NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミランが元ブラジル代表MFカカと契約解除したことを発表

no title

本田所属のミラン、元ブラジル代表MFカカとの契約を解除

 日本代表MF本田圭佑の所属するミランは30日、MFカカとの契約を解除することで合意に至ったと発表した。

 カカはミランとの契約を1年残していたが、2013年9月にレアル・マドリードから移籍し、2年契約を結んだ際に、契約が残り1年となってから選手側の意向で契約を解除できる条項があったため、それを行使したと見られる。

 32歳のカカは、2013-14シーズンにレアル・マドリードから減俸などを受け入れ、2008-09シーズン以来のミラン復帰を果たすと、リーグ戦30試合に出場して7得点を挙げた。現在行われているブラジル・ワールドカップに出場しているブラジル代表入りをアピールしたが、メンバーには選出されなかった。

 カカは2015年からMLS(メジャーリーグサッカー)に参入するオーランド・シティと契約合意間近と見られており、それまでの間は古巣サンパウロにレンタル移籍すると報じられている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140630-00207571-soccerk-socc

関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/06/30 ] 欧州サッカー | TB(0) | CM(1)

スペイン紙、次期日本代表監督はアギーレ氏で決定と報じる

no title

次期日本代表監督、アギーレ氏で決定とスペイン紙

 次期日本代表監督に元メキシコ代表監督のハビエル・アギーレ氏が就任することが決定したと、スペイン紙『マルカ』が報じている。契約は4年で、7月下旬に来日し正式契約を結ぶとしている。

 アギーレ氏は1958年12月1日生まれ、メキシコ国籍の55歳。両親がスペイン・バスク地方からの移民で、『マルカ』も“バスク人”と紹介している。代表監督としては2002年と2010年のW杯でメキシコ代表を指揮。いずれも決勝トーナメントに進出させている。2010年大会後はサラゴサを指揮。2012年からはエスパニョールを率いていたが、今年5月に退任を発表していた。

 エスパニョール指揮官を退任直後から日本代表監督への就任が噂されていたが、同紙によると、他国からのオファーはすべて断った模様で、日本代表監督への就任を決意したとしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140630-00136912-gekisaka-socc

関連記事
[ 2014/06/30 ] 日本代表 | TB(0) | CM(1)

オランダが劇的逆転勝利でベスト8へ…メキシコは6大会連続ベスト16敗退

no title

オランダが土壇場の劇的2発で逆転勝利…メキシコは6大会連続ベスト16敗退

 ブラジル・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦が29日に行われ、オランダ代表とメキシコ代表が対戦した。

 3連勝でグループリーグを首位通過したオランダは、最終節から2選手を変更。出場停止から復帰したロビン・ファン・ペルシーらが先発となった。一方のメキシコは最終節から1選手が変わり、ベテランのカルロス・サルシドがスタメンとなった。

 序盤はメキシコが積極的な姿勢を見せる中、9分、オランダにトラブル。ナイジェル・デ・ヨングが早々にブルーノ・マルティンス・インディとの交代を強いられる。メキシコは17分、ペナルティエリア内右でボールを受けたジオバニ・ドス・サントスが中央のオリベ・ペラルタへ渡し、最後はエクトル・ミゲル・エレーラがシュートしたが枠の左へ外れる。

 24分にはサルシドがロングシュートを打つが、オランダGKヤスパー・シレッセンが弾く。一方のオランダは27分、DFライン裏へのボールをファン・ペルシーが左足を伸ばして、エリア内でトラップしてから右足でシュートするが、ミートできずポスト右に外れる。

 攻め込む形を作るメキシコは42分、ペラルタ、アンドレス・グアルダードとつないで、最後はエリア内右でドス・サントスがシュートしたが、GKシレッセンが右足で防いだ。前半はスコアレスで折り返す。

 ハーフタイムにメキシコは、前半終了間際に負傷したエクトル・モレノに代わり、ディエゴ・レジェスがピッチに立つ。後半立ち上がりの48分、メキシコはフランシスコ・ハビエル・ロドリゲスがハーフラインから前線に送ったボールが相手DFにクリアされたところを、ドス・サントスが胸トラップで拾い、ゴール正面の位置から左足を振り抜くと、ゴール右へ決まり、先制に成功する。

