NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

香川先発のドルトムントが最下位転落…長谷部、乾出場のフランクフルトに敗戦

no title

香川先発のドルト、敗戦で最下位転落…長谷部、乾出場のフランクに2失点

 ブンデスリーガ第13節が30日に行われ、日本代表MFの長谷部誠と乾貴士が所属するフランクフルトと、同代表MF香川真司が所属するドルトムントが対戦した。3選手はともに先発出場している。

 試合は5分、攻撃に出ていたドルトムントだったが、フランクフルトのDFラインがクリアしたボールが、そのまま前線のアレクサンダー・マイヤーへのスルーパスとなる。エリア内まで持ち上がたマイヤーがGKとの1対1でシュートを放つと、ボールはGKローマン・ヴァイデンフェラーの股を抜きネットを揺らして、フランクフルトが早くも先制に成功する。

 28分にドルトムントは、左サイドからのスローインを、エリア内左のゴールライン際で受けたピエール・エメリク・オーバメヤンが、マイナスの折り返しを入れると、セバスティアン・ケールが左足で合わせるが、これはGKフェリックス・ヴィートヴァルトの正面。40分にフランクフルトは、左サイドのバスティアン・オツィプカが中央へボールを送ると、マイヤーがダイレクトで落とし、ハリス・セフェロヴィッチがシュートを放つが枠をとらえらなかった。

 前半はこのまま終了し、立ち上がりに先制点を奪ったフランクフルトが1点リードで折り返す。

 後半に入って52分、カウンターを仕掛けるドルトムントは、エリア手前まで持ち上がったオーバメヤンのスルーパスに反応したアドリアン・ラモスが、エリア内左からシュートを放つが、ヴィートヴァルトが体を張ってセーブ。66分にフランクフルトは、右サイドからのスローインの流れからクロスが入ると、中央のマイヤーがフリーでヘディングシュートを放つが、枠の右に逸れた。

 74分にドルトムントは、左サイドのオーバメヤンからスルーパスをエリア内で受けたラモスがダイレクトでシュートを放つが、枠を大きく外した。直後に、ケールに代えてイルカイ・ギュンドアン、香川に代えてミロシュ・ヨイッチを投入した。

 78分、フランクフルトは前線にボールを送ると、ドルトムントのDFマティアス・ギンターが頭でバックパスを出すが、ボールは飛び出したGKヴァイデンフェラーを越えて、追いかけていたセフェロヴィッチが無人のゴールに流し込んで追加点。フランクフルトがリードを2点に広げた。

 反撃したいドルトムントは81分、エリア手前の正面で獲得したFKをギュンドアンがゴール右上を直接狙うが、スピードがなくヴィートヴァルトが反応しゴールとはならなかった。

 試合はこのまま終了。ドルトムントが2失点でフランクフルトに敗戦し、最下位に転落となった。なお、香川は74分まで、乾は90分までプレーし、長谷部はフル出場した。

【スコア】
フランクフルト 2-0 ドルトムント

【得点者】
1-0 5分 アレクサンダー・マイヤー(フランクフルト)
2-0 78分 ハリス・セフェロヴィッチ(フランクフルト)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141201-00254817-soccerk-socc

スポンサーサイト
[ 2014/12/01 ] 海外日本人選手 | TB(0) | CM(0)

岡崎が今季7得点目もシャルケに大敗…内田は先制点の起点に

no title

岡崎が今季7得点目決めるも、シャルケに大敗…内田は先制点の起点に

 ブンデスリーガ第13節が29日に行われ、日本代表DF内田篤人が所属するシャルケと同FW岡崎慎司が所属するマインツが対戦。内田と岡崎はともに先発出場した。

 25日に行われたチャンピオンズリーグ・グループリーグ第5節のチェルシー戦で悪夢の5失点を喫したシャルケは、悪い流れを断ち切るべくホームで白星を狙う。一方、2試合連続で引き分けているマインツは5試合ぶりの勝利を目指す。

 試合は4分、左サイドでマックス・マイヤーからのパスを受けたクラース・ヤン・フンテラールが強烈なミドルシュートを放つが、相手GKにキャッチされる。7分、マインツはゴール前にロングボールを入れる。相手DFのクリアミスからこぼれたボールを繋ぎ、サミ・アラギが右サイドから中央へクロスを供給。背後に抜け出した岡崎が合わせにいくも、シュートまで持ち込むことができない。

 直後、ハーフウェーライン付近の内田がゴール前へロングフィードを蹴り出す。エリック・マキシム・チュポ・モティングがヘディングで後方に流したボールに、走り込んだフンテラールがループで決めて、シャルケが先制する。25分には、ペナルティエリア内左のマイヤーからパスを受けたフンテラールがダイレクトで流し込み追加点。シャルケがリードを広げる。

