NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ポルトガル2部ポルティモネンセに所属する金崎が2ゴール!【動画】

905: 名無しに人種はない@実況はサッカーch 2013/09/29(日) 06:05:46.66 ID:UUwdzsxW0

no title

Trofense 3-4 Portimonense

61 Kanazaki
32 Quinaz
24 Kanazaki
4 Diego Souza

2得点は良いアピールになったな
しかも2位だし1位はポルトBだから実質1位で良いんだよな?
昇格して1部もあり得る

http://portimonense1914.blogspot.jp/2013/09/trofense-portimonense-3-4-encontro-de.html


902: 名無しに人種はない@実況はサッカーch 2013/09/29(日) 04:10:35.22 ID:j13cLW2KO

2ゴールオメage


903: 名無しに人種はない@実況はサッカーch 2013/09/29(日) 04:12:05.88 ID:UUwdzsxW0

マジか
結果出してオファー貰おう


引用元: http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/football/1359465677/

関連記事
[ 2013/09/29 ] 海外日本人選手 | TB(0) | CM(1)

アトレティコがマドリードダービー制し14年ぶり勝利、レアルは今季初黒星

1: ◆HABUTAw6RU @川 ’ー’川φ ★ 2013/09/29(日) 07:50:30.54 ID:???0

no title

13/14 スペイン リーガエスパニョーラ 第7節

 レアル・マドリード 0-1 アトレティコ・マドリード
0-1 ジエゴ・コスタ(前11分)

http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10443960
http://www.marca.com/eventos/marcador/futbol/2013_14/primera/jornada_7/rma_atm/
順位表
http://www.as.com/resultados/futbol/primera/#clasificacion

アトレティコが再びベルナベウ征服、レアル・マドリーは完全に沈黙
GOAL 9月29日(日)7時45分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130929-00000038-goal-socc

28日のリーガエスパニョーラ第7節、サンチャゴ・ベルナベウでのレアル・マドリー対アトレティコのダービーは、1-0でアトレティコの勝利に終わった。クラブ新記録となる開幕7連勝を果たしたアトレティコは、首位バルセロナと勝ち点で21並んで2位に位置。3位レアル・マドリーはバルセロナ、アトレティコに勝ち点5差をつけられている。

プレースタイルを確立できていないレアル・マドリーと、シメオネ監督印が選手たちに完全に刻み込まれたアトレティコによる、197回目のマドリッドダービー。試合はそのチーム状況を完全に反映した展開となった。

昨季のコパ・デル・レイ決勝で今世紀初のダービー勝利を果たしたアトレティコは、バイタルエリアのスペースを消し、後方でボールを保持するレアル・マドリーの前進を許さず。そして、11分に先制点を決める。ディ・マリアが保持したボールをフィリペがカットすると、これを拾ったコケがスルーパス。ジエゴ・コスタがペペを抜き去ってボックス内に侵入。GKディエゴ・ロペスを冷静に破り、今季のリーガ8得点目を記録した。

一方でビハインドを負ったレアル・マドリーは、前にボールを送ることができず、ベルナベウの観衆からブーイングを浴び始める。それでも23、27分とディ・マリアのクロスからベンゼマがヘディングシュートを放ったが、1本目はGKクルトゥワに阻まれ、2本目は枠外へ飛んだ。

対して、堅実に試合を進めるアトレティコは29分、コケのCKからチアゴがフリーで走り込んでヘディングシュートを放つも、これはクロスバーの上へ。また41分に迎えたCKにはガビが頭で合わせたが、GKディエゴ・ロペスの好反応に防がれた。D・コスタがD・ロペスと衝突する場面もありながら、前半はアトレティコの1点リードのまま終了する。

ハーフタイム、アンチェロッティ監督は機能していなかったイジャラメンディをモドリッチと代え、さらにはディ・マリアとの交代でベイルをベルナベウデビューさせた。モドリッチが積極的に動いてパスの選択肢は増えたものの、それでもアトレティコの堅守をこじ開けるには至らず。逆61分にはD・コスタに最終ラインを突破され、D・ロペスの好守に助けられた。

