NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

モイーズ監督、香川の実力見直す・・・レギュラー獲得に前進か 公式HP編集者が言及

1: れいおφ ★ 2013/10/31(木) 18:52:06.21 ID:???0

no title

 マンチェスター・Uのクラブ公式HPの編集者であるジェームズ・タック氏は、チーム内における日本代表MF香川真司の序列が変化したと語った。クラブ公式HPが伝えている。

 タック氏は29日に行われたキャピタル・ワン・カップ4回戦のノリッジ戦で、香川が欠場したことについて言及。「これまではカップ戦出場を主とするローテーション要員だったが、今はデイヴィッド・モイーズ監督が、次節のリーグ戦の為に休養を与えたい選手の1人になったと見て良い」とコメントした。

 また、モイーズ監督が香川への評価を一変させたのはレアル・ソシエダ戦だと語るタック氏は、「香川は自身の実力をモイーズ監督に証明してみせた。今節対戦するフルアムは、香川がマンチェスター・Uに移籍して初ゴールを記録したチーム。徐々に本来のパフォーマンスレベルを取り戻しているだけに、起用されると期待したい」と述べ、11月2日に行われるプレミアリーグ第10節フルアム戦での香川の活躍に期待を寄せていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/8210567/


関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/10/31 ] 香川真司 | TB(0) | CM(0)

幻のゴールのキースリンク…数々の脅迫に「限界まできている」

190: U-名無しさん@実況はサッカーch 2013/10/31(木) 13:29:41.32 ID:u5PQ2zoB0

no title

幻のゴールのキースリンク…数々の脅迫に「限界まできている」

 今月18日に行われたブンデスリーガのホッフェンハイム戦で幻のゴールを決めたレバークーゼンのMFシュテファン・キースリンクだがファンから数々の脅迫を受け、疲弊しきっているようだ。

 ホッフェンハイム戦でキースリンクの放ったシュートは枠を外れたものの、ボールはサイドネットの穴から内側へ入り、得点が認められると2-1でレバークーゼンが勝利した。その後、ホッフェンハイムは再試合を行うべきだと訴えたが、DFBのスポーツ裁判所は棄却。再試合は行われないことが決まった。

 試合後には「ボールがゴール外側に向かうのが見えた。それから視界が遮られ、入る瞬間は見ていない。だが、その後にゴールマウスの中にあるのを見た。直感的に、GKのオウンゴールかもしれないと思った。いろいろな可能性を考えたが、ゴールネットに穴があるとは思わなかった」と話していたキースリンクだったが、その後の騒動を受け、自身のFacebookで謝罪。

「映像ではっきり見たよ。あれは正しいゴールではなかった。すべてのファンに対して、試合展開について申し訳なく思っている。こういう勝ち方は善いものではない」と投稿した。

 しかし、一部のファンの怒りは収まらずにSNS上でキースリンクを脅迫するファンが出現。キースリンクはアカウントを閉鎖するまでに追い詰められた。レバークーゼンは一連の件について「複数名が彼を罵倒した」として、Facebookのプロフィールの削除を認めている。

 現地メディアによれば自宅にも脅迫文が届いているようで、キースリンクは「限界まできている」とコメントしているという。

http://web.gekisaka.jp/406079_127549_fl

悪いのは審判なのにドイツのお前らはほんとに酷いな


関連記事
[ 2013/10/31 ] 欧州サッカー | TB(0) | CM(0)

新潟FW川又堅碁は“日本鬼子”?…中国で「怖い」「凶悪そう」などと話題に

1: 大梃子φ ★ 2013/10/31(木) 16:26:59.15 ID:???0

日本のFW新星に中国人「怖い」、抗日ドラマの“日本鬼子”を彷彿?

