NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2ゴール演出の乾が今季2アシスト目! フランクフルトは5ゴール大勝で今季初の3連勝

no title

2ゴール演出の乾が今季2アシスト目、フランクフルトは今季最多5発で3連勝

[12.7 ブンデスリーガ第14節 フランクフルト5-2ブレーメン]

 ブンデスリーガは7日、第14節3日目を行い、MF長谷部誠とMF乾貴士の所属するフランクフルトはホームでブレーメンと対戦し、5-2で快勝した。長谷部はボランチでフル出場。乾は左MFで後半37分までプレーし、今季2アシスト目を含め2ゴールを演出した。

 フランクフルトは前半34分、右サイドのロングスローからFWハリス・セフェロビッチが落としたボールをMFマルク・シュテンデラがシュート。これは左ポストを直撃したが、跳ね返りをFWアレクサンダー・マイヤーが左足で押し込み、先制点を奪った。

 マイヤーは3戦連発の今季9ゴール目。今節で通算8ゴールに伸ばしたFW岡崎慎司(マインツ)、FWエリック・マキシム・シュポ・モティング(シャルケ)を抑え、得点ランキング単独トップを守った。

 ブレーメンも前半45分にMFズラトコ・ユヌゾビッチの左CKにDFテオドール・ゲブレ・セラシェが頭で合わせ、同点弾。前半は1-1で折り返したが、後半7分、乾のパスから勝ち越しゴールが生まれた。左サイドから乾が右足で鋭いクロスボールを入れると、GKがセフェロビッチと交錯し、ボールをファンブル。こぼれ球をセフェロビッチが倒れ込みながら右足で押し込んだ。

 主審はファウルを取らず、得点を認めたが、このプレーでブレーメンGKラファエル・ボルフが脇腹付近を負傷。後半14分にGKリヒャルト・シュトレビンガーと交代するアクシデントに見舞われた。するとフランクフルトは後半23分、DFティモシー・チャンドラーのスルーパスに抜け出したMFシュテファン・アイグナーがシュート。ポストに当たった跳ね返りをマイヤーが詰め、3-1と突き放した。

 マイヤーはこれで今季通算10得点目。節目の2ケタに乗せ、得点ランキングでも2位の岡崎とシュポ・モティングに2点差を付けた。後半31分にはDFバスティアン・オチプカの左クロスが逆サイドまで抜けてきたところをアイグナーが右足で蹴り込み、4-1。同34分に1点を返されたが、1分後の後半35分、右クロスのこぼれ球を乾が落とし、シュテンデラが右足ダイレクトボレーで豪快にゴールネットを揺らした。

 乾の6試合ぶり今季2アシスト目で5-2と試合を決定づけたフランクフルト。乾は直後の後半37分に交代したが、今季最多となる1試合5ゴールの大勝で今季初の3連勝を飾り、順位も7位にまで上げた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141208-00242438-gekisaka-socc

スポンサーサイト
[ 2014/12/08 ] 乾貴士 | TB(0) | CM(2)

乾がオウンゴール誘うFKで得点に絡むも…フランクフルトはドロー

no title

フランクフルト乾、オウンゴール誘うFKで得点に絡むもドロー決着

 ブンデスリーガ第2節が30日に行われ、ヴォルフスブルクと日本代表MF長谷部誠とMF乾貴士が所属するフランクフルトが対戦した。

 フライブルクとの開幕戦を勝利で飾ったフランクフルトは、長谷部と乾がともに先発出場した。一方、バイエルンに1-2で敗れ黒星発進となったヴォルフスブルクは、リーグ戦初勝利を懸け試合に臨んだ。

 10分、ゴール右サイドでFKを得たフランクフルトは、コンスタン・ジャクパが直接狙うも枠を捉えることはできない。すると15分、ヴォルフスブルクがゴール正面の位置でFKのチャンスを獲得。ナウドが直接FKを決め、先制に成功する。

 セットプレーからチャンスを伺うフランクフルトは23分、ペナルティエリア外右側から蹴った乾のFKが、セバスティアン・ユングに当たりゴールイン。オウンゴールでフランクフルトが同点に追いつく。40分には、バックパスを受けたマックス・グリュンのミスで、ゴール前に落ちたボールに反応したルーカス・ピアゾンが至近距離から放ったシュートは相手DFが体を張ってブロック。こぼれ球を今度はネルソン・バルデスがシュートするも、ネットを揺らすことができない。互いに追加点を挙げることができないまま、1-1で前半を折り返した。

 後半開始からヴォルフスブルクは、ルイス・グスタボに代えてジュニオール・マランダを投入する。追加点が欲しいフランクフルトはハリス・セフェロヴィッチ、カルロス・サンブラーノが立て続けにロングシュートを放つが、得点に至らず。61分、ヴォルフスブルクのマキシミリアン・アーノルドが放ったミドルシュートはGK正面をついた。