レアル・マドリーは63分、クリスティアーノ・ロナウドが直接FKからゴールを狙ったが、これはクロスバーの上へ。また2分後にはベイルがミドルシュートを放つも、これはGKクルトゥワのセーブに遭った。アンチェロッティ監督は74分、イスコを下げてモラタを投入。ベンゼマではなくイスコを代えたことに怒った観衆は、イタリア人指揮官に対して強烈なブーイングを吹いている。

その後レアル・マドリーは、中盤のプレスの圧力を下げて、シュートカウンターから得点を狙う戦術にシフトする。しかしC・ロナウド、ベイル、モラタのスプリントをもってしても、アトレティコの組織化された守備に穴を空けることはできず。対してアトレティコは81分に、ボックス内のコケがケディラをかわしてシュートを放ったが、クロスバーに直撃して追加点を逃した。

レアル・マドリーが最大の決定機を迎えたのは84分のこと。ケディラのクロスからモラタがバイシクルシュートを放つも、これはクルトゥワのセーブに遭った。対してシメオネ監督は85分過ぎにD・コスタ、ビジャ、アルダ・トゥランを下げてレオ、ラウール・ガルシア、セボジャ・ロドリゲスを投入し、前線からのプレスを強化。1点のリードを維持したまま終了を迎え、完全にコパ決勝に続きベルナベウを征服。対照に、ほぼ何もできず完敗を喫したレアル・マドリーは、アンチェロッティ監督の去就も騒がれる始める事態となっている。

これでダービーの通算成績は、アトレティコの49勝47分け102敗に。また、この一戦がアトレティコの選手&指揮官として、リーガ200試合目に臨んだシメオネ監督は、その通算成績を107勝43分け50敗(選手時代が67勝29分け37敗、監督として40勝14分け13敗)としている。

またアノエタでのレアル・ソシエダ対セビージャは1-1のドローで終了。ソシエダは17分にジャイロの先制点を許したが、65分にグリーズマンがソシエダの同点弾を決め、勝ち点1を分け合っている。

スポナビ:http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/eusoccer/
Yahoo!スポーツ:http://soccer.yahoo.co.jp/ws/league/?l=67
WOWOW:http://www.wowow.co.jp/liga/


関連記事
[ 2013/09/29 ] 欧州サッカー | TB(0) | CM(0)

モイーズ監督下のマンU…過去24年で最悪のスタート

1: 真・ソニック ◆zRjjuglb6U @S_SONICφ ★ 2013/09/29(日) 14:03:04.25 ID:???0

サッカー=モイズ監督下のマンU、過去24年で最悪のスタート

[28日 ロイター]
サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)は、28日に本拠地でウエストブロムウィッチに1─2で敗戦。デービッド・モイズ監督のもと開幕6戦で3敗目を喫し、過去24年で最悪のスタートを切った。

マンU歴代の指揮官のなかで最高の実績を残し、昨季をもって勇退したアレックス・ファーガソン氏の後を受けたモイズ監督は、この日の敗戦にも平静を装い、英BBCに対して「サッカーに悪い結果はつきもの。問題は敗戦をいかに受け止めるかだ」と述べた。

今季のマンUは既にライバルであるリバプールとマンチェスター・シティーに黒星を喫し、ファーガソン時代のような切れ味を欠くとの批判にさらされている。開幕からの6戦で8失点を喫し、得点チャンスをものにしきれていない。

モイズ監督はこの試合について、守りも攻めもよくなかったとコメント。同点に追いついた後、タレント揃いのアタッカーが試合を決めてくれると期待したが、速攻を許して失点したと振り返り、「いいプレーをできなかったことが懸念だが、修正できる」とコメント。今後も数多く試合があり、次の試合に備えたいと語るにとどまった。

