NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

インテル、マンチーニ監督就任を発表…復帰戦はミラノダービーに

no title

インテル、マンチーニ監督就任を発表

長友佑都が所属するインテルは14日、新監督にロベルト・マンチーニ氏(49)を迎えたことを発表した。契約は2017年までとなるようだ。

インテルは同日、ワルテル・マッツァーリ前監督の解任を発表。イタリアメディアはマンチーニ氏とインテルが合意に達している模様と伝えていたが、その日のうちに正式発表となった。

2004年から2008年にかけてインテルを指揮したマンチーニ監督は、スクデット獲得3回など、過去に結果を残した。今シーズンのインテルは現在9位に低迷しているが、戻ってきたマンチーニ監督のもとで強さを取り戻せるだろうか。

マンチーニ監督の初陣は、23日に行われるミランとのダービーマッチだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141115-00000031-goal-socc

スポンサーサイト
[ 2014/11/15 ] 欧州サッカー | TB(0) | CM(1)

インテルがマッツァーリ監督の解任を正式発表

no title

インテル、マッツァーリ解任を正式発表

インテルは14日、クラブの公式ウェブサイトで、ワルテル・マッツァーリ監督(53)を解任したことを発表した。

マッツァーリ氏は2013年夏、2位に導いたナポリの監督を退任し、インテルの指揮官に就任。1年目はセリエAで5位に入り、チャンピオンズリーグ出場権を得られなかったが、ヨーロッパリーグ出場権を獲得した。

復活が期待された今シーズンは、不安定な成績が続き、第11節を終えて4勝4分け3敗の勝ち点16で9位につけている。前節エラス・ヴェローナ戦が2-2のドローに終わり、マッツァーリ氏は再び進退が騒がしくなっていた。

イタリアメディアは当初、次節のミラノダービーとその翌節のローマ戦でマッツァーリ氏の去就が決まると報じていたが、14日になってイタリア『スカイ・スポーツ』が解任決定と報道。そしてクラブも公式声明でこれを認める形となった。

インテルはまだ新指揮官を発表しておらず、14日の練習はアシスタントコーチのジュゼッペ・バレージ氏が指揮を執るとしている。だがイタリアメディアは、インテルがすでにロベルト・マンチーニ氏と合意に達しており、2017年までの2年半契約を結ぶ見通しと報じている。

マンチーニ氏は2004年から2008年までインテルを指揮し、スクデット3回、コッパ・イタリア2回、イタリア・スーパーカップ2回優勝を経験している。ミラノダービーという大一番から指揮を執ることになる新監督は、インテルを再び黄金期に導くことができるだろうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141114-00000021-goal-socc

[ 2014/11/14 ] 欧州サッカー | TB(0) | CM(0)

本田の元同僚ターラブト、太り過ぎでミラン再加入が白紙に

no title

本田の“元ライバル”太り過ぎでミラン再加入が白紙に

 本田圭佑が絶好調だ。セリエA第7節ヴェローナ戦では2得点を決め、これで開幕7試合6ゴール。リーグ得点ランクのトップタイにつける活躍ぶりは、まさにミランのエースと呼ぶに相応しい。

 そんな本田も、昨シーズンは大いに適応に苦しんだ。今年1月のミラン加入から数カ月は、本田よりもむしろ、同時期にQPRからレンタル加入したモロッコ代表MFアデル・ターラブトが評価を集めていた。

 そんなターラブトは今夏、ミランへの完全移籍も噂されたが、最終的にプレミアへ復帰したQPRにレンタルバック。本田が2ゴールを決めたのと同じ19日、そのQPRはホームでリヴァプールと対戦したが、ピッチにも、ベンチにもターラブトの姿はなかった。

 試合後、ある記者がQPRのハリー・レドナップ監督に記者が「ターラブトは負傷しているのか?」と尋ねた。答えは「ノー」。だが同時に、レドナップはこう怒りをあらわにした。

「残念なことに、フットボールができるフィットネスではない」

「彼は先日、リザーブの試合でプレーした。だが、私の方がよっぽど走れるくらいだった。私はトライする意欲を持った選手を選ぶ。そういう選手は毎日働き、練習し、しっかりとした振る舞いをするものだ。彼がそうなれば、試合に出ることになるだろう」

