NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブラジルW杯までに残された、日本の宿題

804: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/08/17(土) 01:27:16.52 ID:nvXiO8yc0

no title

ブラジル戦の課題
イタリア戦の課題
メキシコ戦の課題
ウルグアイ戦の課題

W杯までの課題が出すぎて終わりそうも無いですな
W杯までこの宿題終わるのか?


スポンサーサイト
[ 2013/08/17 ] 討論 | TB(0) | CM(0)

ボランチの評価は素人には難しいよな

no title


397: U-名無しさん@実況はサッカーch 2013/07/29(月) 12:51:08.66 ID:GougXGyx0

ボランチの評価は素人には難しいよな
山口の評価も真っ二つに割れてる

[ 2013/07/29 ] 討論 | TB(0) | CM(3)

サッカーベルギー代表が強くなり過ぎててワロタwww

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 11:30:17.69 ID:FnBgragx0

no title

GK
クルトゥワ→19歳にしてアトレティコの正GKになった大器。199センチ。来シーズンはバルサ正GKの噂
DF
コンパニ→ベルギー代表とマンCの主将を務める大黒柱。世界最高のCBの一人
フェルメーレン→アーセナル主将のCB。CBだが攻撃センスも抜群
フェルトンゲン→トットナムのレギュラーCBまたは左SB。今シーズンプレミアリーグベストイレブン
アルデルヴァイレルト→アヤックス不動のレギュラー。オランダリーグ3連覇に貢献
MF
アザール→ベルギーの至宝。香川の倍以上の移籍金でチェルシーに加入しプレミアリーグベストイレブンを受賞
デンベレ→レアルへ移籍したモドリッチの穴を埋めたトットナムのレギュラー
フェライニ→アフロ。恵まれたフィジカルとテクニックがあり実力は本田に匹敵
ヴィツェル→アフロ2号。才能ある若手ボランチ。様々なビッグクラブに注目されてたがゼニトに40億円で引き抜かれる
FW
ベンテケ→今シーズンプレミアリーグ19得点の若きエースストライカー
ルカク→16歳でベルギーリーグ得点王になった化け物。20歳の今シーズンプレミアリーグ17得点
メルテンス→PSVのレギュラーウイング。169センチと小柄だが得点力はハーフナーの倍

日韓WCで引き分けてから11年、どこで差がついたのか慢心環境の違い…


[ 2013/06/06 ] 討論 | TB(0) | CM(0)

平成生まれのアスリートが世界で活躍できるワケ 親の価値観が「長嶋、王」から「イチロー、中田英」へシフト

1: 五十京φ ★ 2013/05/18(土) 15:15:36.23 ID:???0

no title

フェデラーに勝ったテニスの錦織圭(23)、マンチェスター・ユナイテッドのMF香川真司(24)、
ボクシングのWBA世界ライトフライ級王座を初防衛した井岡一翔(24)…。
世界を舞台にした平成生まれ日本選手の活躍がめざましい。
なぜ、彼らは物おじせず海外の強敵を相手に結果を残せるのか。
時代や教育法の変化、スポーツ心理学の発達などさまざまな角度から強さの秘密に迫った。 

スペインで行われたマドリードOPで9日(日本時間10日)、
錦織が元世界ランク1位で現在も2位のフェデラーを下し、日本中がわいた。
錦織は同16位。“幕内”級が“大横綱”を倒す金星だった。

井岡はタイ選手を相手に8日、ライトフライ級王座の初防衛に成功。
マンUの香川は移籍1年目で栄冠を手にし、優勝パレードで地元サポーターから
「シンジ」コールを受けるほどチームに溶け込んでいる。

彼らはどうして臆することなく、世界を相手に戦えるのか。
著書『天才は親が作る』(文春文庫)でイチロー、松坂大輔らアスリート10人の家庭教育を
解き明かしたスポーツジャーナリスト、吉井妙子氏は「時代の流れによる親の意識変化が大きい」とみる。

「親の世代が長嶋茂雄さん、王貞治さんに憧れた世代から、イチロー、中田英寿氏をカッコいいと思った層に移った。
親の価値観が子供に与える影響は大きい。世界で活躍するのが親、そして子供にも当たり前という時代になった。
目標は最初から世界で活躍することになる。
錦織がテニス留学のため中学生で渡米したように、親も当然のようにわが子を海外へ送り出すようになった」

ON世代が基礎を築き、イチローや中田氏の世代が外に挑んでいった日本のスポーツ文化。
いま錦織や香川らが花開いた背景には、ときのヒーローたちから影響を受けた親の存在がある。

(>>2あたりに続く)

2013年5月17日 17:06 (ZAKZAK/夕刊フジ)
http://topics.jp.msn.com/sports/general/article.aspx?articleid=1843638


[ 2013/05/18 ] 討論 | TB(0) | CM(0)

キングカズ語る「Jにはビッグクラブとスターが必要。この世界、格差はあっていいと思う」

1: れいおφ ★ 2013/05/15(水) 14:53:32.92 ID:???0

no title

Jリーグは15日、開幕20周年を迎える。スポニチでは「J20周年 過去、現在、未来」と題し、
その20年の歩みを検証しながら未来像に迫る連載をスタート。

第1回は93年のJ元年から日本サッカーをけん引してきたJ2横浜FCのFW三浦知良(46)の
特別インタビューを掲載。
数々の金字塔を打ち立ててきたカズがブラジル、欧州での経験も踏まえ「Jリーグの今」、
そしてより魅力あるリーグへ発展するための「未来への提言」を熱く語った。

聖地国立で華々しく開幕したV川崎―横浜M戦から20周年。
当時、まばゆいスポットライトを一身に集めたヒーローは、今も日本サッカーの先頭を走る。
これはカズが語ったJリーグの今、そして未来への提言だ。

「20年でクラブ数が(10から)40に増えるのは世界的にも珍しいよね。
底辺のレベルは上がったと思う半面、当時のV川崎(現J2東京V)みたいなクラブがなくなって全体的に平均化した。
クラブ経営でも赤字は駄目だとか、給料も抑えられたり、行き詰まっている部分があると思う」

人気、実力が突出したクラブの消滅。昨年からクラブライセンス制が導入され、Jリーグ参加資格はより厳しく審査される。
クラブ間の平均化は加速の傾向にある。

「この世界、格差はあっていいと思うんだ。ハード面はJ2でも立派なクラブハウス、練習場がある。
そうでないクラブもあるけどJリーグは平均して整っている。本来ならJ1とJ2、資金力でも違う。
世界はどこを見てもビッグクラブ、中堅、そして小さなクラブがある。
僕は99年にスコットランドのハイバーニアンでプレーしたことがあるけど大学の練習場を借りてた。
世界にはいろんな形があるんだ」

総じて安定しているが、憎たらしいほどの強者を倒して名を上げる、富を得るというロマンに欠ける。
今のJリーグにプロ野球で言う「巨人」は存在しない。

(>>2以降に続く)

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/05/15/kiji/K20130515005805120.html


[ 2013/05/15 ] 討論 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。