マンUがホームでウエストブロムウィッチに敗れたのは1978年以来35年ぶり。また、プレミアリーグの前季王者が翌シーズンの開幕6試合で3敗以上を喫したのは1995─96年シーズンのブラックバーン以来となった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130929-00000007-reut-spo
9月28日、サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドはウエストブロムウィッチに1─2で敗戦。
デービッド・モイズ監督(写真)の下、開幕6戦で3敗目を喫し、過去24年で最悪のスタートを切った。マンチェスターで撮影(2013年 ロイター/Phil Noble)
no title


関連記事
[ 2013/09/29 ] 欧州サッカー | TB(0) | CM(0)

新潟DF川口尚紀にVVV興味 会長が柏戦視察

1: 真・ソニック ◆zRjjuglb6U @S_SONICφ ★ 2013/09/29(日) 10:25:22.25 ID:???0

 オランダ2部VVVのハイ・ベルデン会長(63)が28日、柏-新潟戦を観戦。新潟の右サイドバック、19歳のDF川口尚紀を絶賛した。得点にこそ絡まなかったが前半から右サイドを駆け上がり、ゴールにつながりそうなクロスを上げ続けた。

 FW大津祐樹(23)に加え、もう1人日本人を獲得したいというベルデン会長は「気になったのは24番のカワグチ」と明言。「今回は20歳以下の選手を中心に見た。若ければオランダの戦術に適応する時間もかけられるから」と説明した。

 川口は小学生のころから突破力が武器のFWとして頭角を現し、現在はDFおよびMFとしてプレー。U-17日本代表として11年U-17W杯メキシコ大会での8強入りにも貢献した逸材だ。他にも獲得候補がいるというベルデン会長は「ウチのクラブをステップにしてほしい。本田(圭佑)や(吉田)マヤもそうだった」と日本選手全体へのアピールも忘れなかった。

 [2013年9月29日9時53分 紙面から]
http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/p-sc-tp3-20130929-1196830.html
前半、新潟DF川口(左)は柏FW工藤と競り合う(撮影・小沢裕)
no title


関連記事
[ 2013/09/29 ] Jリーグ | TB(0) | CM(2)

数々の問題行動で知られるジョーイ・バートンが哲学の道へ? 大学で履修を開始

1: THE FURYφ ★ 2013/09/29(日) 00:58:15.47 ID:???0

no title

 現地時間27日、数々の問題行動で知られる元イングランド代表MFジョーイ・バートン(31)が、大学で哲学の履修を始めたことが分かった。所属先のQPR(イングランド2部)を率いるハリー・レドナップ監督は同選手に声援を送っている。ロイター通信が報じた。

 トラブルメーカーとして知られるバートンは、試合中にラフプレーで退場となったことは数知れず。試合中以外にも、マンチェスターC(イングランド)に在籍していた07年には練習中にチームメイトを殴って4カ月の出場停止処分を受けたほか、ニューカッスル(イングランド)在籍中の08年には暴行事件を起こして6カ月の実刑判決を受けている。

 マルセイユに所属していた昨季もパリSG(以上フランス)所属のDFチアゴ・シウヴァに対し、ツイッター上で「太った女々しいやつ」と問題発言を投稿しており、相変わらず自ら騒動を招いている。

 しかし、その同選手が先ごろロンドン南西部に位置するローハンプトン大学で哲学を学び始めたという。ドイツの哲学者フリードリッヒ・ニーチェの言葉をツイッター上で好んで引用している同選手は「今日の午後、最初の講義に行く。目も耳もしっかり開いて、脳をフル回転させるんだ」とツイッターに綴った。

 これを受け、レドナップ監督は27日、報道陣を前に「彼の成功を願っているよ。彼が将来何をするにせよ、これが助けになれば素晴らしいことだ。彼はほかのことをするより勉強をしていた方がいいと思う。いいアイディアだね。学ぶことに楽しみを覚えれば、彼もいい人間でいられるだろう。彼はここでは問題を起こしていないし、今季は素晴らしいよ」と全面的な理解を示した。

