NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アギーレJ、2014年最終戦を白星で終える…アジア杯開催国豪州に勝利

no title

アギーレJ、2014年を白星で終える…アジア杯開催国豪州に勝利で弾み

 キリンチャレンジカップ2014が18日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦した。

 2014年最後の国際Aマッチとなった同試合。ハビエル・アギーレ体制下で6戦目となった日本は、ヤンマースタジアム長居に2015年1月開催のアジアカップのホスト国であるオーストラリアを迎えた。

 14日のホンジュラス戦で6-0と大勝を収めた日本は同試合から、アギーレ監督が欠場を明言していた内田篤人に代わって太田宏介が起用された以外は同じメンバーとなった。一方のオーストラリアは、ロビー・クルーズやマット・マッカイ、ミル・ジェディナクらがスタメンとなり、ティム・ケーヒルはベンチスタートとなった。

 試合は序盤、互いにセットプレーからチャンスをうかがう展開。日本は15分、左サイドから太田のクロスに武藤嘉紀が頭で合わせたが、クロスバーをたたく。判定もオフサイドだった。オーストラリアも2分後、右クロスを中央のマシュー・レッキーがヘディングシュート。ゴール左へ飛んだがGK川島永嗣が弾き出した。

 ややオーストラリアペースで進む中、25分に日本は本田圭佑が左足でミドルレンジから狙ったが、GKマット・ライアンの手に収まった。ペースの掴めない日本は30分過ぎから遠藤保仁をボランチの位置に下げ、[4-2-3-1]にシステムを変更。40分に日本は本田のスルーパスに抜け出した香川真司がペナルティエリア内右の深い位置まで侵入すると、ニアに走り込んだ岡崎慎司へ合わせるパスを出したが、DFのブロックに遭った。

 前半をスコアレスで終えた日本はハーフタイムに遠藤を下げ、今野泰幸を投入する。50分、その今野が左サイドを抜け出すとマイナスのクロスに香川が合わせたが、得点ならず。直後にはCKの流れからクリアされかけたボールを高い位置でカットすると、浮き球がDFラインとGKの間へ。反応していた岡崎が足を伸ばして合わせたが、GKライアンの守備範囲だった。

 日本は57分、武藤に代わりホンジュラス戦で代表初ゴールを含む、2得点の乾貴士をピッチへ。直後に酒井高徳の右からのアーリークロスに大外から走り込んだ乾が頭で合わせたが、クロスバーをわずかに越えた。

 後半は日本ペースで進む中、迎えた61分、右CKを獲得した日本は本田の蹴ったボールがファーサイドまで流れると、フリーになっていた今野が頭で押し込んで、先制点を獲得する。直後、オーストラリアはジェームズ・トロイージとマッシモ・ルオンゴに代えてミッチ・ニコルズとマーク・ブレシアーノが入った。

 67分、日本はカウンターから本田のパスを受けた岡崎がエリア内左でシュートしたが、GKライアンがセーブ。決定機を掴めなかった岡崎だが直後、森重真人が右サイドからドリブルでエリア内に侵入すると、低いクロスにニアサイドの岡崎が、背後へのボールをヒールで流し込むテクニカルなシュートを決めて追加点を獲得。

 2点を追うオーストラリアは73分にマッカイを下げ、ケーヒルを投入。日本も岡崎との交代で豊田陽平が入った。後半アディショナルタイム、オーストラリアは左サイドからクロスを上げると、中央でフリーのケーヒルがヘディングシュートをきっちりと決め、1点を返したが、日本は逃げ切り2-1で勝利した。

 ホンジュラス戦に続いて連勝を飾った日本は、大会連覇を懸けて2015年1月開催のアジアカップへ向かう。

【スコア】
日本代表 2-1 オーストラリア代表

【得点者】
1-0 61分 今野泰幸(日本代表)
2-0 68分 岡崎慎司(日本代表)
2-1 90+2分 ティム・ケーヒル(オーストラリア)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141118-00251507-soccerk-socc

スポンサーサイト
[ 2014/11/18 ] 日本代表 | TB(0) | CM(0)