 両者譲らない展開の中、先に勝負に出たのはヴォルフスブルク。ダニエル・カリジウリとアーセナルから移籍したニクラス・ベントナーを投入する。攻撃のリズムが出てきたヴォルフスブルクは79分、ベントナーが相手DFを引きつける中、フリーになったアーノルドがペナルティエリア内左からダイレクトシュートを叩き込み逆転。直後、フランクフルトはルーカス・ピアゾンに代わり入ったヴァーツラフ・カドレツが、アレクサンダル・イグニョフスキからのクロスにヘディングで合わせ同点ゴールを決める。両チームともに最後まで攻め続けたが追加点は奪えず、2-2の引き分けで試合終了。長谷部は84分までプレー、乾はフル出場している。

 次節、ヴォルフスブルクはホッフェンハイムと、フランクフルトはアウクスブルクと対戦する。

【スコア】
ヴォルフスブルク 2-2 フランクフルト

【得点者】
1-0 15分 ナウド(ヴォルフスブルク)
1-1 23分 セバスティアン・ユング(ヴォルフスブルク)(オウンゴール)
2-1 79分 マキシミリアン・アーノルド(ヴォルフスブルク)
2-2 85分 ヴァーツラフ・カドレツ(フランクフルト)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140831-00226875-soccerk-socc

[ 2014/08/31 ] 乾貴士 | TB(0) | CM(0)

乾貴士、遠征メンバーから外れる

638: U-名無しさん@実況はサッカーch 2014/02/21(金) 00:50:02.84 ID:6QbWgraQ0

no title

乾、遠征メンバー外れる=サッカー欧州リーグ

 サッカーのドイツ1部リーグ、フランクフルトに所属するMF乾貴士が、アウェーで20日にポルト(ポルトガル)と対戦する欧州リーグ決勝トーナメント1回戦第1戦の遠征メンバーから外れたことが分かった。クラブ公式サイトが19日、伝えた。乾はフランクフルトに残って練習する予定。

http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2014022100014


[ 2014/02/21 ] 乾貴士 | TB(0) | CM(5)

チームメイト・現地記者から見た乾貴士

373: 名無しに人種はない@実況はサッカーch 2014/02/04(火) 21:07:38.87 ID:IWm58/N50

no title

【新コラム】 チームメイト・現地記者の声から紐解く乾貴士への期待値

現地記者が見た乾貴士像

今回の訪問の目的として、チームメイトや監督から見た乾はどう映っているのか。そのことを自分なりに、解釈したかったということが挙げられる。

ブンデスリーガに所属するチームは、バイエルン・ミュンヘン、ボルシア・ドルトムントといったビッグクラブを除けば定期的に公開練習を行っており、選手とファンの距離が近い。

私が訪問した日は、代表クラスの選手は国際Aマッチ週間ということもあり練習に参加していたのは、フルメンバーではない。乾も日本代表のオランダ・ベルギー遠征に帯同していて、不在であった。しかし、練習場には50人程度の目の肥えたファンが気温4度の寒さの中練習を見守り、日本人である私に「イヌイ、イヌイ」と声を掛けてくれる。練習場には、kicker紙のカメラマンと記者もいた。

ドイツ語が話せない私は、手始めに英語でkicker紙の記者に乾の印象を尋ねてみた。

「非常にテクニカルな選手で現在のチームにいないタイプの選手だが、今季はチームの戦術の変更もあり適応に苦しんでいる。kickerでも昨季は乾の特集を組んだが、今季の印象としては、守備の理解力を向上させる必要がある。去年のパフォーマンスを取り戻すことがチームの浮上に関わってくる。」と話した。

練習に目を戻すと、1人の小柄な選手に目を奪われた。マーティン・ラニッヒら数人を除けば、お世辞にもテクニカルとは言えないチームの中で、狭いエリアをドリブルで切り崩していく選手がいた。kickerの記者によると、名はマルク・シュテンデラと言う。聞けばまだ17歳で、ドイツのU-17代表の主力選手であるとのこと。

「シュテンデラは、ドイツでも注目の若手選手の1人。攻撃的な中盤のポジションなら、どこでもこなせる器用さも持ち合わせている。近い将来、乾のライバルと言える選手になるよ。覚えておいたほうが良いよ。」

 
チームメイトが見た乾貴士とは

練習終了後、私が話しを聞きたかったのは3人。監督であるアルミン・フェー、守護神であるケヴィン・トラップ、そして先ほど前述したマルク・シュテンデラ。まずはアルミン・フェーのもとに向かったが、「乾は今オランダにいる。」と一言。それ以上何も聞くことができなかった。取材申請もしていなかったので、これは仕方がない。

続いて毎日の練習で乾のシュートを受けている、ケヴィン・トラップに話しを聞くことができた。

大阪から来たという旨を伝えると「乾が前に所属していたクラブのホームタウンだね。何でも聞いてくれ。」と質問に答えてくれた。

乾の性格をどう捉えているか?