 バートンは一昨季のプレミアリーグ最終節・マンチェスターC戦で、FWカルロス・テベスに肘打ちを見舞って一発退場の処分を受けると、さらにベンチに戻る途中にFWセルヒオ・アグエロを蹴り付けるとともに、この行為を見て詰め寄ったDFヴィンセント・コンパニーに対しても頭突きで応戦。12試合の出場停止処分を受けたのちマルセイユへと期限付き移籍し、今季からQPRに復帰している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130928-00000018-ism-socc


関連記事
[ 2013/09/29 ] ニュース | TB(0) | CM(2)

モイーズ監督、決定力不足に不安…

no title

監督、決定力不足に不安


デイヴィッド・モイーズ監督は2-1で敗れたホームでのウェスト・ブロムウィッチ戦後、結果をそのまま受け入れ、決定力を欠いたチームに苦言を呈した。

モルガン・アマルフィターノ、サイード・ベライノのゴールにより、1978年以来となるオールド・トラッフォードでの勝利を手にしたバギーズ(ウェスト・ブロムウィッチの愛称)に対し、ユナイテッドはウェイン・ルーニーがFKを直接決めたゴールのみ。

モイーズ監督は試合をコントロール出来ていたと感じた一方、決定力不足に喘いだ点を嘆いた。

「残念な結果、パフォーマンスだった。勢いに乗れていなかった。試合を変えるだけのエネルギーが不足していたと思う。相手チームは勝利を手にするに相応しいチームだった。それに異論は無い」

「前半はボールを支配し、前線に運ぼうとしていた。おそらく、試合の大半をコントロール出来ていたと思う。しかしチャンスは作れていなかったように思った。そしてチャンスを作っても決められなかった」

「相手は前半終了まで少ないチャンスしか作れていなかったが、われわれがチャンスを作れば作るほど、彼らの決定機も増えたように感じた」

「今日は攻撃的な選手を多く起用したが、相手を崩せなかった。今日の結果を受けて少々不安になったが、まだまだ試合数は多い。これから適切な形を見つけたい」

流れの悪さを感じた監督は、後半開始からアドナン・ヤヌザイ、そして同点に追いついた直後ロビン・ファン・ペルシーをピッチに送る決断を下した。ファン・ペルシーは負傷復帰直後だっただけに本来の動きではなかったものの、ヤヌザイのパフォーマンスは好材料となるだろう。

「アドナンは最初こそナーバスだったが、それでも今後に繋がるプレーを見せてくれた。試合終了間際のシュートが決まらなかったのは不運だったと思う」

「ロビンの負傷は深刻ではなかったので、今日は出場時間を与えたいと思っていた。ただ、今日ほどプレーさせるプランではなかった」

監督はミッドウィークに予定されているシャフタールとのアウェーゲームに勝って、良い流れに乗りたいとコメント。そして、ユナイテッドファンに変わらぬサポートを求めている。

「フットボールの世界では、全試合に勝つことはない。なので、これからも自分達のチームをサポートしてもらいたい。このクラブは素晴らしい選手が集まった偉大なクラブだ。今日の敗戦を今後の成績に役立てられるよう、全力を尽くす」

http://www.manutd.jp/ja-JP/NewsAndFeatures/FootballNews/2013/Sep/Moyes-bemoans-missing-spark.aspx

関連記事
マンU、ホームで敗れ開幕6試合で3敗目…香川は先発出場、交代後に試合が動く


関連記事
[ 2013/09/29 ] 欧州サッカー | TB(0) | CM(2)

フランクフルト、監督交代のHSVに追いつかれドロー…乾は途中出場

no title

乾途中出場のフランクフルト、監督交代のHSVに追いつかれドロー
ゲキサカ 9月29日(日)3時31分配信

[9.28 ブンデスリーガ第7節 フランクフルト2-2ハンブルガーSV]

 ブンデスリーガは28日、第7節2日目を行い、MF乾貴士の所属するフランクフルトはホームでハンブルガーSVと対戦し、2-2で引き分けた。2試合連続のベンチスタートとなった乾は2-1の後半28分から途中出場したが、チームはその後追いつかれ、2試合連続ドローに終わった。