日本代表がホンジュラスに6得点圧勝…乾&豊田が代表初ゴール

no title

日本がW杯出場国ホンジュラスに6得点圧勝…乾&豊田が代表初得点

 キリンチャレンジカップ2014が14日に行われ、日本代表とホンジュラス代表が対戦した。

 ハビエル・アギーレ体制下で5試合目となる日本代表は、ブラジル・ワールドカップ以降、代表から外れていた遠藤保仁や内田篤人が先発。また、長谷部誠がキャプテンを務めた。GKから川島永嗣、内田、森重真人、吉田麻也、酒井高徳、長谷部、遠藤、香川真司、本田圭佑、岡崎慎司、武藤嘉紀がスタメンとなり、武藤以外の10選手はブラジルW杯出場組となった。

 序盤から攻め込む日本は9分、武藤の仕掛けから左CKを獲得。遠藤が送ったボールをニアサイドで岡崎がコースを変えると最後は吉田がダイビングヘッドで押し込んで先制する。

 ゲームが動いた後はやや小康状態に。日本は27分、本田がペナルティエリア外、ゴール右から左足で狙うが、相手選手に当たって枠をわずかに外れた。なかなか両者ゴールに近づけない中、迎えた41分、自陣で長谷部がカットするとそのまま前線へ流れたボールが本田の下へ。GKと1対1になると冷静にゴール左へ左足で流し込み、ネットを揺らした。追加点を得た日本は直後にも香川がゴール右の深い位置でチャンスを得たが、シュートはゴール左へ外れた。

 勢いづいた日本は44分、左サイドでのパス交換から崩すと、本田の横パスを受けた遠藤がゴール正面の位置から強烈なミドルシュート。ゴール左上に突き刺さり、鮮やかに3点目を獲得した。

 前半で大きなリードを得た日本。ハーフタイムに武藤を下げ、アギーレ体制下初招集の乾貴士を投入。すると、乾が早速結果を出す。後半開始早々の47分、本田が右サイド浅い位置からクロスを送ると、左サイドからゴール前へ走り込み左足で合わせて、代表初ゴールを決めた。

 56分にも乾は酒井の左サイドのクロスのクリアボールをボレーで狙ったが、相手GKが好守を見せた。63分、日本は岡崎に代え、J1得点ランクトップの豊田陽平がピッチに立つと、この采配も当たる。69分、香川がゴール前でボールを持って粘ると、こぼれたところを豊田が押し込んだ。豊田も代表初得点。直後、遠藤に代わって柴崎岳が入る。

 74分には縦パスを受けた香川から本田、豊田とつながり、最後は乾が決めて6点目を獲得。81分にはGK川島に代えて西川周作を投入する余裕の采配も見せた日本代表は守備陣も完封し、6-0で圧勝した。

 6-0の圧勝は2012年6月のブラジル・ワールドカップ最終予選ヨルダン戦以来となる得点差となった。日本代表は18日にオーストラリア代表と対戦し、来年1月のアジアカップに備える。

【スコア】
日本代表 6-0 ホンジュラス代表

【得点者】
1-0 9分 吉田麻也(日本代表)
2-0 41分 本田圭佑(日本代表)
3-0 44分 遠藤保仁(日本代表)
4-0 47分 乾貴士(日本代表)
5-0 69分 豊田陽平(日本代表)
6-0 74分 乾貴士(日本代表)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141114-00250198-soccerk-socc

[ 2014/11/14 ] 日本代表 | TB(0) | CM(0)

ネイマールが圧巻の4得点…日本代表がブラジルに完敗

no title

圧巻ネイマール、貫録の4得点で日本沈める…ブラジルが完勝

 国際親善試合が14日に行われ、日本代表とブラジル代表が対戦した。

 シンガポールでの開催となった同試合で、日本は10日に行われたジャマイカ戦からスタメン6人を変更。GK川島永嗣、DFラインは太田宏介、塩谷司、森重真人、酒井高徳が並び、中盤は田口泰士、森岡亮太、柴崎岳で構成。前線は田中順也、岡崎慎司、小林悠となり、本田圭佑や長友佑都といった面々はベンチスタートとなった。

