NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

噛みつかれたキエッリーニがスアレスに気遣い「重過ぎる処分だ」

no title

“噛みつかれた”キエッリーニ スアレスに気遣い「処分重過ぎる」

 イタリアのDFキエッリーニが27日、自身の公式サイトでウルグアイのFWスアレスとの間に起きた“噛みつき騒動”に対する思いを語った。

 ワールドカップ(W杯)ブラジル大会の1次リーグD組最終戦、イタリア―ウルグアイ戦の後半34分、ペナルティーエリア内でスアレスがキエッリーニはともつれ合いながら倒れ込んだ際、相手の左肩に噛みついた疑惑が持たれていた。これを受け国際サッカー連盟(FIFA)はスアレスに代表戦9試合の出場停止と、サッカーに関するあらゆる活動を4カ月禁止する処分を科した。

 この件についてはキエッリーニは「ピッチ上で起きたことは終わったことで、スアレスに怒りや復しゅうの気持ちはない」とし、「今あるのは試合に負けたことに対する怒りと失望だけだ」とつづった。

 さらに「考えるのはスアレスと家族のことだけだ。彼らはとても厳しい事態を迎えるだろう」と相手のことを気遣い、スタジアムへの入場も禁ずるという処分に「重過ぎる処分だ。少なくとも試合中チームメートの近くにいられるよう許されることを望む」と思いを明かした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140627-00000128-spnannex-socc

関連記事
スアレスに代表戦9試合出場停止と4か月間の活動停止処分

関連記事
[ 2014/06/27 ] ニュース | TB(0) | CM(1)

ガーナ代表、規律違反のムンタリとボアテングを追放…ボアテングは反論

no title

ガーナ、ムンタリ&ボアテングを追放

26日、ワールドカップ(W杯)・グループG最終節でポルトガルと対戦するガーナは、MFケヴィン=プリンス・ボアテングとMFサリー・ムンタリを欠くことになった。ガーナサッカー連盟が発表している。

2人は規律違反でチームを去るという。ボアテングが監督との口論で暴言を吐き、ムンタリは代表スタッフに暴力的な行為があったとも報じられている。

ボアテングはドイツ『シュポルト・ビルト』とのインタビューで状況を説明。同選手は代表から離れることを認めたが、チームで起きたことについては異なると主張している。

「昨日の練習で起きたことだ。ムンタリと僕が競り合って、からかいあっていたんだ。彼は僕が手を使ったと言ってきて、僕は否定した。それから彼に『君は主審かい?』って笑いながら言ったんだ」

「僕たちは2人とも笑っていたけど、監督が練習を中断して、『なぜ笑っているんだ?』と聞いてきた。僕たちは何も問題ないと答えたけど、ドレッシングルームに行くよう言われたね」

「練習が終わってから監督と話し、僕の何が気に入らないかを聞いた。そうしたら、怒鳴られたし、暴言も吐かれた」

「そして今朝、追放されたことを知った。それは受け入れる。でも、僕は監督を侮辱していないし、望ましくない行為はしてないと知ってほしい。これからここを離れる。チームメートにはW杯で、そしてポルトガル戦に向けて、幸運を祈っているよ」

ガーナはポルトガルに勝利すれば、グループ2位に入る可能性が残されている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140626-00000067-goal-socc

関連記事
[ 2014/06/27 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

スアレスに代表戦9試合出場停止と4か月間の活動停止処分

no title

L・スアレス、代表戦9試合&4カ月間の活動停止処分

FIFAは26日、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスに対する処分を発表した。

24日に行われたワールドカップ(W杯)・グループD最終節のイタリア戦で、DFジョルジョ・キエッリーニにかみついた疑惑を持たれていたL・スアレス。FIFAはリヴァプールFWに対して、代表戦9試合の出場停止及び、今後4カ月間の活動停止を命じた。

これによってウルグアイ代表FWは、決勝トーナメントを戦うことなく、ブラジルW杯を終えることが決定。加えて現所属先であるリヴァプール、またバルセロナなど移籍先として噂されるクラブでも、10月終盤まで試合に出場することができなくなった。

L・スアレスは以上の処分のほか、あらゆるスポーツ施設への入場を禁止され、さらに10万スイスフラン(約1100万円)の罰金を科されている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140626-00000068-goal-socc