 追うマインツは44分、アラギのパスをペナルティエリア内右のシュテファン・ペルがフリーで受けると切り返してシュート。相手GKに当たったこぼれ球をゴール前に詰め寄った岡崎が右足で叩き込み、1点を返す。

 1点リードで迎えた後半、シャルケはヤン・キルフホフに代えてトランクイロ・バルネッタを投入する。すると54分、クリアボールを拾ったマイアーがフンテラールへパス。フンテラールが後ろへ下げたボールをバルネッタがミドルシュートで突き刺し、追加点を奪う。61分には、右サイドで上がった内田が中央にクロスを上げる。最後はチュポ・モティングのアシストからフンテラールが決め、ハットトリックを達成。

 マインツは78分、ク・ジャチョルがドリブルでペナルティエリアに侵入しシュートを放つも、相手GKに阻まれる。1分後にも、CKにク・ジャチョルがヘディングで合わせるが得点には至らず。87分、ゴール正面やや右の位置からヨハネス・ガイスが直接FKでゴールを狙うも、ラルフ・フェールマンの好セーブに遭い、ネットを揺らすことができない。反撃も及ばす試合は終了。大量リードを守り切ったシャルケが4-1で勝利し、リーグ戦2連勝を飾った。

 次節、シャルケは日本代表DF酒井高徳が所属するシュトゥットガルトと、マインツはハンブルガーSVと対戦する。

【スコア】
シャルケ 4-1 マインツ

【得点者】
1-0 9分 クラース・ヤン・フンテラール(シャルケ)
2-0 15分 クラース・ヤン・フンテラール(シャルケ)
2-1 44分 岡崎慎司(マインツ)
3-1 54分 トランクイロ・バルネッタ(シャルケ)
4-1 61分 クラース・ヤン・フンテラール(シャルケ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141130-00254506-soccerk-socc

[ 2014/11/30 ] 海外日本人選手 | TB(0) | CM(0)

ヤングボーイズ久保がEL初ゴール含む2得点! GL突破に望みつなぐ

no title

[EL]久保がEL初ゴール含む2得点!!3発快勝のヤングボーイズがGL突破に望みつなぐ

[11.27 ELグループリーグ第5節 スロバン1-3ヤングボーイズ]

 ヨーロッパリーグ(EL)は27日、各地でグループリーグ第5節を行った。I組のFW久保裕也の所属するヤングボーイズ(スイス)は敵地でスロバン(スロバキア)と対戦し、3-1で勝利した。トップ下で先発フル出場した久保は、1-1と追いつかれて迎えた前半18分にEL初得点を記録。公式戦約4か月ぶりのゴールを挙げると、後半18分にも追加点を決めて勝利に大きく貢献した。

 開始からスロバンの高い位置からのプレスに苦しんだヤングボーイズだったが、前半8分にFKから相手のハンドでPKを獲得。これをFWギヨーム・オアロが冷静にゴール左隅に流し込んで先制点。しかし、3分後の同11分、最終ラインのCBミラン・ビロティッチがMFセイドゥバ・スマーにボールを奪われ、そのままGKとの1対1の状況からゴールを決められて1-1とすぐさま同点に追いつかれた

 それでも前半18分に背番号31がEL初ゴールを挙げる。遠い位置からのFKをDFヤン・レツヤクスがゴール前に放り込む。PAやや右からDFスコット・ズッターが頭で中央に折り返して、久保が右足で押し込み、2-1と勝ち越しに成功。さらに同22分にもズッターの右クロスから久保がヘディングで合わせたが、これはGKの好守に阻まれた。

 2-1で折り返した後半も序盤こそスロバンの守備に苦しんだが、徐々にヤングボーイズが攻勢を強めると、同13分に左45度の位置でFKを獲得。これをMFレオナルド・ベルトーネが直接狙ったがわずかにゴール左に外れる。同18分には、PA左からズッターが倒れ込みながら折り返したボールを久保が右足で押し込んで、3-1とリードを広げた。

 その後はお互いに疲れが見られ、チャンスらしいチャンスを作れないまま3-1で試合は終了。久保の2得点の活躍で勝利したヤングボーイズは勝ち点を9に伸ばし、グループリーグ突破に望みをつないだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141128-00227790-gekisaka-socc

[ 2014/11/28 ] 海外日本人選手 | TB(0) | CM(0)

