NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドイツ代表が凱旋帰国…約50万人のファンが出迎え!

no title

W杯優勝のドイツ代表が凱旋帰国、50万人が出迎え…選手も大興奮

 ブラジル・ワールドカップを制したドイツ代表が15日、ルフトハンザ機で母国に凱旋した。

 パイロットのウーヴェ・シュトローダイヒャー機長の粋な演出により、着陸態勢に入ってから高度を地上600mまで下げた同機はあえて、約50万人が集うファンマイルの上空を通過。そして10時21分、優勝カップを右手に持つフィリップ・ラーム主将を先頭に、世界王者が首都ベルリンのテーゲル空港にいよいよ降り立った。彼らの到着を一目見ようと、同空港の狭いテラスは約1000人のファンで、すし詰め状態にあったという。

 ドイツ代表はパレード用バスに乗り込み、テーゲル空港からファンマイルがある東西ドイツ統合の象徴であるブランデンブルク門を目指したが、目的地に近づくにつれ沿道に待つファンの数は増えていき、終盤には一時バスが動けないほどにもなっている。

 13時3分、ヨアヒム・レーヴ監督、アシスタントコーチのハンス・ディーター・フリック、そしてGKコーチのアンドレアス・ケプケらを先頭に、選手・スタッフらがファンマイルの舞台上に登場すると現場は興奮のるつぼになった。

 そして同監督が「とても長く、そして非常に困難な道のりだった。しかし我々は優勝できると信じていた。ドイツ国民全員が世界王者だ!」と話すと、50万人のファンからは一段と大きな歓声が上がっている。

 バスティアン・シュヴァインシュタイガーが、ドイツ国営第一放送に対し「ベルリンのファンが僕らをこんなにも盛大に祝ってくれるなんて、本当に信じられない。このような光景はミュンヘンでも見たことがないよ」と、その喜びを話せば、他の選手達もサポーターに挨拶を済ませた後、彼らをバックに記念撮影に勤しみ、ツイッターやインスタグラムなどのSNSに続々と写真をアップした。

 24年ぶりの快挙達成にドイツは今、国全体が陶酔感に浸っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140716-00212424-soccerk-socc

スポンサーサイト
[ 2014/07/16 ] W杯 | TB(0) | CM(2)

ゲッツェを送り出したレーブの言葉「自分がメッシより上だと示してW杯を決めてこい」

no title

決勝弾ゲッツェを送り出したレーブの言葉

ドイツ代表は13日、ワールドカップ(W杯)決勝でアルゼンチン代表を下し、優勝を果たした。ヨアヒム・レーブ監督は、決勝ゴールを挙げたMFマリオ・ゲッツェをたたえている。

ゲッツェは途中出場でピッチに立つと、延長後半に見事なボレーシュートを決めた。これが決勝点となり、ドイツは1ー0で勝利している。

試合後の会見でゲッツェにどうアドバイスをしたかと問われた指揮官は、このように答えた。

「マリオには『自分がメッシより上だと示してW杯を決めてこい』、と言ったよ。彼には良いフィーリングがあった」

「ゲッツェはミラクルボーイだ。彼はどんなポジションでもできる。私は彼が決定的であることを常に知っており、今日の試合を決めてくれたね」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140714-00000006-goal-socc

[ 2014/07/15 ] W杯 | TB(0) | CM(2)

大会MVPはメッシ…得点王は6ゴールのハメス・ロドリゲスに!

no title

メッシが大会MVP!!ブラジルW杯の各賞が決定

 国際サッカー連盟(FIFA)は13日、ブラジルW杯の大会最優秀選手(MVP)に贈られる「ゴールデンボール賞」など各賞の受賞者を発表し、MVPにはFWリオネル・メッシ(アルゼンチン)が選ばれた。

「シルバーボール賞」はMFトーマス・ミュラー(ドイツ)、「ブロンズボール賞」はMFアリエン・ロッベン(オランダ)がそれぞれ受賞した。

 大会得点王に贈られる「ゴールデンブーツ賞」は6得点を挙げたMFハメス・ロドリゲス(コロンビア)に決定。「シルバーブーツ賞」は5得点のMFトーマス・ミュラー(ドイツ)、「ブロンズブーツ賞」は4得点のFWネイマール(ブラジル)が受賞した。メッシ、FWロビン・ファン・ペルシー(オランダ)も4ゴールで並んだが、アシスト数、出場時間により、ネイマールがブロンズブーツ賞を獲得している。

 最優秀若手選手に贈られる「ベストヤングプレイヤー賞」はMFポール・ポグバ(フランス)、最優秀GKに贈られる「ゴールデングローブ賞」はGKマヌエル・ノイアー(ドイツ)が受賞。「フェアプレー賞」にはコロンビア代表が選ばれた。

