NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オシム氏、W杯に臨む日本代表にエール「技術があり、自信を持って走ればサプライズは起きる。奇跡を起こすことは可能だ」

1: かばほ~るφ ★ 2014/02/24(月) 12:17:56.26 ID:???0

no title

「W杯で奇跡起こせる」オシム氏、日本にエール

 【サラエボ=青柳庸介】サッカーの元日本代表監督のイビチャ・オシム氏(72)が22日、サラエボ市内で読売新聞の単独インタビューに応じた。

 6月にブラジルで開幕するワールドカップ(W杯)に臨む日本代表について、「技術があり、自信を持って走れば、サプライズは起きる。奇跡を起こすことは可能だ」と語った。

 日本のエースであるMF本田圭佑のACミラン(イタリア)移籍を「大きなステップアップ。よりレベルの高い選手たちとプレーできる環境になり、着実に前進している」と評価。一方、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)で出場機会が減っているMF香川真司については「ドルトムント(独)では才能ある若い選手がそろい、香川も溶け込んでいた。活発な移籍は世界的な流れだが、不思議な決断でもあった。ドルトムントの方が、香川に合っていた」と述べた。

 日本がコートジボワール、ギリシャ、コロンビアと対戦するW杯のグループリーグに関しては、「自分たちのプレーの質を信じれば、3チームに勝てる。規律も素晴らしく、アグレッシブな選手も増えた。相手は日本を恐れるはずだ。(昨秋の欧州遠征で)ベルギー、オランダと渡り合ったのだから」と期待を寄せた。(2014年2月24日10時57分 読売新聞)

YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/sports/soccer/representative/news/20140224-OYT1T00226.htm


関連記事
[ 2014/02/24 ] 日本代表 | TB(0) | CM(1)

本田圭佑に現地記者が高評価!コリエレ紙記者「6.5点。重要な仕事をし貢献」 ガゼッタ紙記者「6点か6.5点。本田のプレーが気に入った」

1: ブリーフ仮面φ ★ 2014/02/24(月) 18:42:28.91 ID:???0

no title

前節までとは一変。本田圭佑に現地記者が高評価「監督の要求に初めて応えた」「真ん中かサイドかは問題ではない」
2014年02月24日(編集部)

 23日のサンプドリア戦、ACミランの本田圭佑は先発フル出場を果たし、チームの勝利に貢献した。前節まではイタリアメディアから厳しい評価が下されていた本田だったが、この試合で一変。現地はこの日のパフォーマンスに好印象を抱いたようだ。

◆「最近のパフォーマンスは少し曇っていたが、また取り戻してきた」

 23日アウェイのサンプドリア戦、右の攻撃的MFで先発フル出場を果たしたACミランMF本田圭佑について、最近の試合で酷評を続けた番記者が評価を一変させた。

 イタリア最大紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」のマルコ・パゾット記者は「今日の本田は良かった。6点か6.5点だな」と合格点を付けた。

「今日は前回のボローニャ戦よりも、本田のプレーが気に入った。ミラン移籍直後は前進し、最近のパフォーマンスは少し曇っていたが、また取り戻してきた。今日は戦術的に、すべきことをよくやっていた。やっとだが、守備の仕事も巧くこなしていた。前回の試合までは、まだできていなかったことが、今日はできていた。フィジカルも、フレッシュな足を取り戻している」

 攻守に運動量を求められるサイドとしての機能性を高めることができたことが、評価を取り戻した最大の要因のようだ。

>>2-5辺りに続く)

フットボールチャンネル
http://www.footballchannel.jp/2014/02/24/post27873/


関連記事
[ 2014/02/24 ] 本田圭佑 | TB(0) | CM(0)

マンU香川、ドルトムントMFギュンドガンとの交換トレード要員に?