 一方のブラジルは11日に中国で開催されたアルゼンチン戦で負傷したダヴィド・ルイスがジルに代わった以外は、同じメンバーが先発となり、ネイマールやオスカルらがスタメンとなった。

 ブラジルは序盤、縦に速く攻め、日本はブロックを作る展開に。17分にブラジルはゴール正面左の位置でFKを獲得するとネイマールが直接狙ったが、カーブのかかったボールは左ポストをヒットし、得点ならず。しかし直後の18分、ジエゴ・タルデッリのスルーパスに抜け出したネイマールが、GK川島との1対1からコースを作ってシュートを決め、先制する。

 ネイマールは21分にも、左サイドでボールを受けると、ドリブルで塩谷を振り切ってエリア左の角度のない位置からシュート。これはゴール右へそれた。日本も23分、左サイドからの太田のクロスが、ファーサイドの小林まで流れると、左足のダイレクトボレー。しかし、わずかに枠を外れた。

 ボールを回される時間が続くようになった日本は、35分に酒井の右クロスを岡崎がヘディングで合わせたが、ゴール左へそれた。前半終了間際にはセットプレーの流れから、こぼれ球を塩谷がシュートする場面もあったが、ミートできず。前半はブラジルの1点リードで終える。

 ハーフタイムに日本は森岡を下げ、本田を投入。ブラジルは3選手を交代し、ダニーロ、オスカル、ウィリアンが下がり、マリオ・フェルナンデス、フェリペ・コウチーニョ、エベルトン・リベイロが入った。

 立ち上がりの48分、ブラジルは高い位置でボールを奪ったコウチーニョのスルーパスに抜け出したネイマールがGK川島との1対1を冷静に制して、追加点を獲得。直後に日本は2枚目のカードとして小林を下げ、武藤嘉紀を投入した。

 54分、ブラジルは右CKをネイマールが蹴ると、ファーサイドまでボールが流れ、ミランダがワントラップからシュートしたが、GK川島が好反応を見せる。直後に日本は田中順也の浮き球のスルーパスを、エリア内右の角度が無い位置で受けた岡崎が右足を振り抜いたが、ニアサイドのポスト外側を直撃した。

 ブラジルは59分、またも高い位置でコウチーニョがボールをカットすると、右サイドのエベルトン・リベイロへ。左サイドでフリーのネイマールへラストパスが渡り、決定機となったが、シュートはわずかにポストの左へ外れた。62分にもネイマールからのパスをゴール左の位置で受けたコウチーニョが狙うが、こちらもポスト右へ。

 65分にブラジルはジエゴ・タルデッリを下げてロビーニョが入る。2分後、日本は武藤が左サイドでボールをキープし、クロスに本田が飛び込むも、フィリペ・ルイスがカット。直後にはブラジルがまたもネイマールのボールキープからスルーパスをロビーニョがシュートする場面があったが、これも枠外。日本は田中に代わって細貝萌を投入する。

 ブラジルはルイス・グスタヴォとエリアスに代え、ソウザとカカを相次いで投入。77分、ネイマールの右クロスをカカがヘディングシュートすると、これはクロスバーを直撃したが、こぼれ球からコウチーニョのシュートを川島が弾き、ネイマールが押し込んでハットトリックを達成する。

 止まらないネイマールは81分にもロビーニョ、カカとつなぎ、左クロスをネイマールが頭で合わせて、4点目。89分に日本は太田のクロスを途中出場の柿谷曜一朗がヘディングシュートしたが、GKジェフェルソンが好守で得点を許さず。貫録のパフォーマンスを見せつけたネイマールのゴールショーにより、ブラジルが4-0で勝利した。

 日本代表は11月14日にホンジュラス代表、18日にオーストラリア代表と国内で対戦し、来年1月のアジアカップに臨む。

【スコア】
日本 0-4 ブラジル

【得点者】
0-1 18分 ネイマール(ブラジル)
0-2 48分 ネイマール(ブラジル)
0-3 77分 ネイマール(ブラジル)
0-4 81分 ネイマール(ブラジル)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141014-00241778-soccerk-socc