長友先発、本田途中出場でミラノダービー日本人対決が実現! 試合は1-1の引き分けに終わる

no title

日本人対決実現のミラノダービーはドロー…長友フル、本田は後半途中出場

 セリエA第12節が23日に行われ、日本代表FW本田圭佑の所属するミランと同DF長友佑都の所属するインテルが対戦。本田はベンチスタート、長友は右サイドバックで先発出場となった。

 ホームのミランはここ4戦で3分1敗と勝利が無い。一方のインテルも直近の公式戦3試合勝利がなく、ヴァルテル・マッツァーリ監督を解任。2004年から2008年までチームを率いていたロベルト・マンチーニ新指揮官を迎えての初戦となった。

 最初のビッグチャンスは8分、インテルにやってくる。サリー・ムンタリの横パスをミラン陣内でカットしたマウロ・イカルディがドリブルで持ち上がってGKと1対1になるが、ディエゴ・ロペスにセーブされた。11分にはフレディ・グアリンがミドルレンジで左足を振り抜いたが、D・ロペスがここもがっちりとキャッチした。

 試合が動いたのは23分、やや劣勢だったミランは左サイドからステファン・エル・シャーラウィが低いクロスを上げると、中央のジェレミー・メネズが右足ボレーでうまく合わせて、ゴール右のネットを揺らして先制する。

 失点以降もペースはインテル。押し込みながらもなかなか得点を奪えなかったが、後半に入って61分にようやく振り出しに戻す。長友が右サイドからクロスを送ると、足を出したミランのクリスティアン・サパタが大きくクリアできず、ボールはジョエル・オビの下へ。オビは左足で狙いすましたグラウンダーのシュートをゴール右に決めた。

 70分過ぎに両ベンチが動く。インテルは得点を挙げたオビに代えてエルナネス、ミランはフェルナンド・トーレスに代え、本田を送り出す。75分、ミランにチャンス。ジャコモ・ボナヴェントゥーラのスルーパスにエル・シャーラウィが抜け出し、GKサミール・ハンダノヴィッチと1対1になるが、シュートはクロスバーを叩いた。ミランはムンタリを下げ、アンドレア・ポーリを投入した。

 途中出場となった本田は77分、右サイドでボールを受けてからカットインして左足を振り抜いたが、ハンダノヴィッチが抑えた。2分後、インテルも長友、グアリンとつなぎ、クロスからイカルディが右足で狙うも、枠を外れる。

 試合は結局、両チームに決勝点は生まれず。1-1の引き分けに終わった。ミランはリーグ戦5試合、インテルは公式戦4試合連続勝利無しとなった。なお、長友はフル出場している。

【スコア】
ミラン 1-1 インテル

【得点者】
1-0 23分 ジェレミー・メネズ(ミラン)
1-1 61分 ジョエル・オビ(インテル)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141124-00252975-soccerk-socc

[ 2014/11/24 ] 海外日本人選手 | TB(0) | CM(0)

乾が待望の今季初ゴール! 長谷部もフル出場しボルシアMGに逆転勝利

no title

乾が今季初ゴール!!長谷部もフル出場で連敗ストップ

[11.22 ブンデスリーガ第12節 ボルシアMG1-3フランクフルト]

 ブンデスリーガは22日、第12節1日目を行い、MF長谷部誠とMF乾貴士の所属するフランクフルトは敵地でボルシアMGと対戦し、3-1で逆転勝ちした。長谷部はボランチ、乾は左MFでそろってフル出場。2-1の後半28分には乾が今季初ゴールとなる追加点を決めた。

 立ち上がりから主導権を握ったボルシアMGは前半5分、MFホーバル・ノルトベイトの左足ミドルが相手DFに当たってコースが変わり、先制点。劣勢の展開が続いたフランクフルトも前半28分にFWアレクサンダー・マイヤーが直接FKを狙ったが、GKの好セーブに阻まれ、前半は1点ビハインドで折り返した。

 それでも後半9分にMFマルク・シュテンデラ、同12分にマイヤーがゴールを決め、後半立ち上がりの連続ゴールで試合をひっくり返したフランクフルト。後半28分には相手GKのキックミスを奪ってパスをつなぎ、ゴール正面でボールを受けた乾がPA手前から右足でゴール右隅へ流し込んだ。

 相手GKが一歩も動けなかった追加点。乾のブンデスリーガでのゴールは2シーズンぶりで、昨年3月31日のG・フュルト戦以来、約1年8か月ぶりとなった。14日のホンジュラス戦(6-0)で代表初ゴールを含む2得点を挙げた乾が代表の勢いそのままに待望の今季初ゴール。3-1の逆転勝利で連敗を4で止めたフランクフルトが5試合ぶりの白星を飾っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141123-00220245-gekisaka-socc

[ 2014/11/23 ] 海外日本人選手 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。