関連記事
[ 2014/06/26 ] ニュース | TB(0) | CM(2)

ザッケローニ監督が記者会見で退任を表明

no title

GL敗退から一夜明け…ザックが記者会見で退任表明

 1分2敗でグループリーグ敗退が決まったコロンビア戦(1-4)から一夜明けた25日(日本時間26日未明)、日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督がベースキャンプ地のイトゥで記者会見を行い、日本代表監督を退任する意向を明らかにした。

 記者会見でザッケローニ監督は「今朝、協会の方々と話をした。ランチの時間には選手に話をした」としたうえで、「私は日本代表を離れなければならないと思っている。日本代表に足りないものを新しい監督が埋め合わせ、このチームをさらに強くしていく時期が来たのかなと思う」と述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140626-00136791-gekisaka-socc

関連記事
[ 2014/06/26 ] 日本代表 | TB(0) | CM(0)

試合後、長友を慰めるグアリン「チームメートの長友の想いとともに」【画像】

no title

長友との友情…グアリンの写真投稿が反響呼ぶ

 コロンビア代表は24日、グループリーグ第3戦で日本代表と対戦し、4-1で勝利した。グループリーグ3連勝を飾ったコロンビアは、C組1位で決勝トーナメントに進出した。

 試合後、コロンビア代表MFフレディ・グアリンは、自身のInstagram(インスタグラム)に、インテルで共にプレーするDF長友佑都との背中越しの2ショット写真を掲載。「この偉大な勝利にとても満足している。まだ夢を見続けることが出来る。友人、そしてチームメートの長友の想いとともに」とコメントを付けて投稿した。

 この投稿に日本の多くのファンも反応。大きな反響を呼んでいる。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140625-00136786-gekisaka-socc

関連記事
[ 2014/06/25 ] ネタ 画像 動画 | TB(0) | CM(0)

内田篤人、代表引退の可能性を示唆「ちょっと前からずっと考えていた」

no title

内田篤人、日本代表引退の可能性を示唆「ずっと思っていた」

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第3節が24日に行われ、日本代表とコロンビア代表が対戦。コロンビアが4-1で勝利し、3連勝でグループリーグ首位通過を決めた。敗れた日本は1分2敗のグループ最下位で2大会ぶりにグループリーグで姿を消すこととなった。

 同試合にフル出場した内田篤人は試合後、「自分たちが努力してきた部分が報われないというのは、本当に残念ですけど、勝負の世界はタラればもないですし、勝ち負けが出るスポーツなので、しょうがないかなと思います」と、割り切ったコメントを残す。

 1分2敗、コロンビア戦では4失点を喫する内容となったが、「難しいゲームにしてしまったのは自分たちですから、まだまだ未熟ですし、世界が近づいてきてはいるんですけど、まだまだ広いというのを、この大会を通じて思ったわけではないですけど、前から思っていたことなので、それが結果として現れただけかなと思います」と続け、振り返った。

 さらに代表引退の可能性を問われると、「考えています。日本に帰って少し休んで。そのことに関しては今から考えることではないし、ちょっと前からずっと考えていたことなんで。ずっと思っていたので、人には言っていなかっただけですし」と答え、現在26歳、4年後のロシア・ワールドカップ出場にはまだ十分な年齢で迎えられながらも、代表引退をほのめかした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140625-00205319-soccerk-socc

関連記事
[ 2014/06/25 ] 内田篤人 | TB(0) | CM(1)

日本、コロンビアに4失点で完敗…グループリーグ敗退でW杯を終える

no title

日本、グループ最下位で2大会ぶりW杯GL敗退…コロンビアに4失点

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第3節が24日に行われ、グループCでは日本代表とコロンビア代表が対戦した。

 決勝トーナメント進出のためには勝利が絶対条件の日本は、香川真司が先発に復帰し、青山敏弘も先発に名を連ねた。一方すでにグループリーグ突破を決めているコロンビアは前節からスタメン8人を変更。ハメス・ロドリゲスやテオフィロ・ロドリゲスが外れ、ジャクソン・マルティネスやアドリアン・ラモスがスタメンとなった。

