NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マンU更衣室にかかる音楽はR&B一色 スレイヤー、ナパームデスなどのスラッシュメタルは却下

1: テキサスイズザレーズンφ ★ 2013/03/25(月) 14:34:44.62 ID:???0

3月15日付の『サン』は、マンチェスター・ユナイテッドのGKダビド・デ・ヘアの「嘆き」を報じている。

ユナイテッドのドレッシングルーム(更衣室)に流れている音楽は、ここ数年、R&Bが主流となっている。
かつて、『ロック派』のガリー・ネビル(現解説者/イングランド代表コーチ)がそれに対抗しようと試行錯誤したものの、
他の選手の同意を得られず......。ネビル引退後は、再びR&B一色に戻っていた。

試合前、ドレッシングルームに流す音楽を決めるのは、キャプテンのパトリス・エブラの仕事だ。
もちろん、大のR&Bファンである。関係者の証言によると、「ダビドは、パトリスに音楽を変えてほしいとお願いしたようだ。
R&Bよりもスラッシュメタルのほうが気合いが入る、『スレイヤー』とか『ナパーム・デス』をプレイリストに加えて欲しい、と」。
しかし、その後もミュージックリストに変更はなかった模様。ユナイテッドのドレッシングルームに、スラッシュメタルが鳴り響く日は遠いようだ......。


以下ソース:Sportiva
http://yukan-news.ameba.jp/20130325-179/


スポンサーサイト
[ 2013/03/25 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。