no title


得点力に悩むザックジャパンの新たな“救世主”候補として注目を集めているアルビレックス新潟のFW川又堅碁選手。先日行われた第30節ではザッケローニ監督の御前でハットトリックの活躍を見せて得点ランク2位に躍り出るなどその存在感を高めているが、そんな川又選手に対する注目度がお隣中国でも上がってきた。サッカー選手としての実力はもちろん、その容貌にも関係しているようだ。

微博(中国版ツイッター)上では多くの中国人ユーザーが日本代表関連の情報を発信しており、新しい選手が招集されたり、注目の選手が現れたりすると、その都度紹介されるのが常。川又選手もその得点力が認められ、日本のメディアでも注目株として取り上げられていることから、中国人ファンが注目するのも至って自然なことだろう。

ただ、川又選手の場合はほかの選手と異なり、別の意味でも注目を集めているようだ。それが容貌。掲示板などで紹介されている同選手の写真を見たネットユーザーの一部は「怖い」「凶悪そう」などと感想を漏らす。もちろんこれは冗談半分の意見と思われるが、確かに川又選手の容貌は中国で放映されている抗日ドラマに登場する“日本鬼子”を彷彿させるのも確か。短髪、ちょび髭、つり上がった眉などが、抗日ドラマを見馴れている中国人の“日本鬼子”のステレオタイプなイメージに合致してしまったようだ。

そこから派生してネットでは「(川又選手の)攻撃力は絶対すごいハズだ」「中国代表DFは彼を前にしたらすくみ上がるに違いない」などと面白可笑しく論じられている。ザックジャパンは11月の欧州遠征メンバーをまだ発表しておらず、川又選手が招集されるかどうかも未知数だが、仮に選出されるようなことにでもなれば、中国ではさらに盛り上がりを見せることになるかもしれない。

http://www.narinari.com/smart/news/2013/10/23557/


関連記事
[ 2013/10/31 ] ニュース | TB(0) | CM(1)

ドルトムント、クロップ監督と2018年まで契約を延長したと発表

1: ジェリー大尉φ ★ 2013/10/31(木) 00:11:26.13 ID:???0

no title

ドルトムント クロップ監督と契約延長

 サッカーのドイツ1部リーグ、ドルトムントは30日、ユルゲン・クロップ監督(46)との契約を2018年まで2年間延長したと発表した。

 08年に就任し、日本代表の香川真司(マンチェスター・ユナイテッド)を擁した10~11年、11~12年シーズンにリーグを連覇した。昨季は欧州チャンピオンズリーグで準優勝した。(共同)

スポニチ
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/10/30/kiji/K20131030006915290.html


関連記事
[ 2013/10/31 ] 欧州サッカー | TB(0) | CM(0)

日本と対戦するオランダ、代表にファンペルシー、ロッベン、スナイデルら主力を順当に選出

1: ◆HABUTAw6RU @川 ’ー’川φ ★ 2013/10/31(木) 01:36:21.11 ID:???0

no title

日本と対戦、オランダ代表にファンペルシーら主力が順当に選出
スポニチアネックス 10月31日(木)0時10分配信

 11月16日に国際親善試合(ベルギー・ゲンク)でサッカー日本代表と対戦するオランダ代表のファンハール監督は30日、11月の国際親善試合に向けた暫定の代表選手24人を発表した。

 バロンドール候補にも選ばれたファンペルシー(マンチェスター・ユナイテッド)とロッベン(バイエルン・ミュンヘン)の2人に加え、スナイデル(ガラタサライ)やファンデルファールト(ハンブルガーSV)など主力メンバー級がずらりと名を連ねた。

 オランダ代表は2014年W杯ブラジル大会の欧州予選を無敗で突破。10戦して9勝1分0敗、34得点5失点と他チームを寄せつけない圧倒的な数字を残した。同代表は16日に日本と対戦した後は、19日に本国アムステルダムでコロンビア代表との対戦を予定している。

<オランダ代表メンバー>
【GK】
シレセン (アヤックス)、フォルム(スウォンジー・シティー)