1: ぽてぽんφ ★ 2014/02/24(月) 12:40:57.53 ID:???0

no title

マンU香川6戦連続出番なし 境遇は厳しくなるばかり

 マンチェスターUの日本代表MF香川はベンチ入りしたが、出番はなかった。

 リーグ戦はこれで6戦連続出場なしと屈辱的な状況に陥っている。23日付の地元紙デーリー・スター・サンデーはマンチェスターUは新たにドルトムントのドイツ代表MFギュンドガンの獲得に近づいており、自信を見せていると伝えた。同紙はギュンドガンとの交換トレード要員に香川の名前を挙げるなど日本代表MFの境遇は厳しさを増すばかりだ。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/02/24/kiji/K20140224007651860.html


関連記事
[ 2014/02/24 ] 香川真司 | TB(0) | CM(0)

セードルフ「本田は右サイドで問題ない、クオリティある選手はすべての位置でやれる」

1: ぽてぽんφ ★ 2014/02/24(月) 11:22:32.74 ID:???0

no title

ミランは23日、セリエA第25節でサンプドリアと対戦し、敵地で2-0と勝利を収めた。クラレンス・セードルフ監督は満足感を表している。一方で、MF本田圭佑について、ポジションの問題はないとも話した。

12分にMFアデル・ターラブのゴールで先制したミランは、後半にDFアディル・ラミが追加点。退場者を出したサンプドリアにゴールを許さず、2連勝を飾った。

セードルフ監督は試合後、イタリア『スカイ・スポーツ』で次のように語った。

(中略)

ただ、チーム全体がますます良くなっているんだ。ターラブ? 彼のポジションは一つで決まっているのではない。2列目の3つのポジションすべてをこなせる。彼をどこに置けるのか、試合ごとに見ていくが、今やっていることには満足しているよ」

FWジャンパオロ・パッツィーニとFWマリオ・バロテッリの併用については、こう述べている。

「センターフォワードは2人なんだ。(アンドレア・)ペターニャはまだ成長しなければいけない。これだけ重要な2人の代わりを務める責任を彼に負わせることはできないよ。(パッツィーニとバロテッリが)一緒にプレーするときもあるだろうが、今はこのやり方で続ける」

2連勝のミランは欧州カップ戦出場圏に近づくことを願っているだろう。だが、セードルフ監督は順位を意識せずに成長を続けなければいけないと語った。

「今は順位表を見ていない。見たら気が狂ってしまうからね。とにかく試合ごとに考えていき、パフォーマンスを向上させていこう。そしてシーズンが終わったときにどうなるかを見てみようじゃないか」

ミランは次節、王者ユヴェントスをホームに迎える。

「彼らは素晴らしいことをやっている。試合への準備は1週間あるね。我々はホームだ。勝利を目指すよ」

また、セードルフ監督は試合後の会見で、右サイドで起用している本田圭佑のポジションについて、次のように語った。クラブの公式ウェブサイトが伝えている。

「本田がいつも右サイド? 私はあそこで彼は良いと見ている。彼には素晴らしいクオリティーがあり、相手を大きく苦しめた。クオリティーのある選手は、ほぼすべての位置でプレーできる。ポジションに関する問題はない」

(全文)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140224-00000049-goal-socc


関連記事
[ 2014/02/24 ] 本田圭佑 | TB(0) | CM(2)

ハーフナーが今季6点目! フィテッセは逆転勝ちで6試合ぶり白星

1: ◆HABUTAw6RU @川 ’ー’川φ ★ 2014/02/24(月) 00:35:30.74 ID:???0

13/14 オランダ エールディビジ 第25節

 フィテッセ 3-1 RKC
0-1 ケニー・アンダーソン(前14分)
1-1 ハーフナー・マイク(後5分)
2-1 バレリ・カザイシュヴィリ(後7分)
3-1 クリスティアン・アツ(後23分)
◇ フィテッセのハーフナー・マイクは先発し後半44分までプレー

http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10437332
http://www.vi.nl/matchcenter/wedstrijd.htm?matchId=1478554
順位表
http://soccer.yahoo.co.jp/ws/standing/?l=2

ハーフナー、14年初ゴール!!フィテッセは逆転勝利で6試合ぶり白星
ゲキサカ 2月24日(月)0時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140224-00133038-gekisaka-socc

[2.23 エールディビジ第25節 フィテッセ3-1RKC]

 エールディビジは23日、第25節3日目を行い、FWハーフナー・マイクの所属するフィテッセはホームでRKCと対戦し、3-1で勝利した。ハーフナーは、0-1で迎えた後半10分に今季6点目となる同点ゴールを挙げ、勝利に大きく貢献。同44分までプレーした。

 直近3試合が無得点に終わり、攻撃陣が不調のフィテッセ。この日もラストパスで精度を欠き、シュートまでうまく持ち込むことができない。すると、前半14分にカウンター受け、先制点を許してしまう。その直後、フィテッセは左サイドの高い位置でボールを奪い、決定機を迎えるがMFバートランド・トラオレの左足シュートはGKの好セーブに阻まれた。

