NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドルトムントが4発快勝でCL3連勝! 香川も2戦連続アシスト

no title

[CL]ドルトムントが4発快勝で3連勝、香川も2戦連続アシスト

[10.22 欧州CLグループリーグ第3節 ガラタサライ0-4ドルトムント]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は22日、各地でグループリーグ第3節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムント(ドイツ)は敵地でガラタサライ(トルコ)と対戦し、4-0で快勝した。3試合連続の完封勝利で開幕3連勝を飾り、D組首位をキープ。トップ下で先発した香川もCLでは2試合連続となるアシストを記録した。

 ブンデスリーガで3連敗中のドルトムントはFWピエール・エメリク・オーバメヤンを1トップで先発起用。すると、この采配がズバリ当たった。前半6分、MFヘンリク・ムヒタリアンのスルーパスからMFマルコ・ロイスが左サイドのスペースに飛び出し、ダイレクトでゴール前に折り返す。これにオーバメヤンが右足で合わせ、鮮やかな速攻で先制点を奪った。

 前半18分にもDFルーカス・ピシュチェクがムヒタリアンとのワンツーで右サイドを突破。深い位置からのクロスにファーサイドのオーバメヤンが右足で合わせ、2-0とリードを広げる。同31分、ムヒタリアンの折り返しに合わせたオーバメヤンの右足ボレーは右ポストを直撃した。

 2点を追うホームのガラタサライも反撃に出るが、ドルトムントを攻めあぐね、なかなか決定機をつくれない。ドルトムントは前半41分、中央の香川から横パスを受けたロイスがPA手前の右45度の位置から右足を一閃。豪快なミドルシュートを叩き込み、前半だけで3-0と大量リードを奪った。

 後半も試合の主導権を握るドルトムント。後半21分にはムヒタリアンからパスを受けた香川が鋭い切り返しから左足ミドルを狙ったが、ゴール右へ。同25分、ゴール正面からのロイスの直接FKもクロスバーの上を越えた。

 香川は後半35分過ぎ、左太腿裏をつったか、自らプレーをやめてタッチラインの外に出た。治療を受けていたが、そのまま後半37分にFWアドリアン・ラモスと交代。ドルトムントは直後の38分にMFイルカイ・ギュンドガンのスルーパスに反応したラモスが右足でゴールに流し込み、投入直後に試合を決定づける4点目を奪った。

 試合は4-0のままタイムアップ。ブンデスリーガでは開幕から2勝1分5敗の14位と不振にあえぐドルトムントだが、CLでは無傷の3連勝でD組首位を守り、グループリーグ突破に大きく前進した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141023-00174817-gekisaka-socc

スポンサーサイト
[ 2014/10/23 ] UEFAチャンピオンズリーグ | TB(0) | CM(0)

ドルトムントがアーセナルに完勝しCL白星発進…香川は出番なし

no title

前戦途中交代の香川は出番なし…ドルトムントがアーセナルに完勝、CL白星発進

 チャンピオンズリーグ・グループリーグ第1節が16日に行われ、グループDでは香川真司の所属するドルトムントとアーセナルが対戦。ドルトムント移籍後初戦、13日に行われたフライブルク戦で得点を挙げたものの、後半途中に太ももをつったため、途中交代した香川はベンチスタートとなった。

 昨シーズンのCLでもグループリーグで対戦した両者。グループ内最大のライバル対決となる一戦で、ドルトムントは今夏新加入のチーロ・インモービレをはじめ、ピエール・エメリク・オーバメヤン、ヘンリク・ムヒタリアンらがスタメン。アウェーゲームとなるアーセナルは新戦力のダニー・ウェルベックとアレクシス・サンチェスがメスト・エジルらとともに先発となった。

 ドルトムントは序盤から代名詞と言える前線からの強烈なプレッシングでアーセナルを押し込める。14分に右CKからソクラティス・パパスタソプーロスがシュートを打ったが、ゴール左へ。2分後にもインモービレがミドルシュートで狙ったが、ゴール右へ外れた。

 27分、ドルトムントは右サイドからパスを回して、逆サイドのケヴィン・グロスクロイツへ展開。グラウンダーのパスにオーバメヤンが合わせたがシュートはGKヴォイチェフ・シュチェスニーの正面をつく。2分後にもロングボールから左サイドを抜け出したインモービレがクロスを送り、こぼれ球にムヒタリアンがつめるも、ジャック・ウィルシャーのブロックもあり、枠を捉えられなかった。