【DF】
ブリント (アヤックス)、ブルマ (PSV)、フェル(ノーリッジ・シティー)、デグズマン (スウォンジー・シティー)、ヤンマート (フェイエノールト)、フラール(アストンビラ)、デフライ(フェイエノールト)、ファンデルビール(パリSG)、ビレムス(PSV)、フェルハーフ(アウグスブルク)、インディ(フェイエノールト)

【MF】
クラーシ (フェイエノールト)、デヨンク(ACミラン)、スハールス(PSV)、スナイデル(ガラタサライ)、ストロートマン(ローマ)、ファンデルファールト (ハンブルガーSV)

【FW】
カイト (フェイエノールト)、ファンペルシー(マンチェスター・ユナイテッド)、ロッベン(バイエルン・ミュンヘン)、デパイ(PSV)、レンス (ディナモ・キエフ)

Yahoo!ニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131030-00000125-spnannex-socc


関連記事
[ 2013/10/31 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

ジエゴ・コスタ、正式にスペイン代表を選択

1: ジェリー大尉φ ★ 2013/10/31(木) 00:21:00.57 ID:???0

no title

ジエゴ・コスタ、正式にスペイン代表を選択

スペインサッカー連盟(RFEF)は29日、アトレティコ・マドリーFWジエゴ・コスタがスペイン代表でプレーすることを正式に選んだと明らかにした。スペイン複数メディアが伝えている。

今季リーガエスパニョーラで開幕から10試合で11得点とゴールを量産しているD・コスタは、ブラジルとスペインの二重国籍を有しており、どちらの代表チームでプレーすることになるのかが大いに注目されていた。

10月にも一旦は本人がスペイン代表を選んだと伝えられていたが、その後ブラジル側が招集への動きを強め、11月の国際親善試合に同選手を招集することを明言。だが最終的に、D・コスタはスペインを選択することになった。

「本日10月29日火曜日の午前、ジエゴ・コスタ選手はスペイン代表でプレーする意志を表明する文書に公証人のもとで署名を行った」とRFEFは声明を出している。

スペイン代表は11月にアフリカ遠征を行い、15日にアンゴラ代表、19日に南アフリカ代表との親善試合を予定している。D・コスタは早ければこの2試合からの出場が可能となる。ビセンテ・デル・ボスケ監督が同選手を招集するのかどうか、注目が集まることになりそうだ。

GOAL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131030-00000012-goal-socc


関連記事
[ 2013/10/31 ] 欧州サッカー | TB(0) | CM(0)

マンUが4得点大勝でリーグ杯ベスト8進出…香川は欠場

no title

マンUが公式戦3連勝、4得点大勝でリーグ杯ベスト8進出…香川は欠場
SOCCER KING 10月30日(水)6時46分配信

 キャピタル・ワン・カップ4回戦が29日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uとノリッジが対戦。直近の公式戦で2試合連続フル出場をしていた香川はベンチ外となり欠場した。

 ホームゲームに臨んだマンチェスター・Uは20分、ペナルティエリア内でアドナン・ヤヌザイが倒されてPKを獲得すると、ハビエル・エルナンデスが決めて、先制。前半はマンチェスター・Uがリードして折り返す。

 後半に入り、54分にマンチェスター・Uは、アレクサンデル・ビュットネルの左クロスをエリア内中央のエルナンデスが頭で合わせると、いったんはGKに弾かれるものの、こぼれ球を再び頭で押し込み、追加点を挙げる。

 87分にゴール前の混戦から、エリア内中央でボレーシュートをフィル・ジョーンズ決めたマンチェスター・Uが試合を決定づけると、アディショナルタイムにも投入直後のファビオ・ダ・シウヴァが得点し、4-0と大勝を収めた。

 勝利したマンチェスター・Uはベスト8進出が決まり、公式戦3連勝となった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131030-00144664-soccerk-socc