 0-1で前半を折り返したフィテッセだったが、後半10分にハーフナーの左足がゲームの流れを変える。左サイドでボールを受けたDFサム・ハッチソンがクロスを上げると、ゴール前に走りこんだハーフナーが倒れ込みながら左足で合わせ、1-1。試合を振り出しに戻した。

 ハーフナーの2014年初ゴールで勢いに乗るフィテッセは、後半12分にMFワレリー・カザイシュビリがゴールを決め、2-1。逆転に成功すると、同23分、FWレナト・イバーラのシュートはDFにブロックされるが、こぼれ球に反応したFWクリスティアン・アツが左足ダイレクトでゴールに流し込み、3-1とリードを広げた。

 その後もフィテッセが試合の主導権を握るが、追加点は生まれず、3-1で試合終了。フィテッセが6試合ぶりの白星を挙げ、暫定3位に浮上した。

スポナビ:http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/eusoccer/
Yahoo!スポーツ:http://soccer.yahoo.co.jp/ws/league/?l=2
J SPORTS:http://www.jsports.co.jp/football/netherlands/

no title



関連記事
[ 2014/02/24 ] 海外日本人選手 | TB(0) | CM(2)

ヤングボーイズ久保裕也、2ゴールで勝利の立役者に! 今季6点目

1: ◆HABUTAw6RU @川 ’ー’川φ ★ 2014/02/24(月) 00:29:16.07 ID:???0

no title

ヤング・ボーイズ久保、2得点で勝利の立役者に
GOAL 2月24日(月)0時15分配信

23日に行われたスイス・スーパーリーグ第22節の試合で、ヤング・ボーイズFW久保裕也はアウェーでのルツェルン戦に先発し、2ゴールを記録して2-1の勝利に大きく貢献した。

2試合連続、今季4度目の先発に起用された久保は前半10分にヘディングで先制点を記録。55分にも追加点を記録し、82分に交代するまでプレーした。ヤング・ボーイズは1点を返されながらも2-1で勝利を収めて2連勝としている。

久保の得点は12月1日のバーゼル戦以来6試合ぶり。今季リーグ戦の通算得点は22試合の出場で6得点となった。1試合2得点は今季2度目のことだ。

ヤング・ボーイズはこの勝利で、首位バーゼルとの差を暫定2ポイントに縮めている。

Yahoo!ニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140224-00000037-goal-socc

Luzern vs. Young Boys 1 - 2
http://int.soccerway.com/matches/2014/02/23/switzerland/super-league/fc-luzern/bsc-young-boys-bern/1481288/?ICID=HP_MS_293_01
順位表
http://www.fuoriclasse2.com/cgi-bin/classif.cgi?swiss&1314&140223


関連記事
[ 2014/02/24 ] 海外日本人選手 | TB(0) | CM(0)

長友の好クロスがゴールを生むも…インテルはカリアリとドローで連勝ストップ

1: ◆HABUTAw6RU @川 ’ー’川φ ★ 2014/02/24(月) 01:03:20.69 ID:???0

no title

13/14 イタリア セリエA 第25節

 インテル 1-1 カリアリ
0-1 マウリシオ・ピニーラ(前40分)PK
1-1 ロランド(後7分)
◇ インテルの長友佑都はフル出場

http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10445684
http://www.speciali.raisport.rai.it/live/live.shtml?356947
先発フォーメーション図
no title

順位表
http://www.gazzetta.it/speciali/risultati_classifiche/2014/calcio/seriea/classifica.shtml

長友の好クロスがゴールを生むも、インテルはドロー
GOAL 2月24日(月)1時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140224-00000040-goal-socc

23日に行われたセリエA第25節、インテル対カリアリの一戦は、1ー1の引き分けに終わった。インテルの長友佑都は左サイドハーフでフル出場。良いクロスを連発し、52分にはゴールにつながるパスも出している。

今シーズン初の3連勝を目指すインテルは、エルナネスが軽度の負傷で欠場となり、アルバレスが先発で出場する。対するカリアリはコンティが出場停止。連敗中の悪い流れを断ち切りたいが、やや不安材料が多いように見えた。