 アーセナルも31分にキーラン・ギブスの左クロスがファーサイドのウェルベックの元まで流れたが、シュートは打てず。34分、ドルトムントは高い位置でセバスティアン・ケールがボールを奪い、ペナルティエリア内右のオーバメヤンへラストパス。しかし、シュートはGKシュチェスニーが好反応でセーブ。直後のインモービレの強烈なミドルシュートもシュチェスニーの正面だった。

 40分にはアーセナルに好機。自陣からの縦パスがアーロン・ラムジーを経由してウェルベックへ。ボールはキープできなかったが、こぼれ球を拾ったラムジーがDF裏にパスを再度送ると動きなおしたウェルベックがエリア内右でGKと1対1になるが、シュートはゴール左に外れた。

 迎えた前半終了間際の45分、ドルトムントは自陣からインモービレがドリブルを開始。そのまま持ち上がると一気にエリア内右に侵入し、そのまま右足でゴール左へシュートを流し込み、先制点を獲得。インモービレはCLデビュー戦での得点となった。

 ハーフタイム、ドルトムントはセバスティアン・ケールに代わり、マティアス・ギンターが投入され、後半を迎える。立ち上がりの48分、ドルトムントに追加点が生まれる。自陣からのボールをハーフウェーライン付近で受けたオーバメヤンが左サイドのグロスクロイツへ展開。そのまま前線へ浮き球のパスを送ると、受けたオーバメヤンがGKをかわして、シュートを決めた。直後にも右サイドからのマイナスクロスをインモービレが強烈なシュートで狙うが、GKシュチェスニーが好守を見せる。

 勢いに乗るドルトムントは57分、相手クロスをキャッチしたGKロマン・ヴァイデンフェラーからの素早いロングスローからオーバメヤンが快足を飛ばし、そのままシュートしたが、クロスバーを叩いた。

 防戦一方のアーセナルは62分、エジルとラムジーを下げ、アレックス・オックスレイド・チェンバレンとサンティ・カソルラが入る。しかし流れは変わらず、73分には敵陣でオーバメヤンがボールをカットし、こぼれ球を拾ったムヒタリアンがエリア内右からフリーでシュートしたが、クロスバーを越えた。

 アーセナルは76分、左サイドのサンチェスからグラウンダーのパスを受けたウェルベックが、ゴール正面でDFを背負った状態から反転してシュートしたが、枠を大きく越える。直後にミケル・アルテタを下げ、ルーカス・ポドルスキが投入され、交代枠を使い切る。ドルトムントもマルセル・シュメルツァーを代え、ミロシュ・ヨイッチを投入した。

 終盤、ドルトムントはペースを落としつつも走力は衰えず、アーセナルの攻撃も完封。2-0で勝利した。なお、香川に出場機会はなかった。

 10月1日に行われる第2節でドルトムントはアウェーでアンデルレヒト、アーセナルはホームでガラタサライと対戦する。

【スコア】
ドルトムント 2-0 アーセナル

【得点者】
1-0 45分 チーロ・インモービレ(ドルトムント)
2-0 48分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140917-00233001-soccerk-socc

[CL]ドルトムント香川は「筋肉の問題」で欠場

[9.16 欧州CLグループリーグ第1節 ドルトムント2-0アーセナル]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は16日、各地でグループリーグ第1節を行い、MF香川真司の所属するドルトムント(ドイツ)はホームでアーセナル(イングランド)と対戦し、2-0で快勝した。香川はベンチスタートとなり、最後まで出番はなかった。

 3シーズンぶりの復帰戦となった13日のフライブルク戦(3-1)で1ゴールの活躍を見せた一方、右太腿裏をつって後半19分に途中交代していた香川。アーセナル戦前日の15日もランニングのみの軽めの調整となった。クラブの公式Twitterによると、「筋肉の問題」のため、この日はベンチスタート。チームがリードしている展開もあり、最後まで出場機会は訪れなかった。

 香川を“温存”しながらもホームでアーセナルに快勝し、CLで白星発進したドルトムント。上向きなチーム状態とともに、香川もFW岡崎慎司との日本人対決となる20日のブンデスリーガ第4節・マインツ戦に向けて調整していく。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140917-00139218-gekisaka-socc