関連記事
[ 2013/10/30 ] 欧州サッカー | TB(0) | CM(0)

宮市先発も…アーセナルがチェルシーに完封負けでリーグ杯敗退

no title

宮市先発のアーセナル、チェルシーに完封負けでリーグ杯敗退
SOCCER KING 10月30日(水)6時36分配信

 キャピタル・ワン・カップ4回戦が29日に行われ、日本代表FW宮市亮の所属するアーセナルとチェルシーが対戦。宮市は先発出場を果たした。

 アーセナルは宮市の他、アーロン・ラムジー、ジャック・ウィルシャーらが先発出場。一方のチェルシーは、フアン・マタ、ダヴィド・ルイス、サミュエル・エトーらが先発メンバーに名を連ねた。

 宮市は開始早々の4分、GKウカシュ・ファビアンスキからのフィードに反応し、相手最終ラインの裏を取ると、右サイドからクロスボールを供給。パスはつながらなかったが、積極的な動きを見せる。17分には、左サイドでパスを受け、カットインからシュートを放ったが、相手DFにブロックされた。そして宮市は22分、ラムジーからの浮き球のスルーパスに抜け出し、GKマーク・シュウォーツァーより先にボールに触ってかわしたものの、カバーに入ったチェルシーDFにクリアされ、シュートを打つには至らなかった。

 先制点を奪ったのはチェルシーだった。25分、アーセナルのカール・ジェンキンソンがGKへ送ったバックパスに、チェルシーのセサル・アスピリクエタがいち早く反応。右足で押し込み、ゴールネットを揺らした。前半はチェルシーが1点をリードして終えた。

 1点を追うアーセナルは、64分、宮市に代えてメスト・エジルを投入。宮市は得点に絡むことはできなかった。直後の66分、チェルシーが追加点を奪う。マタが右足シュートを決め、リードを2点に広げた。

 アーセナルはオリヴィエ・ジルーらを投入して打開を図るが、最後までゴールを奪うことはできず。試合は2-0で終了し、チェルシーが4回戦突破を決めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131030-00144662-soccerk-socc


関連記事
[ 2013/10/30 ] 海外日本人選手 | TB(0) | CM(0)

長友が10試合連続フル出場のインテル、敵地でアタランタとドロー

1: ◆HABUTAw6RU @川 ’ー’川φ ★ 2013/10/30(水) 06:40:51.50 ID:???0

no title

13/14 イタリア セリエA 第10節

 アタランタ 1-1 インテル
0-1 リッキー・アルヴァレス(前16分)
1-1 ジェルマン・デニス(前25分)
◇ インテルの長友佑都はフル出場

http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10445533
http://www.gazzetta.it/trsport/tempo-reale/tabellino.shtml?match_config=717648.json&comp=21&day=10
先発フォーメーション図
no title

順位表
http://www.corrieredellosport.it/live/SerieA/classifica.shtml

インテルは今季4度目ドロー…長友は10試合連続フル出場
ゲキサカ 10月30日(水)6時36分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131030-01127512-gekisaka-socc

長友がリーグ10戦連続フル出場のインテル、敵地でアタランタとドロー
SOCCER KING 10月30日(水)6時37分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131030-00144661-soccerk-socc

 セリエA第10節が29日に行われ、アタランタと日本代表DF長友佑都の所属するインテルが対戦。長友は3-5-2の左サイドハーフとして先発出場した。

 最初にチャンスを掴んだのはアタランタ。9分にFKからボールがゴール前に送られると、GKサミール・ハンダノヴィッチが弾いたボールをミケーレ・カニーニがヘディングで無人のゴールへ押し込むが、戻ったフレディ・グアリンがクリアした。

 一方のインテルは16分、マテオ・コヴァチッチの右クロスをロドリゴ・パラシオが頭で落とし、エリア内右でボールを受けたリカルド・アルバレスがゴール右へシュートを決め、先制する。