 フランクフルトは前半31分、FWシュテファン・アイグナーの折り返しにMFヨハネス・フルムが合わせ、先制点。前半アディショナルタイムにCKから失点したが、後半9分にMFマルコ・ルスのゴールで2-1と勝ち越した。

 25日のDFBポカール2回戦・ボーフム戦(2-0)では1ゴール1アシストを記録した乾だが、リーグ戦は2試合連続のベンチスタートとなり、後半28分から出場。リーグ戦は2試合ぶりの出場となった。

 そのまま逃げ切りたいフランクフルトだったが、ベルト・ファン・マルバイク新監督の初陣となったハンブルガーSVが粘りを見せる。後半41分にDFマルセル・ヤンゼンが劇的な同点弾。2-2の引き分けに持ち込み、連敗を2でストップした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130929-01125910-gekisaka-socc


関連記事
[ 2013/09/29 ] 乾貴士 | TB(0) | CM(0)

内田フル出場も…シャルケは前半のリードを守りきれずドロー

no title

内田フル出場のシャルケ、前半のリードを守りきれず痛恨のドロー
SOCCER KING 9月29日(日)0時26分配信

   ブンデスリーガ第7節が28日に行われ、日本代表DF内田篤人が所属するシャルケは、アウェーでホッフェンハイムと対戦した。内田は右サイドバックで先発出場している。

 前節のバイエルン戦で0-4と大敗を喫したシャルケは、立ち上がりから積極的な姿勢で得点を狙う。3分にケヴィン・プリンス・ボアテングのシュートで先取点を奪うと、13分にはFKをジョエル・マティプが頭で合わせて追加点を挙げた。

 その後、ホッフェンハイムのアントニー・モデストに1点を返されたが、40分にマルコ・ヘーガーがドリブル突破からゴールを決める。バイエルン戦を払拭するかのようなプレーで、シャルケが3-1とリードして前半を終えた。

 ところが後半に入ると試合は一変する。48分にホッフェンハイムのロベルト・フィルミーノにPKを決められると、シャルケは防戦一方に。悪い流れを変えられず、61分にはダビド・アブラハムの直接FKで同点に追いつかれた。

 勝ち点3を手にしたいシャルケは、70分に右サイドを突破した内田が倒されてFKのチャンスを得るが、得点に結びつけることができない。終盤は攻勢に転じるも、最後までゴールが遠かった。試合はこのままタイムアップを迎え、シャルケは3-3で引き分けた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130929-00137850-soccerk-socc


関連記事
[ 2013/09/29 ] 内田篤人 | TB(0) | CM(0)

細貝フル出場のヘルタが3発逆転勝ち! 岡崎先発もマインツは4連敗

1: ◆HABUTAw6RU @川 ’ー’川φ ★ 2013/09/29(日) 00:40:31.09 ID:???0

no title

細貝フル出場のヘルタが3発逆転、岡崎マインツは4連敗…
ゲキサカ 9月29日(日)0時28分配信

[9.28 ブンデスリーガ第7節 ヘルタ・ベルリン3-1マインツ]
 ブンデスリーガは28日、第7節2日目を行い、MF細貝萌の所属するヘルタ・ベルリンはホームでFW岡崎慎司の所属するマインツと対戦し、3-1の逆転勝利を飾った。細貝はフル出場し、4試合ぶりの勝利に貢献。リーグ戦は2試合ぶりの先発となった岡崎だが、ゴールを決めることはできず、後半36分に交代した。

 先制したのはマインツだった。前半7分、MFエリック・マキシム・シュポ・モティングの左クロスからMFニコライ・ミュラーが細貝の前に走り込み、右足ワンタッチで流し込んだ。前半はマインツの1点リードで折り返したが、ヘルタは後半開始からFWサミ・アラギを投入すると、この采配が的中した。

 後半立ち上がりの3分、FWアドリアン・ラモスの左クロスにアラギが合わせ、1-1の同点に追いつくと、後半28分にはMFアニス・ベン・ハティラのクロスから再びアラギが勝ち越しゴール。さらに1分後の後半29分、ベン・ハティラのゴールで3-1と突き放した。

