにブロックされる。こぼれ球に反応したオスヴァルドが右足で流し込み、インテルの大量リードで前半を折り返す。

 後半に入っても攻撃の手を緩めないインテルは53分、コヴァチッチからのスルーパスを受けたイカルディがゴール正面からダイレクトでシュートを放ち、ハットトリックを達成する。一方のサッスオーロは、後半から入ったサフィル・タイデルがゴールを狙うが、サミル・ハンダノヴィッチのセーブに阻まれる。60分には、ドメニコ・ベラルディがレッドカードを受けて退場となり、数的不利に陥る。

 直後、インテルは長友を下げてイブライマ・エムバイエを投入する。インテルは終盤にもオスヴァルド、後半途中に入ったフレディ・グアリンが立て続けにゴール。合計7得点を奪ったインテルが7-0でサッスオーロを下し、今シーズンのリーグ戦初白星を飾った。なお、長友は62分までプレーしている。

 次節、インテルはパレルモと、サッスオーロはサンプドリアと対戦する。

【スコア】
インテル 7-0 サッスオーロ

【得点者】
1-0 4分 マウロ・イカルディ(インテル)
2-0 21分 マテオ・コヴァチッチ(インテル)
3-0 30分 マウロ・イカルディ(インテル)
4-0 43分 パブロ・オスヴァルド(インテル)
5-0 53分 マウロ・イカルディ(インテル)
6-0 72分 パブロ・オスヴァルド(インテル)
7-0 74分 フレディ・グアリン(インテル)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140914-00232194-soccerk-socc

※追記 長友は左太ももの違和感で途中交代のようです。

長友、初先発も左太もも違和感で途中交代

<セリエA:インテルミラノ7-0サッスオロ>◇14日◇ミラノ

 インテルミラノの長友佑都(27)は、ホームのサッスオロ戦で今季初めて先発出場した。だが左太ももに違和感を覚え、マッツァーリ監督に直訴して後半17分に交代した。

 前半から張りと軽い痛みを感じていたといい、翌日にチームドクターと話し合い、精密検査を受けるか決める。

 試合は7-0で勝利した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140915-00000001-nksports-socc

[ 2014/09/15 ] 長友佑都 | TB(0) | CM(0)

長友がフル出場で2アシスト! インテルが6得点圧勝でヨーロッパリーグ本戦出場

no title

長友、フル出場で2アシスト! インテルが6得点圧勝

28日に行われたヨーロッパリーグ予選プレーオフ・セカンドレグ、インテル対ストヤルナンの一戦は、6-0でホームのインテルが快勝した。DF長友佑都は先発出場し、2アシストを記録している。

敵地でのファーストレグで3-0と快勝し、予選突破をほぼ確実としていたインテル。ホームでのシーズン初の公式戦で、マッツァーリ監督は前日会見で明かしたように、長友やオスバルド、アンドレオッリ、GKカリソを先発で起用した。新加入のエムヴィラもスタメンに名を連ねる。

立ち上がりから主導権を握ったインテルは、12分に長友のクロスからオスバルドがクロスバー直撃のヘディング。直後にもこぼれ球からオスバルドがチャンスを手にするなど、先制に迫る。

均衡を破ったのは28分。右サイドからダンブロージオがクロスを入れると、オスバルドが合わせたボールが相手選手に当たってこぼれ、これをコバチッチが押し込んだ。

33分には追加点。オスバルドの巧みな落としから、これを受けたコバチッチが単独突破。華麗に相手選手をかわしてペナルティーエリア内に侵入すると、相手GKの上を抜くループシュートを決めた。

2点のリードで前半を終えたインテルは、後半の早い時間帯に長友のアシストからさらに2ゴールを奪う。

長友はまず46分、左サイドから正確なクロスを入れ、オスバルドのヘディングでのゴールを演出。さらに51分、カウンターから左サイドをスピーディーに攻め上がると、ペナルティーエリア内で仕掛けてから折り返し、コバチッチのハットトリックをお膳立てした。

インテルの攻撃は止まらない。69分、途中出場のイカルディが、ペナルティーエリア内で鋭い反転からシュートを決めて5点目。イカルディは80分にもジョナタンのパスから追加点を挙げ、53分からの出場で2得点をマークした。

終了間際に長友がイエローカードをもらう場面もあったが、インテルは格下相手に圧勝。予選突破を決め、次は31日のセリエA第1節でトリノと対戦する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140829-00000041-goal-socc

[ 2014/08/29 ] 長友佑都 | TB(0) | CM(0)

キャプテンマークを巻いた長友が今季初ゴール! グアリンとの相撲パフォも披露

no title

グアリンとの相撲パフォも出た!!キャプテン長友が“今季初ゴール”

[8.2 ギネス・インターナショナル・チャレンジ杯 ローマ0-2インテル]

 日本代表DF長友佑都の所属するインテルは2日、アメリカで開催されているギネス・インターナショナル・チャレンジ杯でローマと対戦し、2-0で勝利した。

 同勝ち点で並ぶイタリア決戦を制したインテルは、勝ち点を6に伸ばして、決勝進出に望みをつないだ。

 長友はこの日はいつもと逆の右MFで先発。左MFにはローマからレンタルで加入しているドドーが入った。またDFアンドレア・ラノッキアがこの日はベンチスタートとなったため、キャプテンマークは長友が巻いてプレーした。

 インテルに先制点が生まれたのは前半終了間際のアディショナルタイム1分、左サイドからドドーがFKを蹴り入れると、DFネマニャ・ビディッチがニアに飛び込み、ヘディングシュート。新戦力2人のホットラインでインテルがスコアを動かした。

 次の得点もインテルに生まれる。後半24分、左サイドからMFダニーロ・ダンブロージオがクロスを入れると、ゴール前の競り合いでボールがこぼれる。これを右サイドでフリーで待っていた長友が、思い切って右足を振り抜くと、クロスバーを叩いた強烈シュートが勢いのまま、ゴールラインを越えた。ゴール後にはMFフレディ・グアリンと四股を踏みあう“相撲パフォーマンス”を披露。名実ともに名門クラブの中心選手に登りつめている。

 長友は後半31分にお役御免。キャプテンマークは途中出場していたラノッキアに渡った。2試合連続でPK戦を戦っていたチームも、この日はこのまま2-0で逃げ切って、今大会初の90分勝利を挙げた。

 この後行われるマンチェスター・ユナイテッド対レアル・マドリー戦で、レアルが勝利すれば、インテルの逆転での決勝進出が決まる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140803-00137855-gekisaka-socc

[ 2014/08/03 ] 長友佑都 | TB(0) | CM(2)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。