「練習の意欲がなく、3ストーン(約12kg)もオーバーウェイトの選手をかばうことはできない。高い給料をもらって練習できない選手なんてね」

 今季ここまで、ターラブトがプレミアのピッチに立ったのは途中出場の2試合だけ。足首を痛めていた時期もあったが、出場機会激減の最たる理由は開幕前から指揮官が指摘し続けてきたコンディショニング不足であり、その改善が一向に見られない。そのため、元々は彼の天才的なひらめきと推進力を買っていたレドナップも、とうとう堪忍袋の緒が切れてしまった。

 昨シーズンの活躍を評価していたミランは、夏の時点では彼の再獲得に乗り気だったと言われている。QPRが高額な移籍金を求めたため完全移籍は実現しなかったが、その後もミランとのリンクは続いており、9月末の時点で、英紙『ミラー』や『デイリーメール』は冬の移籍マーケットで“再加入”する可能性を報じていた。しかし、ピッチに立てないターラブトに対し、もはや「ミランは興味を持っていない」とレドナップは断言する。

 昨シーズンは本田のライバルだった。今シーズンも、1月にアジアカップでチームを離脱する本田の代役候補として期待された。しかし、意識や振る舞いを改めない限り、モロッコの気まぐれなドリブラーが再び“ロッソネロ(赤と黒)”のシャツに袖を通すことはなさそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141020-00243468-soccerk-socc

[ 2014/10/20 ] 欧州サッカー | TB(0) | CM(0)

スペインがスロバキアに敗れる…2006年以来のユーロ予選黒星

no title

8年2日ぶり…スペイン代表が2006年以来のユーロ予選黒星

 ユーロ2016予選グループC第2節が9日に行われ、スペイン代表はアウェーでスロヴァキア代表に1-2で敗れている。この敗戦はスペイン代表の予選において、2006年以来となった。同日付のスペイン紙『アス』が報じている。

 スペイン代表は2006年10月7日に行われたユーロ2008予選で、スウェーデン代表に0-2で敗れて以来8年と2日もの間、予選で敗れたことが無かった。

 同代表は、2004年に就任したルイス・アラゴネス前監督とともにユーロ2008を制し、ショートパス主体のパスサッカーで世界を席巻。その後就任したビセンテ・デル・ボスケ監督の下、2010年南アフリカ・ワールドカップで初優勝を遂げると、ユーロ2012を連覇し、栄光を欲しいままにした。しかし今夏、連覇に挑んだブラジル・ワールドカップでは、優勝候補と目されながら無残な敗退となり、時代の終焉と謳われている。

 スロヴァキア代表戦での敗戦は、スペイン代表にとって直近6試合で4敗目となった。この試合では、キャプテンであるGKイケル・カシージャスが致命的なミスを犯して先制点を許し、同紙は「スペインは負けることが習慣化した」と伝えた。これまで36試合もの予選を無敗で切り抜けてきた同代表だが、またしてもスペイン国民を落胆させることになってしまった。

 スペイン代表は12日に、予選第3節ルクセンブルク戦をアウェーで戦う。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141010-00240461-soccerk-socc

[ 2014/10/10 ] 欧州サッカー | TB(0) | CM(0)

シャルケがケラー監督を解任…後任は元チェルシーのディ・マッテオ氏

no title

内田所属シャルケ、監督解任…後任は元チェルシーのディ・マッテオ氏

 DF内田篤人所属のシャルケは7日、クラブ公式ツイッターにて、イェンス・ケラー監督の解任を発表した。後任には、イタリア人指導者のロベルト・ディ・マッテオ氏が就任すると併せて発表された。

 ケラー氏は1970年生まれの43歳。シャルケのユースチームのコーチを務めていたが、2012年冬にトップチームに昇格して指揮を執っていた。2012-2013シーズンはブンデスリーガ4位、昨シーズンは同3位と安定した成績を残し、チャンピオンズリーグ出場権を獲得。しかし今シーズンは、リーグ戦第7節を終えて2勝2分け3敗の11位に低迷し、DFBポカールでも3部所属のディナモ・ドレスデンに敗れて初戦敗退が決まるなど、苦しい戦いが続いていた。

 後任のディ・マッテオ氏は、1970年生まれの44歳。スイス出身で、現役時代はラツィオやチェルシーなどでプレーした。イタリア代表としても活躍し、1998年のフランス・ワールドカップにも出場。引退後は指導者に転身し、イングランドのミルトン・キーンズ・ドンズやウェスト・ブロムウィッチを率いた後、2011年からはチェルシーで助監督を務めた。以後、チェルシーで暫定監督となり、2012年6月から11月までは監督も務めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141007-00239628-soccerk-socc

[ 2014/10/07 ] 欧州サッカー | TB(0) | CM(1)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。