 日本は開始9分、長谷部誠がピッチ中央付近からロングボールを前線に送ると、大久保嘉人がペナルティエリア内で受け、反転から切り返してコースを作ってシュートするが、しっかりミートできず、DFのブロックに遭う。直後にも大久保はミドルシュートで積極的な姿勢を示す。

 14分には内田篤人が遠い位置から狙うと、そこから得たCKも流れから長谷部がミドルシュートを打つも、GKダビド・オスピナの正面だった。日本が押し込む展開の中、迎えた17分、コロンビアはペナルティエリア内にスルーパスが出ると、アドリアン・ラモスに対して今野泰幸が倒してしまい、PKの判定。フアン・クアドラードが決めて、コロンビアが先制する。

 日本は26分、左サイドで大久保が浮き球をヘディングで落とすと、拾った香川がドリブルからそのままシュート。しかし枠の左に飛んだボールはGKオスピナが腕を伸ばして弾いた。33分にはゴール正面やや左で得たFKを本田圭佑が直接狙ったが、枠の右へそれた。3分後にも内田の右クロスをファーサイドの大久保がバイシクルシュートしたが、クロスバーを大きく越えた。

 コロンビアは42分、右サイドをアドリアン・ラモスが突破し、中央へのグラウンダーのクロスをジャクソン・マルティネスが合わせたが、ゴール左へ外れた。前半はコロンビアリードで終えるかに思われたアディショナルタイム、右サイドからの本田圭佑のクロスにニアサイドで岡崎慎司がダイビングヘッドで合わせて、ネットを揺らし、日本は同点にして試合を折り返す。

 ハーフタイムにコロンビアはフアン・キンテーロとクアドラードを下げ、ハメス・ロドリゲスとカルロス・カルボネロが投入される。日本はメンバー交代無しで後半に入った。

 選手交代もあり、後半立ち上がりはコロンビアペース。54分には左サイドでのFKをJ・ロドリゲスがゴール前へ上げると、カルボネロが合わせたが、ボールはクロスバーを越えた。しかし直後の55分、コロンビアは右サイドから崩すと、中央でボールを受けたJ・ロドリゲスが左のJ・マルティネスへラストパス。これを落ち着いてゴール右へ流し込み、コロンビアが勝ち越す。

 日本は58分、長谷部の縦パスを受けた香川がゴール正面でミドルシュートを打つが、枠を大きく外れた。日本ベンチは62分、青山に代えて山口蛍を投入する。2分後に日本はゴールやや遠い位置でFKを得ると、本田が打ったがGKオスピナの正面だった。さらに右サイドを内田が岡崎とのパス交換で崩すと、深い位置からのクロスに大久保が飛び込んだが、枠を捉えられず。

 69分に日本は岡崎を下げ、柿谷曜一朗が投入される。75分には前線に上がっていた今野が遠目から狙うも、オスピナががっちりキャッチした。

 押し込むも得点の奪えない日本に対し、コロンビアは82 分、カウンターから抜け出したJ・マルティネスがペナルティエリア内でブロックに入った内田を切り返しでかわしてから、シュートを決めて、3点目を獲得する。直後に日本は香川に代えて、清武弘嗣がピッチへ。コロンビアは、43歳3日でワールドカップ最高齢出場記録を更新するGKファリド・モンドラゴンが途中出場で登場する。

 90分にはコロンビアのJ・ロドリゲスがカウンターから3試合連続ゴールとなるチーム4点目を獲得し、試合を決めた。

 勝利したコロンビアはグループ3連勝で首位通過。決勝トーナメント1回戦でグループD・2位のウルグアイと対戦する。日本は1分2敗の勝ち点1、グループ最下位で2大会ぶりにグループリーグで姿を消すこととなった。

【スコア】
日本 1-4 コロンビア

【得点者】
0-1 17分 フアン・クアドラード(PK)(コロンビア)
1-1 45+1分 岡崎慎司(日本)
1-2 55分 ジャクソン・マルティネス(コロンビア)
1-3 82分 ジャクソン・マルティネス(コロンビア)
1-4 90分 ハメス・ロドリゲス(コロンビア)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140625-00205254-soccerk-socc

関連記事
[ 2014/06/25 ] 日本代表 | TB(0) | CM(3)