以下、各賞の受賞者及びチーム

▼優勝
ドイツ代表

▼フェアプレー賞
コロンビア代表

▼ゴールデンボール賞(MVP)
FWリオネル・メッシ(アルゼンチン)

▼シルバーボール賞
MFトーマス・ミュラー(ドイツ)

▼ブロンズボール賞
MFアリエン・ロッベン(オランダ)

▼ゴールデンブーツ賞(得点王)
MFハメス・ロドリゲス(コロンビア)
6得点(2アシスト、399分)

▼シルバーブーツ賞
MFトーマス・ミュラー(ドイツ)
5得点(3アシスト、682分)

▼ブロンズブーツ賞
FWネイマール(ブラジル)
4得点(1アシスト、457分)

▼ゴールデングローブ賞(最優秀GK)
GKマヌエル・ノイアー(ドイツ)

▼ベストヤングプレイヤー賞(最優秀若手選手)
MFポール・ポグバ(フランス)
※同賞の対象は1993年1月1日生まれ以降の選手

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140714-00137285-gekisaka-socc

[ 2014/07/14 ] W杯 | TB(0) | CM(1)

ドイツがアルゼンチンを破り4度目のW杯制覇! 途中出場のゲッツェが値千金の決勝弾

no title

ドイツが24年ぶり4度目のW杯制覇…ゲッツェが延長に値千金決勝弾

 ブラジル・ワールドカップの決勝が13日に行われ、ドイツ代表とアルゼンチン代表が対戦した。

  ワールドカップの決勝では3度目の対決となる両者。1986年大会ではアルゼンチン、1990年大会ではドイツ(当時西ドイツ)がそれぞれ優勝を果たしている。3大会ぶりの決勝となるドイツは、準決勝でブラジルに7-1と大勝した試合から先発メンバーに変更はなしの予定だったが、試合直前にサミ・ケディラが負傷したため、クリストフ・クラマーが今大会初先発となった。一方、6大会ぶりの決勝となったアルゼンチンは、オランダとの準決勝と同じメンバーがスタメンに名を連ねた。

 マラカナン・スタジアムでの決勝は序盤からゴール前での攻防が見られる。ドイツはボールがボールを支配する一方、アルゼンチンも守備ブロックをきっちり作ってからの鋭い攻撃を見せる。

 21分、アルゼンチンに決定機。トニ・クロースがハイボールに対してヘディングで不用意なバックパスをすると、ゴンサロ・イグアインが拾ってGKマヌエル・ノイアーと1対1になったが、シュートは力んでしまったかゴール左に外れた。

 30分にもアルゼンチンはリオネル・メッシが右サイドに展開し、エセキエル・ラベッシが中央にアーリークロス。これをイグアインが左足で合わせてネットを揺らしたが、オフサイドでノーゴールとなった。直後にドイツにトラブル。試合中に相手選手の肩がアゴに当たって、治療を受けていたクラマーが続行不可能となり、アンドレ・シュールレとの交代を強いられる。

 ドイツは37分、左サイドをトーマス・ミュラーが突破してマイナスクロスをシュールレが合わせたが、GKセルヒオ・ロメロが好反応で弾く。また、メスト・エジルがロメロの目の前にいたため、判定もオフサイドとなった。40分にアルゼンチンはメッシがドリブルで右サイドを突破してペナルティエリア内右に侵入したが、シュートは打てず。

 前半アディショナルタイムにはドイツにも決定機。クロースのCKにベネディクト・ヘヴェデスが飛び込み、頭で合わせたが右ポストを直撃。跳ね返りがミュラーの前にこぼれたが、ここでオフサイドとなった。前半はスコアレスのまま終える。

 ハーフタイムにアルゼンチンベンチが動く。ラベッシを下げてセルヒオ・アグエロを投入した。アルゼンチンは立ち上がりの47分、メッシがルーカス・ビグリアのスルーパスを受けて、ペナルティエリア内左から左足のシュートをするが、ゴール右に外れる。

 ドイツは59分、右からのクロスをクローゼがヘディングで合わせたが、GKロメロがキャッチ。後半、優位に進めながらも得点を奪えないアルゼンチンは77分にイグアインを下げてロドリゴ・パラシオが入る。

 ドイツは82分、エジルが右サイドからマイナスのパスを中央に送ると、クロースが中央で右足のシュートを打ったが、ゴール右へ外れた。86分にはアルゼンチンがエンツォ・ペレスとフェルナンド・ガゴを交代させ、交代枠を全て使い切る。ドイツもクローゼに代えて、マリオ・ゲッツェが入る。