しかし、立ち上がりはカリアリが良いスタートを切る。イバルボの個人技がインテルの守備陣を苦しめて、まずまずの序盤となった。その後、しばらくはオープンな戦いが続くが、決定機の数は多くなく、0ー0で進んでいく。

そんな中、インテルは不運な形で先手を取られる。38分、相手の中距離のパスにサムエルが足を伸ばしたが届かずに後方に流れると、フアン・ヘススの手に当たってしまう。これで与えたPKをピニージャに決められて、インテルは0ー1で折り返した。

するとインテルは、後半のスタートから前節ゴールを挙げたイカルディを投入する。48分には、いきなりイカルディがチャンスに顔を出し、存在感を示した。

52分には、前節のホットラインが再びゴールを呼び込んだ。左サイドの長友がファーサイドにクロスを上げると、ふくらんだイカルディがヘディング。中央に折り返したボールをフアン・ヘススが押し込んで、同点に追いつく。

これで勢いづいたインテルは、良い時間帯をつくる。しかし、相手GKアブラモフのスーパーセーブなどに遭い、一気に勝ち越すことができない。

同点弾後の圧力が薄れ始めた後も、長友が左サイドから良いクロスを送り込んだが、やはり得点にはつながらず。66分にコバチッチ、78分にボッタを投入し、逆転弾を奪うために手を尽くした。

終盤はインテルが怒とうの攻撃。長友は左右どちらの足でも質の高いクロスを入れて、多くの好機をつくった。しかし、味方のヘディングがクロスバーに嫌われるなど運もなく、最後まで逆転弾は決まらない。

結局、1ー1のまま試合は終了し、インテルの連勝はまた2で止まった。

長友が同点弾を演出…インテルはホームで勝ち切れず、連勝ストップ
SOCCER KING 2月24日(月)0時50分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140224-00170610-soccerk-socc

スポナビ:http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/eusoccer/
Yahoo!スポーツ:http://soccer.yahoo.co.jp/ws/league/?l=53
SKY PerfecTV!:http://soccer.skyperfectv.co.jp/serie
FOX SPORTS:http://www.foxsports.jp/program_info/241


関連記事
[ 2014/02/24 ] 長友佑都 | TB(0) | CM(0)

ミランがサンプドリアに完勝! 本田は4試合ぶりフル出場で勝利に貢献

1: ◆HABUTAw6RU @川 ’ー’川φ ★ 2014/02/24(月) 00:54:36.60 ID:???0

no title

13/14 イタリア セリエA 第25節

 サンプドリア 0-2 ミラン
0-1 アデル・タラブト(前12分)
0-2 アディル・ラミ(後13分)
■ サンプドリア、マクシ・ロペスがイエロー2枚目で退場(後28分)
◇ ミランの本田圭佑はフル出場

http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10445689
http://www.speciali.raisport.rai.it/live/live.shtml?356952
先発フォーメーション図
no title

順位表
http://www.gazzetta.it/speciali/risultati_classifiche/2014/calcio/seriea/classifica.shtml

ミランがサンプドリアに完勝、フル出場の本田が先制点の起点に
ゲキサカ 2月24日(月)0時49分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140224-00133039-gekisaka-socc

[2.23 セリエA第25節 サンプドリア0-2ミラン]

 セリエAは23日、第25節を行った。日本代表MF本田圭佑の所属するミランは敵地でサンプドリアと対戦し、2-0で勝利した。先発出場した本田は、1月26日のカリアリ戦以来、ミラン加入後2試合目のフル出場。前半12分の先制点の場面では起点となるなど、存在感を見せ、勝利に貢献した。

 ミランは19日に欧州CL決勝トーナメント1回戦第1戦のA・マドリー戦(0-1)を戦ったが、本田は規定により出場出来なかった。だがリーグ戦では2試合連続のスタメン出場を果たした本田。MFカカがベンチスタートとなったことでトップ下での出場も期待されたが、2列目は右から本田、MFリッカルド・サポナーラ、MFアデル・ターラブトという並びになった。右肩の負傷で離脱が発表されたFWマリオ・バロテッリに代わって、1トップにはFWジャンパオロ・パッツィーニが入った。