 ホームのアタランタは、25分にマキシミリアーノ・モラレスの右サイドからのクロスを、エリア内中央でワルテル・サムエルに競り勝ったヘルマン・デニスがヘディングシュートを決めて、同点とする。その後、アタランタが優勢に試合を進めるが、前半は1-1のまま折り返す。

 インテルは守護神のハンダノヴィッチが前半に右脇腹付近を痛め、ハーフタイムにフアン・パブロ・カリーソとの交代を余儀なくされる。

 60分にインテルはアルバレスのスルーパスに抜け出したパラシオがGKをかわしてシュートをゴールに流し込んだがオフサイドの判定でノーゴールに。73分には途中出場のマウロ・イカルディがエリア内右からシュートするが、右ゴールポストに当ててしまった。

 アタランタは83分にCKからマリオ・ジェペスに決定機が訪れるが、ゴール前でのシュートはGKカリーソの正面を突き、防がれてしまった。試合はそのまま終了し、1-1の引き分けに終わった。インテルは今シーズン、4試合目のドロー。なお、長友は開幕からリーグ戦10試合連続フル出場となった。

スポナビ:http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/eusoccer/
Yahoo!スポーツ:http://soccer.yahoo.co.jp/ws/league/?l=53
SKY PerfecTV!:http://soccer.skyperfectv.co.jp/serie
FOX bs238:http://foxbs238.tv/#!lineup/246


関連記事
[ 2013/10/30 ] 長友佑都 | TB(0) | CM(0)

注意したい日本人選手の海外挑戦 リスクある東欧移籍、明るみになった理不尽だらけの実情

1: レコバたんヽ(゜∀。)ノφ ★ 2013/10/30(水) 03:30:16.43 ID:???0

no title

トラブルの多い東欧への挑戦
 華々しいイメージで描かれることも多い、日本人選手の海外挑戦。しかし中には、戦術的・技術的な理由ではなく、ピッチ外におけるトラブルが原因で帰国を余儀なくされるケースが存在する。

 2012年には、クロアチアに移籍した伊野波雅彦はハイドゥク・スプリトから給料が払われず退団(編注:クラブは伊野波に非があると主張)。また、スロバキアのMSKリマフスカ・ソバタに所属していた中村祐輝も、サポーターによる人種差別が原因で日本に帰国した。

★給料未払いの多いモンテネグロ、八百長が蔓延するカザフスタン

 給料の受け取り状況が最も深刻なのがモンテネグロだ。「所属先のクラブから期日通りに給料が支払われているか」との問いに対し、「はい」と答えた選手の割合はわずか6.0%となっている。

 同じ質問で最も高い割合だったのはロシアとウクライナで、それぞれ84.8%と84.5%の選手が期日通りに支払われると答えている。12か国平均では58.6%で、伊野波が給料支払い遅滞を理由に去ったクロアチアですら39.8%だ。12か国で唯一の一桁台であるモンテネグロは、他国と比べても特段劣悪な受給状況にあると言えよう。

 給料支払いの遅滞の理由として、一般的に思い浮かぶのが「資金不足」だ。実際に12か国全体で見ても、93.0%が資金不足を理由として挙げている。しかしカザフスタンだけは他と大きく異なる結果を差し示している。

 クラブによる給料支払いの遅滞を、他国同様に資金不足が原因と回答した選手はわずか56.8%に留まり、40.9%(つまり残りの選手のほぼ全て)が、「給料の減額を選手に受け入れさせるため」にクラブが給料支払いを遅滞させていると回答している。
以下リンク先を参照してください
★横暴なファンを抱えるチェコ、問題の多いギリシャ
★有力者が選手を脅迫するセルビア
★リスク回避のための3つの方策
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131029-00000002-footballc-socc&p=1


関連記事
[ 2013/10/30 ] ニュース | TB(0) | CM(4)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。