ペケルマン監督、日本との接触を認める「良好な関係にある」

no title

ペケルマン監督「日本は私に関心を持っている」

 4年前の2010年8月、岡田武史前監督の後任候補として一部メディアに名前が挙がっていた現コロンビア代表のホセ・ペケルマン監督が、日本戦を翌日に控えた公式会見で「日本(サッカー協会)は私に関心を持っていることを知っている」と、次期監督就任に関して何らかの接触があったことを明かした。

 岡田前監督の後任候補としては、当時、欧州や南米で指導経験のある人材から複数の名が挙がっていたが、ペケルマン監督は「日本からのオファー、接近は過去になかったし、現時点でもない」と答えていた。

 ところがこの日は日本協会との接触を認め、さらに「私は感謝している」とまで述べた。「アルゼンチン時代に何度も日本に行き、日本とも試合をした。日本とは良好な関係にある。とても良い国であり、素晴らしい国。サッカーも発展している」と、言葉は続いた。

 ただ、現在はW杯真っ最中。最後は「今の時点ではそのことについて何も言えません。コロンビアに集中しています」と含みを残し、会見場を去っていった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140624-00136715-gekisaka-socc

関連記事
[ 2014/06/24 ] ニュース | TB(0) | CM(1)

日本代表が急きょ練習中止…ザッケローニ監督「ストレスを一旦フリーにしてあげたかった」

no title

日本代表がまさかの練習中止、ザッケローニ監督が緊急会見

 ブラジル・ワールドカップに出場している日本代表は、グループリーグ第2節を消化した時点で勝ち点1。ギリシャ戦から2日が経過した21日、日本代表はまさかの練習中止を発表。アルベルト・ザッケローニ監督が緊急会見を行った。

 会見に臨んだザッケローニ監督は、「今日は午前中に、トレーニングを休みにすることを決めました。そのため、選手たちのメディア対応もなしになりますが、私が対応しますので我慢してください」と、記者団に向けて状況を説明した。

「メンタル面を考えた時、次の試合に良い状態で向かわせるためには、今日は休みにした方がいいのかな、という決断に至った」

 さらに、ザッケローニ監督はここまでの2試合を振り返り、「この2試合、チームは満足いく戦いができなかった。これまでの4年間のチームの戦い方を見ても、『こんなものじゃない』と全員が感じている。その中で、各々が感じているプレッシャーやストレスを一旦フリーにしてあげたかった」と続け、あくまで選手のメンタル面を考えた上での判断であったことを強調した。

 グループリーグ突破の可能性がわずかに残る日本代表は24日、2連勝で決勝トーナメント進出を決めているコロンビア代表と対戦する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140622-00203381-soccerk-socc

関連記事
[ 2014/06/22 ] 日本代表 | TB(0) | CM(0)

ベルギー代表MFフェライニ「優勝できたらこの髪を切っても良いね」

no title

ベルギーのフェライニ「優勝できたらアフロを切っても良い」

 ベルギー代表MFマルアン・フェライニが、同国代表がブラジル・ワールドカップを制覇することは可能と話した。優勝した暁には、自慢のアフロヘアーを切る考えがあるようだ。『FIFA.com』がコメントを掲載している。

 ブラジル・ワールドカップの優勝候補の一角だと考えられているベルギー代表。17日に行われたグループH第1節では、アルジェリアを相手に2-1と逆転勝利を収めた。フェライニは、ベルギー代表が優勝に値する力を持っていると主張している。

「今のベルギーはワールドカップで優勝できるよ。もし優勝できたらこの髪を切っても良いね」

 フェライニは、昨夏にエヴァートンからマンチェスター・Uに加入するも、プレミアリーグ19試合で無得点に終わるなど、期待された結果を出せなかった。しかし、17日のアルジェリア戦では、途中出場で同点ゴールを奪う活躍を見せている。自身の価値を再び証明する活躍を見せたが、フェライニはチームの勝利にしか興味がないようだ。

「試合で活躍することで、僕を批判してきた人たちに反論しようとは思っていない。僕のゴールは、家族やチーム、そして国のためのものだ。彼らのために僕はゴールを奪う。確かに難しいシーズンを過ごしてきた。でも今はナショナルチームの一員として、ワールドカップを戦っているんだ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140621-00203133-soccerk-socc

関連記事
[ 2014/06/21 ] ニュース | TB(0) | CM(1)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。