 3失点の逆転負けを喫したマインツ。開幕3連勝後の4連敗となり、DFBポカールを含めると泥沼の公式戦5連敗を喫した。

Yahoo!ニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130929-01125902-gekisaka-socc

 ヘルタ・ベルリン 3-1 マインツ
0-1 ニコライ・ミュラー(前8分)
1-1 サミ・アラギ(後5分)
2-1 サミ・アラギ(後29分)
3-1 アニス・ベン・ハティラ(後30分)
◇ ヘルタの細貝萌はフル出場
  マインツの岡崎慎司は先発し後半37分までプレー

http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10438303
http://www.kicker.de/news/fussball/bundesliga/spieltag/1-bundesliga/2013-14/7/1894936/livematch_hertha-bsc-29_1-fsv-mainz-05-30.html
順位表
http://www.bundesliga.com/jp/stats/table/


関連記事
[ 2013/09/29 ] 海外日本人選手 | TB(0) | CM(1)

マンU、ホームで敗れ開幕6試合で3敗目…香川は先発出場、交代後に試合が動く

1: ◆HABUTAw6RU @川 ’ー’川φ ★ 2013/09/29(日) 00:56:10.65 ID:???0

no title

13/14 イングランド プレミアリーグ 第6節

 マンチェスター・ユナイテッド 1-2 ウェスト・ブロムウィッチ
0-1 モルガン・アマルフィタノ(後9分)
1-1 ウェイン・ルーニー(後12分)
1-2 サイド・ベラヒン(後22分)
◇ マンUの香川真司は先発しハーフタイムに交代

http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10437476
http://www1.skysports.com/football/live/match/287340/commentary
順位表
http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/football/eng_prem/table/default.stm

香川が今季プレミア初出場…マンUは連敗喫して6試合で3敗目
SOCCER KING 9月29日(日)0時51分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130929-00137849-soccerk-socc

 プレミアリーグ第6節が28日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uとウェスト・ブロムウィッチが対戦。香川は先発出場した。

 ホームで戦うマンチェスター・Uでは、今シーズンのリーグ戦で初出場となった香川の他、ナニやハビエル・エルナンデス、ウェイン・ルーニーらが先発出場。序盤から押し気味に試合を進めると、34分にはカウンターからチャンスを掴む。左サイドを突破した香川からクロスが上がると、ゴール前でアンデルソンがヘディングシュート。ボールがクロスバーを叩いた跳ね返りをアンデルソンが再びシュートを狙ったが、ゴール上に外れるとともにオフサイドの判定となった。

 38分にも香川がペナルティエリア手前でボールを受け、左足のシュートを放ったが、GKにキャッチされて得点とはならなかった。

 マンチェスター・Uはスコアレスのまま前半を折り返すと、後半開始から香川に代えてアドナン・ヤヌザイを投入。ところが、54分にウェスト・ブロムウィッチのモルガン・アマルフィターノに得点されてしまい、ホームで先手を奪われてしまった。

 マンチェスター・Uは失点直後の57分に、ウェイン・ルーニーが左サイドからFKをゴール前に送ると、直接ゴールネットを揺らしてすぐさま試合を振り出しに戻した。ところが、追いついたもののウェスト・ブロムウィッチにチャンスを作られる展開が続くと、67分にサイド・ベラヒーノにミドルシュートを叩き込まれて、再び勝ち越されてしまった。

 ホームで再度ビハインドを負ったマンチェスター・Uは、途中出場のロビン・ファン・ペルシーらが得点を狙ったが、85分にナニのクロスから後半途中に投入されたマルアン・フェライニがゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定で得点とはならず。結局、同点に追いつけないままタイムアップを迎え、1-2で敗れた。リーグ戦では2連敗となり、6試合で3敗目を喫している。

スポナビ:http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/eusoccer/
Yahoo!スポーツ:http://soccer.yahoo.co.jp/ws/league/?l=52
J SPORTS:http://www.jsports.co.jp/football/premier/


関連記事
[ 2013/09/29 ] 香川真司 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。