[ 2014/09/17 ] UEFAチャンピオンズリーグ | TB(0) | CM(0)

CLグループステージ組み分け決定! 柿谷所属のバーゼルはレアル、リヴァプールと同組

no title

CLグループステージ組み合わせ決定…バーゼル柿谷は王者レアルと同組

 チャンピオンズリーグのグループステージの組み合わせ抽選会が、29日にモナコで行われた。

 前回大会で10度目のCL制覇を達成したレアル・マドリードはグループBに入り、日本代表FW柿谷曜一朗の所属するバーゼル、リヴァプール、ルドゴレツ・ラズグラドと同組になった。

 日本代表MF田中順也の所属するスポルティング・リスボンとDF内田篤人の所属するシャルケは同じグループGに入り、両選手が出場すれば日本人対決が実現する。また、FW宮市亮の所属するアーセナルはグループDに入っている。

 グループステージ第1節は、9月16日、17日に行われ、決勝は2015年6月6日にベルリンのオリンピア・シュタディオンで開催される。

 グループステージの組み合わせは以下のとおり。

■グループA
アトレティコ・マドリード(スペイン)
ユヴェントス(イタリア)
オリンピアコス(ギリシャ)
マルメ(スウェーデン)

■グループB
レアル・マドリード(スペイン)
バーゼル(スイス)
リヴァプール(イングランド)
ルドゴレツ・ラズグラド(ブルガリア)

■グループC
ベンフィカ(ポルトガル)
ゼニト(ロシア)
レバークーゼン(ドイツ)
モナコ(フランス)

■グループD
アーセナル(イングランド)
ドルトムント(ドイツ)
ガラタサライ(トルコ)
アンデルレヒト(ベルギー)

■グループE
バイエルン(ドイツ)
マンチェスター・C(イングランド)
CSKAモスクワ(ロシア)
ローマ(イタリア)

■グループF
バルセロナ(スペイン)
パリSG(フランス)
アヤックス(オランダ)
アポエル(キプロス)

■グループG
チェルシー(イングランド)
シャルケ(ドイツ)
スポルティング・リスボン(ポルトガル)
マリボル(スロベニア)

■グループH
ポルト(ポルトガル)
シャフタール・ドネツク(ウクライナ)
アスレティック・ビルバオ(スペイン)
バテ・ボリソフ(ベラルーシ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140829-00226024-soccerk-socc

[ 2014/08/29 ] UEFAチャンピオンズリーグ | TB(0) | CM(0)

レアルが10度目の欧州制覇! 土壇場同点からの逆転劇で延長の激闘制す

no title

レアルが悲願10度目のCL制覇…土壇場同点からの逆転劇で延長の激闘制す

 2013-14シーズンのチャンピオンズリーグ決勝が24日に、ポルトガルのエスタジオ・ド・SLベンフィカで行われ、レアル・マドリードとアトレティコ・マドリードが対戦した。

 史上5回目の同国対決となった決勝は、同都市を本拠地とする“マドリード・ダービーとなった。リーグ戦ではアトレティコが18シーズンぶりの優勝を果たし、レアルは3位で終えている。レアルは2001-02シーズンに優勝して以来、12シーズンぶりのCL決勝となり、クラブの悲願である10度目の欧州制覇を狙う。アトレティコは1973-74シーズン、チャンピオンズカップ時代にバイエルンに敗れて以来、40年ぶり2度目の決勝で初優勝を目指す。

 レアルはクリスティアーノ・ロナウドやギャレス・ベイルらが先発。負傷を抱えるペペはベンチスタートとなり、累積警告で欠場のシャビ・アロンソの代役にはサミ・ケディラが入った。一方のアトレティコはリーグ最終戦で負傷したアルダ・トゥランはベンチ外となったが、肉離れを起こしていたエースのジエゴ・コスタは先発となった。

 試合は開始10分、その負傷を抱えながらも先発したジエゴ・コスタが早くも交代を申し出、アドリアン・ロペスと代わり、ベンチに下がる。全治2週間と診断されながらも負傷から1週間で起用した結果が裏目に出る。