 1点を追う形となったオランダはパウル・フェルハールに代えてメンフィス・デパイが入る。直後、オランダは右CKから中央に飛び込んだステファン・デ・フライがボレーで合わせたが、目の前でのシュートをGKギジェルモ・オチョアが反応して弾くと、ボールはポストをヒットしてノーゴール。61分にはロッベンが右サイドで得意な位置からカットイン。相手を引き付けてウェズレイ・スナイデルへ渡したが、シュートはDFのブロックに遭う。

 61分、メキシコはドス・サントスに代わり、ハビエル・アキーノがピッチへ。オランダは74分、ロッベンがドリブルでペナルティエリア内右に侵入してシュートしたが、GKオチョアがここもブロックした。

 メキシコは75分にペラルタを下げてハビエル・エルナンデス、オランダもファン・ペルシーを下げて、クラース・ヤン・フンテラールが入り、それぞれ交代枠を使い切る。85分、オランダは右サイドからの低いクロスをディルク・カイトが頭で前線へ送ると、フンテラールがゴール前でつめたが、ボレーシュートはGKオチョアが防ぐ。判定もオフサイドとなった。

 迎えた88分、終盤にCKが続いていたオランダは右CKをファーサイドのフンテラールがヘディングで落とすと、スナイデルが右足で豪快に蹴り込み、土壇場で同点とする。さらには後半アディショナルタイムの94分、ペナルティエリア内右でボールをキープしたロッベンが切り返したところをラファエル・マルケスが倒し、オランダがPKを獲得。これをフンテラールが蹴り込み、逆転に成功。試合はそのまま終了し、2-1でオランダが勝利した。

 オランダは2大会連続のベスト8進出。敗れたメキシコは6大会連続のベスト16敗退となった。5日に行われる準々決勝で、オランダはコスタリカ対ギリシャの勝者と対戦する。

【スコア】
オランダ 2-1 メキシコ

【得点者】
0-1 48分 ジオバニ・ドス・サントス(メキシコ)
1-1 88分 ウェズレイ・スナイデル(オランダ)
2-1 90+4分 クラース・ヤン・フンテラール(PK)(オランダ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140630-00207178-soccerk-socc

関連記事
[ 2014/06/30 ] W杯 | TB(0) | CM(1)

柏FW田中順也、ポルトガルの名門スポルティング・リスボン移籍が決定

no title

柏FW田中順也 スポルティング・リスボン移籍が決定

 柏の元日本代表FW田中順也(26)がポルトガル1部リーグのスポルティング・リスボンに移籍することが決定した。柏が29日発表した。5年契約で、契約解除金は6000万ユーロ(約80億円)に設定されている。

 スポルティングのホームページには、契約に合意しユニホームを着た田中の写真がアップされている。

 スポルティングは首都リスボンに本拠を置き、ベンフィカ、ポルトと並ぶ名門。リーグ制覇18回を誇り、今季も2位。ポルトガル代表C・ロナウド(Rマドリード)もかつて在籍した。田中は順大から10年に柏入りし今季12試合に出場して5得点を挙げている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140629-00000137-spnannex-socc

関連記事
[ 2014/06/30 ] Jリーグ | TB(0) | CM(0)

ストイコビッチ「改めて言おう。日本代表監督には非常に興味がある。」

no title

ストイコビッチ独占インタビュー 「日本代表の監督には非常に興味がある」

【日本代表の次期監督について】

「私に就任の噂? そうらしいね。以前にもそんな話があった。名古屋の監督をしていた時だ。いま言えるのは、チャンスがあれば日本代表の監督をやってみたい、ということだけだ。私には自信がある。ファンが愛着を持てるような美しいサッカーをして、なおかつ結果も残す、その自信がだ。名古屋の監督に就任した際にも、私はそう言った。誰もが半信半疑だったが、Jリーグを制した」

「日本は私の大好きな国だ。13年間を過ごし、日本人のメンタリティーも理解している。彼らが何を好み、何を嫌がるか、それを知っている。だから、改めて言おう。日本代表監督には非常に興味がある。もっとも、望んで現実になるものではない。私に言えるのはそれだけだ」