「彼はよくジョークを言う、明るい性格だよ。チームメイトからも愛されているし、チームに溶け込んでいる。それに私は、彼の目が好きなんだ。とてもキュートだよ。」

乾のプレーについてはどう感じているのか?

「非常にテクニックに優れている。特にキックの精度が高い。シュート練習では、うまくタイミングをずらしてくる。先のプレーが読みにくい選手で、タイミングが独特だ。キーパーにとってはプレーの判断が難しい、グッドプレーヤーだよ。」

最後にマルク・シュテンデラのもとに向かった。先ほどのkicker紙の記者もシュンデラに取材中だった。近くで見てみると、身長170を少し超える程度の背丈の小柄な選手だ。

ポジションが近いということで、乾をライバルと捉えているか?

「乾は、チームで1番のテクニシャンでトラップとキックの質が高い。当然ライバルと捉えているし、常に気にしているよ。特に昨季のパフォーマンスは素晴らしかった。」

今季のチームは試合内容・結果ともに苦しんでいるように見えるが。

「ボカール、ELと、試合数が多くなっているからコンデイションを保つのが難しい。チームとしても、昨季よりマークされていると感じている。でも、いずれ結果がついてくるようになると思っているよ。」

あなたから見て乾はどういう性格か?

「明るくて、真面目な性格だよ。常に練習に100%で向き合う、プロフェッショナル選手だ。でもサッカーから離れると、とてもいい顔で笑うんだ。僕は彼の笑顔が好きで、チームでも人気者だよ。」

 別れ際に2人に今日のことを書いてもいいか??と尋ねると「勿論。ドイツを楽しんで。試合も見に来てくれよ。」と日本人である私に対し、非常に好意的な対応で接してくれた。ブンデスリーガで活躍する日本人選手達への感謝を胸にしまい込み、私は練習場を後にした。

ブンデスリーガ特有の長いウィンターブレイク明けの対ヘルタBSC戦。先発出場を果たした乾であったが、本来の思い切りのよいドリブルは陰を潜め、インパクトを残すことができず56分に途中交代を命じられた。kicker紙の採点では、チーム最低点の5.5と厳しい評価を受ける。続く王者バイエルン・ミュンヘン戦ではベンチ入りするも、出場機会を得ることはできず、5対0で完敗。チームも降格圏から、勝ち点2差の14位(2月3日時点)と浮上のキッカケを掴めずにいる。

残留争いに向けて、結果を残せていない乾に向けられる目は、今後ますます厳しいものになるだろう。しかし、サポーターから聞いた「もっと自信を持ってプレーして欲しい」と愛情と期待の込もった声と、チームメイトからの信頼と高い評価は、必ず乾にとって追い風となるはずだ。不完全燃焼の乾の試合中継を見る度に、フランクフルトで食べた肉厚のある極上のジャーマンソーセージと、コクの深い地ビールの味と一緒に、フランクフルトで聞いた“声”を思い出すのであった。

http://qoly.jp/index.php/special/21262-20140203-column-kurita


[ 2014/02/06 ] 乾貴士 | TB(0) | CM(0)

乾が3戦ぶり先発も…フランクフルトはフライブルクとドロー

no title

代表復帰の乾が3戦ぶり先発も…フランクフルトは今季未勝利のフライブルクとドロー
ゲキサカ 10月7日(月)2時38分配信

[10.6 ブンデスリーガ第8節 フライブルク1-1フランクフルト]

 ブンデスリーガは6日、第8節3日目を行い、MF乾貴士の所属するフランクフルトは敵地でフライブルクと対戦し、1-1で引き分けた。日本代表にも復帰した乾は左サイドで3試合ぶりに先発し、フル出場したが、得点には絡まなかった。

 アウェーとはいえ、今季未勝利のフライブルクから勝ち点3を奪いたいフランクフルト。前半18分には乾のヒールパスからDFジャクパがPA内左に走り込んだが、シュート性のクロスはGKに当たって枠を外れた。

 フライブルクに押し込まれ、なかなか乾にもいい形でボールが入らないフランクフルトだったが、ラッキーな形で先制する。後半19分、左サイドからジャクパが低いクロスを入れると、GKが足で弾いたボールが味方DFに当たって跳ね返り、ゴールマウスに吸い込まれた。

 オウンゴールでリードを奪い、後半23分には乾が鋭いドリブル突破でPA内に仕掛け、チャンスを演出するなど、追加点の好機もつくった。ところが、2点目を奪えず、1点リードのまま終盤に入ると、フライブルクは後半40分に左CKからMFニコラス・ヘフラーがヘディングシュートを叩き込み、同点弾。追いつかれたフランクフルトは1-1の引き分けで3試合連続ドローに終わった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131007-01126350-gekisaka-socc


[ 2013/10/07 ] 乾貴士 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。