 試合は両チーム、激しいボールの奪い合いが見られるがなかなかシュートチャンスには結びつかない。迎えた32分、レアルはアトレティコ陣内でチアーゴの不用意な横パスをベイルがカットすると、ドリブルでペナルティエリア内に侵入して決定機。しかし左足でのシュートは枠の左へ外してしまった。

 36分、アトレティコは右CKを得ると、一旦クリアされたボールをペナルティエリア外から、フアンフランが頭で前線へ。これをディエゴ・ゴディンがヘディングで競り勝つと、浮いたボールが飛び出したGKイケル・カシージャスの頭上を越え、ゴールへ向かう。カシージャスは慌てて戻るが及ばず。ボールはゴールラインを越え、アトレティコが先制に成功する。

 後半立ち上がりはアトレティコがペースを掴む。レアルは54分、ゴールやや遠い位置でFKを得るとC・ロナウドが直接狙ったが、GKティボー・クルトワの正面。直後のCKではC・ロナウドが頭で合わせたが、枠の右に外れた。

 好機を作れないレアルは59分、ケディラとファビオ・コエントランに代え、イスコとマルセロをピッチに送り出す。73分、レアルはルカ・モドリッチ、C・ロナウドとつなぎ、最後はベイルがゴール正面からシュートを放ったが、ゴール右へ外れる。

 押し込むレアルは79分にカリム・ベンゼマを下げ、アルバロ・モラタを投入して最後の交代枠を使う。83分にはアトレティコもフィリペ・ルイスに代え、トビー・アルデルヴァイレルトを入れて3枚目の交代を行った。

 1点を目指すレアルに対して、アトレティコは体を張った集中した守備を見せる。迎えた後半アディショナルタイムの93分、レアルは右CKを得ると、モドリッチの送ったボールにセルヒオ・ラモスがヘディングで合わせると、アトレティコのゴール左隅に決まり、土壇場で同点に追いつく。

 延長に入るとレアルがボールを支配する展開が続くが、両チームとも運動量が減ったこともあり、ペースが落ちる。延長後半に入って109分、アトレティコは浅い位置でFKを得ると、ゴール前に送られたボールに再びゴディンが合わせたが、今度はカシージャスの手の中に納まった。

 直後の110分、レアルはアンヘル・ディ・マリアが左サイドからドリブルで3人をかわしてペナルティエリア内に侵入。シュートはクルトワに弾かれたが、こぼれ球をベイルがヘディングで押し込んで、逆転に成功する。118分にはバイタルエリアでノープレッシャーとなったマルセロがドリブルからミドルシュートを決め、決定的な点を獲得。直後にはPKからC・ロナウドが得点し、4-1でレアルが勝利した。

 レアルは悲願の“ラ・デシマ”(10度目の欧州制覇)を達成。今シーズンはコパ・デル・レイとの二冠達成となった。

【スコア】
レアル・マドリード 4-1(延長) アトレティコ・マドリード

【得点者】
0-1 36分 ディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリード)
1-1 90分+3分 セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)
2-1 110分 ギャレス・ベイル(レアル・マドリード)
3-1 118分 マルセロ(レアル・マドリード)
4-1 120分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140525-00192710-soccerk-socc

[ 2014/05/25 ] UEFAチャンピオンズリーグ | TB(0) | CM(1)

CL準決勝組み合わせ、王者バイエルンはレアルと激突!チェルシーはアトレティコと

no title

[CL]準決勝組み合わせ決定!!王者バイエルンとレアルは準決勝で激突

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)の準決勝以降の組み合わせ抽選会が11日、スイス・ニヨンにあるUEFA本部で行われた。

 連覇を狙うバイエルン(ドイツ)はレアル・マドリー(スペイン)と対戦。アトレティコ・マドリー(スペイン)はチェルシー(イングランド)と対戦する。

 決勝は5月24日、ポルトガル・リスボンのエスタジオ・ド・SLベンフィカで行われる。

▽以下、準々決勝以降組み合わせ(左側が第1戦ホーム)
■準決勝
第1戦:4月22、23日 第2戦:4月29、30日
[1] レアル・マドリー(スペイン)-バイエルン(ドイツ)
[2] アトレティコ・マドリー(スペイン)-チェルシー(イングランド)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140411-00134329-gekisaka-socc

[ 2014/04/11 ] UEFAチャンピオンズリーグ | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。