「そう、(協会らかのコンタクトは)現時点ではない。日本のワールドカップは終わったが、まだ次期監督について具体的な話をするタイミングではないのだろう」

全文はソースで
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140629-00010007-sdigestw-socc&p=3

関連記事
[ 2014/06/29 ] 日本代表 | TB(0) | CM(0)

マンUがDFビュットネルのディナモ・モスクワ移籍を発表

no title

DFビュットネルがディナモ・モスクワ移籍へ…マンUが正式発表

 日本代表MF香川真司が所属するマンチェスター・Uは29日、DFアレクサンデル・ビュットネルがロシア・プレミアリーグのディナモ・モスクワへ移籍することで合意したと発表した。移籍金など契約の詳細は明らかにされていない。

 ビュットネルは2012年8月にフィテッセから加入。マンチェスター・Uの前監督、アレックス・ ファーガソン氏が在任中最後に獲得した選手で、フランス代表DFパトリス・エヴラの代役として期待されていた。デビュー戦となったウィガン戦ではゴールを挙げ、ファーガソン氏にとって最後の試合となったウェスト・ブロムウィッチ戦でも得点を決めている。

 ビュットネルは、マンチェスター・Uで通算28試合に出場。5月にオールド・トラッフォードで行なわれたハル戦がラストマッチとなった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140629-00207046-soccerk-socc

関連記事
[ 2014/06/29 ] 欧州サッカー | TB(0) | CM(0)

コロンビア指揮官がハメス・ロドリゲスを絶賛「彼のW杯になるかも」

no title

ペケルマン:「ハメスのW杯になるかも」

コロンビア代表を率いるホセ・ペケルマン監督が、FWハメス・ロドリゲスを絶賛した。

J・ロドリゲスは28日の決勝トーナメント1回戦で大活躍。ウルグアイに2ー0で勝利した試合で、2つのゴールを挙げた。グループステージでも3試合連続でゴールを挙げており、得点ランキングのトップになっている。

ウルグアイ戦を終えた後、ペケルマン監督が次のように述べた。

「ハメスは重要な存在になった。我々は全ポジションが良かった。しかし、彼は多くのものを与えてくれたね。若手がそういった努力を見せたことは大きい。周囲は彼らの技術的なことを考えているが、彼は責任という点でもすごく成長した」

「私は彼がやっていることを称賛する。これが彼のW杯になるかもしれないということに疑問はない」

準々決勝の相手は、PK戦の末にチリを下したホスト国のブラジルだ。

「大きな試合になる。ブラジルはベストだ。彼らは厳しい試合を戦った。ただ、それに勝ったことでより自信を深めている。ブラジルはいつも良い選手をそろえた素晴らしいチームだ。だから、常にリスペクトしている。W杯は誰にでも難しい瞬間があることを知っている。しかし、彼らはそれを乗り越えた」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140629-00000004-goal-socc

関連記事
[ 2014/06/29 ] W杯 | TB(0) | CM(0)

ブラジルがPK戦の死闘を制しベスト8進出…チリが姿消す

no title

開催国ブラジル、PK戦の死闘を制して6大会連続ベスト8…チリが姿消す

 ブラジル・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦が28日に行われ、ブラジル代表とチリ代表が対戦した。

 開催国であり優勝候補筆頭のブラジルはグループAをトップ通過。メンバーの基本構成は変わらず。ボランチのパウリーニョに代わってスタメンとなったフェルナンジーニョがグループリーグ第3節カメルーン戦からの変更点となった。一方のチリは、前回王者のスペインを抑え、グループBを2位で勝ち上がってきた。最終節のオランダ戦からはアルトゥール・ビダルが先発に復帰し、それ以外は同様のメンバーとなった。

 ファーストシュートは6分、ブラジルが左CKからこぼれ球をマルセロが狙ったが、ゴール左へ外れた。一方のチリも直後に高い位置でボールを奪ってから、最後はマルセロ・ディアスがミドルの位置から狙うが、こちらも枠を捉えられず。