 前節のボローニャ戦は後半21分まで出場したが、本田は交代の際にブーイングを浴びるなど、セリエAの洗礼を浴びることになった。だがこの日は汚名返上とばかりに積極的にゴールを目指すプレーを見せる。すると前半12分、相手のクリアボールを本田が高い位置でカットすると、右サイドのDFラミにパス。ラミがクロスボールを入れると、ファーサイドから猛然と走り込んだターラブトがヘディングシュート。一度はGKに阻まれたが、跳ね返りを押し込み、ミランが幸先よく先制に成功した。

 先制点を奪ったミランだが、その後も積極的に追加点を奪いに行く。本田も17分、中央に切り込み、やや強引にミドルシュート。27分にはDFケビン・コンスタントのクロスを受けると左足シュート。いずれもきっちり枠を捕えることはなかったが、前半はミランが完全に主導権を握りながらゲームを進めた。

 後半に入っても攻勢を続けるミランは13分、右サイドからのCKを獲得すると、本田がショートコーナーを入れる。受けたターラブトがクロスを挙げると、パッツィーニとGKが競り合ったボールはそのままファーに流れる。これを待ち受けたDFラミが押し込み、難なく追加点を奪った。

 終盤はカードが飛び交う激しい展開に。27分にサンプドリアFWマキシ・ロペスが2枚目のイエローカードを受けて退場。同32分には本田もイエローカードを受けてしまった。

 相手が10人になったことでさらに余裕の出たミラン。37分に一瞬の隙を突かれてピンチを迎えるが、GKマルコ・アメリアが渾身のセーブで弾き出すなど、最後まで集中力を切らさなかった。このまま2-0で逃げ切ったミランはリーグ戦2連勝を飾り、勝ち点を35に伸ばした。

本田は4試合ぶりフル出場で勝利貢献…ミラン完封でリーグ戦2連勝
SOCCER KING 2月24日(月)0時49分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140224-00170608-soccerk-socc

スポナビ:http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/eusoccer/
Yahoo!スポーツ:http://soccer.yahoo.co.jp/ws/league/?l=53
SKY PerfecTV!:http://soccer.skyperfectv.co.jp/serie
FOX SPORTS:http://www.foxsports.jp/program_info/241


関連記事
[ 2014/02/24 ] 本田圭佑 | TB(0) | CM(0)

同点ゴール後にチームを引っ張る大迫【動画】

952: 名無しに人種はない@実況はサッカーch 2014/02/23(日) 13:07:28.93 ID:diy9nPSL0

大迫さん祝福しにきた選手に戻れやぁ! キャップテンっすわ。
http://www.youtube.com/watch?v=MSNdaFWDkwo



962: 名無しに人種はない@実況はサッカーch 2014/02/23(日) 13:55:40.70 ID:LeYV+3tW0

>>952
実際大迫キャプテンにした方がいいな


964: 名無しに人種はない@実況はサッカーch 2014/02/23(日) 14:19:47.04 ID:gk8KqEAS0

>>952
かっこいいな
この調子でチームを引っ張ってほしい


関連記事
[ 2014/02/23 ] 大迫勇也 | TB(0) | CM(0)

ネイマール「金で自分を売ることはない」 06年にマドリー入り断った理由明かす

1: チリ人φ ★ 2014/02/22(土) 23:37:28.46 ID:???0

no title

 バルセロナFWネイマールが、自身の父親との会話をベースとした自伝で、2006年にレアル・マドリード加入の可能性があったことに言及している。

 2006年、当時14歳だったネイマールを下部組織の練習に参加させたマドリー。一部では、マドリーが6万ユーロの支払いを渋ったことで獲得が実現しなかったと報じられていたが、ネイマールと父親はクラブではなく、彼らからオファーに断りを入れたと振り返っている。

 ネイマールは自伝の中で、マドリーのオファーを断った理由を「金によって自分を売ることはない。(金は)助けとなるが、僕の人生を左右するわけではない」との意見を伝えた。またネイマールの父親も、「息子の幸せを買えるだけの金が、マドリーには存在しなかった」との見解を示している。

 ネイマールの父親はまた、大きな騒動となっているバルセロナの同選手獲得オペレーションについても言及。「大きな責任をもって行われたことだ。バルサとの交渉は全員に満足感を与えた。我々はとてもうまいやり方をした」と、正当性を訴えている。

http://www.sanspo.com/soccer/news/20140222/spa14022222540004-n1.html


関連記事
[ 2014/02/23 ] ニュース | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。