 試合は結局90分でスコアが動かないまま終了。2006年大会、2010年大会の決勝に続き、3大会連続で延長戦に突入する。

 延長前半開始早々、ドイツはペナルティエリア内左の深い位置からパスを受けたシュールレがシュートしたが、GKロメロの正面を突いたため防がれる。97分にアルゼンチンは左サイド浅い位置からのアーリークロスがエリア内中央のパラシオに通ると、飛び出したGKノイアーの頭上を越えるループシュートを選択したが、ゴール左に外れた。

 試合はペースが落ち、PK戦も見えてきた延長後半の113分。ドイツは左サイドをシュールレがドリブルで持ち上がると、クロスを中央のゲッツェが胸トラップから左足のボレーシュートでネットを揺らし、待望の先制点を獲得する。これが決勝点となり、ドイツが1-0で勝利した。

 ドイツは1990年のイタリア大会以来、6大会・24年ぶりとなる4度目の世界一の座に輝いた。また、アメリカ大陸で開催するワールドカップで初めて南米大陸以外の国が制したことになった。

【スコア】
ドイツ 1-0(延長) アルゼンチン

【得点者】
1-0 113分 マリオ・ゲッツェ(ドイツ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140714-00211610-soccerk-socc

[ 2014/07/14 ] W杯 | TB(0) | CM(0)

オランダが開催国ブラジルに3発快勝で3位決定戦制す

no title

開催国ブラジル、2試合10失点の連敗でW杯終える…オランダは初の3位

 ブラジル・ワールドカップの3位決定戦が12日に行われ、ブラジル代表とオランダ代表が対戦した。

 準決勝でドイツに1-7と大敗を喫したブラジルは、出場停止から復帰のチアゴ・シウヴァの他、マクスウェル、パウリーニョ、ラミレス、ウィリアン、ジョーと計6選手が先発に名を連ねた。PK戦の末、アルゼンチンに敗れた中2日で試合に臨むオランダはナイジェル・デ・ヨングに代わって、ヨルディ・クラーシがスタメンとなると、試合前の練習中にウェズレイ・スナイデルが負傷してジョナサン・デ・グズマンが先発となった。

 試合は開始早々に動く。3分、オランダは自陣でGKヤスパー・シレッセンの蹴ったロングボールをアルイェン・ロッベンが競り、ロビン・ファン・ペルシーがキープして縦パスにロッベンが抜け出す。この突破をT・シウヴァが後ろから手で肩を掴んで止め、PKを獲得。ファン・ペルシーが沈め、オランダが先制する。

 さらにオランダは17分、右サイドでロッベンのパスを受けたデ・グズマンが深い位置からクロスを送ると、ダヴィド・ルイスに一旦はクリアされるが、ペナルティエリア内中央でこぼれ球を拾ったダレイ・ブリントが右足で蹴り込み、追加点を獲得する。

 首都ブラジリアのナショナル・スタジアムで2点のビハインドとなったブラジルはオスカルが孤軍奮闘といった様相で積極的な姿勢を示す。またセットプレーから機をうかがうが、どれもわずかに合わず、前半はオランダが2点のリードで終える。

 ハーフタイムにブラジルはルイス・グスタヴォとフェルナンジーニョを交代。さらに57分にもパウリーニョを下げ、エルナネスを投入し、ボランチを2枚とも変える。

 60分、ブラジルはゴール正面でラミレスが仕掛けて、フェイントからコースを作ってシュートしたが、ゴール左に外れた。オランダは70分、ブリントがひざを負傷して担架で運ばれ退場し、ダリル・ヤンマートが入る。ボールを支配しながらも決定機の作れないブラジルは、72分にフッキをラミレスと代えて投入して交代枠を使い切る。

 ブラジルはゴールに近づく決め手を欠くまま時間が経過。オランダはカウンターの場面でも無理せず、時間を使いながらボールを回す試合運び。アディショナルタイムには右サイドのヤンマートのクロスにジョージニオ・ワイナルドゥムが合わせて、決定的な3点目を獲得。GKシレッセンと交代でミシェル・フォルムをピッチに立たせて、23人の選手全員をワールドカップで起用する余裕の采配も見せてそのまま完封し、3-0で勝利した。

 オランダは1998年フランス大会以来、2度目の3位決定戦だったが、初の3位となった。一方のブラジルはベスト4まで進出するも、2連敗で64年ぶりの母国開催のワールドカップを終えている。

【スコア】
ブラジル 0-3 オランダ

【得点者】
0-1 3分 ロビン・ファン・ペルシー(オランダ)
0-2 17分 ダレイ・ブリント(オランダ)
0-3 90+1分 ジョージニオ・ワイナルドゥム(オランダ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140713-00211339-soccerk-socc

[ 2014/07/13 ] W杯 | TB(0) | CM(1)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。