 互いに高いテンションで試合を進める中、迎えた18分。ブラジルは左CKを得るとネイマールが送ったボールにチアゴ・シウヴァがヘディングでコースを変え、ファーサイドのダヴィド・ルイスが押し込み、先制点を獲得する。

 一方のチリもブラジルのミスから同点とする。32分、ブラジルは自陣でのスローインで最下位するとマルセロのスローを受けたフッキのリターンパスがショート。これを狙っていたエドゥアルド・バルガスがカットして中央へ。エリア内右で受けたアレクシス・サンチェスがゴール左へ流し込み、試合を振り出しに戻した。

 36分、ブラジルは右サイドからオスカルのクロスをネイマールがヘディングで合わせたが、マークについていたフランシスコ・シルバに当たってゴール右へ外れた。39分には自陣からのロングパスをエリア内左で収めたネイマールが粘り、最後はフレッジがつめたが、シュートはクロスバーを越えた。3分後にはチリも自陣からのロングボールにビダルがエリア内で滑り込んで合わせたが、ミートしきれず。

 直後にはダニエウ・アウヴェスの無回転ミドルがチリGKクラウディオ・ブラボを襲うと、チリも前半アディショナルタイムにビダルの高い位置でのボールカットから、サンチェスがエリア内にスルーパスを送り、走りこんだチャルレス・アランギスがシュートしたが、戻ってきたDFのブロックに遭った。前半は1-1の同点で終える。

 ハーフタイムに両チームのメンバー交代はなし。後半も最初のシュートはブラジルで、フェルナンジーニョがミドルレンジから狙うも、ポスト左だった。55分、ブラジルはマルセロが左サイドからのアーリークロスをエリア内に送ると、フッキが胸トラップから、しっかりとしたミートはできなかったものの、ボレーシュートをゴール左へ流し込んだが、ハンドの反則を取られ、ノーゴールとなった。

 最初にベンチが動いたのはチリ。57分にバルガスを下げてフェリペ・グティエレスを投入する。一方のブラジルも63分にフレッジに代えてジョーが投入される。

 直後、チリは右サイドをパスで崩すと、マウリシオ・イスラのグラウンダーのマイナスクロスにアランギスが合わせたが、GKジュリオ・セーザルが好反応で防いだ。チリのペースで時間が経過する中、ブラジルは72分に2枚目のカードとしてフェルナンジーニョとラミレスを交代させる。2分後には左サイドのフッキからDFライン裏にクロスが送られたが、ジョーはわずかに合わせられず。

 81分、ブラジルはダニエウ・アウヴェスが浅い位置からゴール前に送ると、ネイマールがヘディングで合わせたが、GKブラボの正面だった。2分後にはフッキがドリブルでエリア内に侵入し、右足を振り抜いたが、ここもGKブラボがパンチングで防ぐ。87分にはチリがマウリシオ・ピニージャをビダルに代えて投入。結局後半に入ってからは両チームともネットを揺らすことはなく、90分を終了。1-1のまま延長戦に突入する。

 延長に入り、運動量が落ちた両チーム。ブラジルは103分にフッキがピッチ中央から強烈なミドルシュートを左足で放ったが、GKブラボが弾く。延長後半開始時にブラジルはオスカルを下げ、ウィリアンがピッチへ。チリは延長後半開始早々、守備で奮闘していたガリー・メデルが抱えていた左太ももの負傷を悪化させ、ホセ・ロハスが入り、両チームとも交代枠を使い切る。

 延長に入ってからはブラジルがボールを保持する時間が続く。チリも一瞬のスキをついて、120分にピニージャがゴール正面でミドルシュートを放ったが、クロスバーを直撃してしまう。直後にはブラジルもラミレスが遠い位置から狙ったが、これも枠を捉えられない。両チーム、ネットを揺らすことができず、試合はPK戦にもつれ込む。

 PK戦では先行のブラジルは1人目のダヴィド・ルイスが成功。チリはピニージャがジュリオ・セーザルに止められる。2人目はウィリアンがゴール左に外してしまうも、A・サンチェスのシュートは再びJ・セーザルがストップ。3人目は両者決めると、ブラジルは4人目のフッキがGKブラボに防がれ、チリはディアスが成功。4人目を終えて2-2となる。ブラジルは5人目のネイマールが成功。一方のチリはゴンサロ・ハラが失敗し、3-2でブラジルがPK戦を制した。