[ 2014/10/14 ] 日本代表 | TB(0) | CM(1)

U-19日本代表が南野2発で韓国撃破! AFC選手権ベスト8進出

no title

南野拓実2発、U-19日本代表が韓国撃破しAFC選手権ベスト8進出

 AFC U-19選手権グループリーグ最終節が13日に行われ、グループCではU-19日本代表とU-19韓国代表が対戦した。

 日本は勝ち点3で3位に位置し、決勝トーナメント進出となる上位2チームに入るためには勝利が義務付けられる。一方、大会連覇を狙う首位韓国は引き分け以上で、決勝トーナメント進出を自力で決める。

 日本は2日前のベトナム戦から先発5人を変更。2試合で先発していた広瀬陸斗、松本昌也、奥川雅也が負傷によりベンチ外となり、北川航也が初先発で南野拓実とツートップを組む形となった。

 ファーストシュートは日本。6分に前線へのボールの落としを関根貴大がミドルで狙ったが、GKイ・テヒの正面をついた。迎えた12分、右サイドからのドリブルで南野がペナルティエリア内右に侵入すると、相手DFのチャージを振り切り、角度のない位置から右足を振り抜き、ネットを揺らして日本が先制する。

 序盤はロングボールを中心に攻める日本は、18分にも縦パスを受けた南野がGKイ・テヒと1対1になったが、シュートはミートできずゴール左へ外れた。29分、韓国はCKを獲得すると、その流れから右サイドのクロスをキム・チャンギョンがヘディングで落としたボールにキム・グンヒが押し込み、同点とする。

 試合は韓国ペースになると、35分にはキム・ヨンギュがミドルシュートを放つが、ゴール左にわずかに外れた。前半は1-1で終える。

 両チーム、メンバー変更無しで迎えた後半。48分に日本は金子翔太が左サイドで仕掛けると、マイナスクロスを南野が合わせたが、シュートはゴール右へ。51分には関根のドリブル突破からFKを獲得。ゴール正面やや遠いから井手口陽介が直接狙ったが、ゴール右へのボールはGKイ・テヒが防いだ。直後に韓国もス・ミョンゴンがエリア内左からゴール右隅へシュートを打ったが、ポストのわずかに右。

 韓国の守備陣を効果的に崩せない日本だったが、64分に日本は細かくパスをつなぐと、最後は北川の落としたボールを、南野が振り抜いた右足で豪快にネットを揺らし、勝ち越しに成功する。72分には金子のスルーパスのこぼれ球を南野がエリア内左で拾ってシュートしたが、枠を捉えられず。直後に日本は、北川を下げて初戦と第2戦に先発した越智大和を投入。さらに関根に代えて高木大輔が入った。

 日本の守備陣は終盤、韓国の反撃を許さず、逃げ切り。2-1で日本が勝利した。勝ち点を6とした日本はベスト8進出が決定。U-20ワールドカップ出場権を得られるベスト4入りを目指して、17日に準々決勝を行う。

【スコア】
U-19日本代表 2-1 U-19韓国代表

【得点者】
1-0 12分 南野拓実(日本)
1-1 29分 キム・グンヒ(韓国)
2-1 64分 南野拓実(日本)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141013-00241363-soccerk-socc

[ 2014/10/13 ] 日本代表 | TB(0) | CM(0)

香川が日本代表から離脱…試合後に脳震とうの症状

no title

香川真司が日本代表から離脱…試合後に脳震とうの症状

 日本サッカー協会は10日、MF香川真司の離脱を発表した。

 香川は同日に行われたキリンチャレンジカップ 2014のジャマイカ代表戦に先発出場し、試合終了直前の90分までプレー。前半に顎を打ち、口から出血していた。試合後に脳震とうの症状が出たため、新潟県内の病院で検査を行うことになり、チームからの離脱が決定した。

 日本代表は11日にシンガポールに移動するが、香川は帯同しない。なお、追加招集は未定となっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141010-00240713-soccerk-socc

[ 2014/10/11 ] 日本代表 | TB(0) | CM(1)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。