 勝利したブラジルは6大会連続のベスト8進出。7月4日に行われる準々決勝では、コロンビアとウルグアイの勝者と対戦する。

【スコア】
ブラジル 1-1(PK 3-2) チリ

【得点者】
1-0 18分 ダヴィド・ルイス(ブラジル)
1-1 32分 アレクシス・サンチェス(チリ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140629-00206826-soccerk-socc

関連記事
[ 2014/06/29 ] W杯 | TB(0) | CM(0)

元日本代表DF宮本恒靖氏が技術委員長就任へ

no title

宮本恒靖氏が技術委員長就任へ 37歳手腕に日本代表再建託す

 日本サッカー協会の次期技術委員長に元日本代表DFの宮本恒靖氏(37)の就任が濃厚となったことが27日、明らかになった。近く正式決定し、次期日本代表監督の選出や強化計画の作成などにも加わる。02年W杯に主将として出場したリーダーシップも高く評価されており、ブラジル大会で1分け2敗に終わった日本代表の再建を託される。

 日本代表がブラジル大会で敗退したことを受け、日本サッカー協会は新監督を招へいする。技術委員会も同様に新体制に移行するため、これまで原博実専務理事(55)が兼任していた技術委員長の後任の人選を急いでいた。当初は鹿島の鈴木満取締役(57)を候補に交渉したが、このほど鈴木氏が固辞したことが判明。新たに浮上したのが宮本氏で、自身も就任に前向きだという。

 G大阪の下部組織1期生の宮本氏は、95年にプロ契約を結びJリーグデビュー。日本代表にはU―17から選ばれA代表には71試合出場。02年のW杯日韓大会では負傷した森岡に代わり主将となり抜群のリーダーシップで16強進出の立役者となった。続く06年のドイツ大会でも主将を務めた。

 現役を引退した後はFIFAがスイスで運営するスポーツの大学院「FIFAマスター」を日本人として初めて修了した。帰国後はサッカー解説者を務めながら、今年1月からJリーグ特任理事に就任。元選手の立場からJリーグの運営を支えている。今回はW杯ブラジル大会にFIFA技術委員として参加し、試合の分析を担当している。G大阪時代はプレーするかたわら、同志社大を卒業するなど文武両道を貫いたことで知られ、将来の日本のサッカー界を背負う人材として早くから期待されていた。

 宮本氏の技術委員長就任は早ければ7月の日本協会理事会で正式決定する。日本協会は現在、新監督の最有力候補として元メキシコ代表監督のハビエル・アギーレ氏と交渉中。これは原専務理事の技術委員長として最後の仕事になるが、その後、18年のW杯ロシア大会に向けては宮本氏の手腕に日本の巻き返しが託されることになる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140628-00000073-spnannex-socc

関連記事
[ 2014/06/28 ] ニュース | TB(0) | CM(1)

ユナイテッド、18歳DFルーク・ショー獲得を発表…2日で100億円を超える補強

ユナイテッド、2日で100億円超補強…18歳DFルーク・ショー獲得

 マンチェスター・ユナイテッドは27日、サウサンプトンからイングランド代表DFルーク・ショーを獲得したと発表した。契約は4年。1年間の延長オプションが付いている。

 26日にもビルバオからMFアンデル・エレーラを獲得したと発表したユナイテッド。ファン・ハール体制初の補強を発表したばかりだが、18歳にしてブラジルW杯代表に選出された若手有望株の獲得にも成功した。公式サイトによると、イングランド期待のSBも「これからも前進していく上で、ユナイテッドは理想的なチームだと思います」と気持ちの高まりを抑えきれない様子だ。

 移籍金は発表されていないが、『デイリーメール』によると、前日獲得したエレーラの移籍金が2900万ポンド(約50億円)。ルーク・ショーの移籍金は3150万ポンド(約54億4000万円)とみられ、2日間で100億円を超える積極補強に出ている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140628-00136868-gekisaka-socc

no title


関連記事
[ 2014/06/28 ] 欧州サッカー | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。