NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カップ戦先発の柿谷が1アシスト! バーゼルが4-0快勝で3回戦進出

no title

カップ戦先発の柿谷がアシスト…バーゼルは快勝で3回戦進出

 スイス・カップ2回戦が21日に行われ、ヴィンタートゥールとFW柿谷曜一朗の所属するバーゼルが対戦。柿谷は先発出場した。

 アウェー戦に臨んだバーゼルは、前半からゴールラッシュを見せる。32分に左CKがこぼれたところを、モハメド・エル・ネニーがミドルシュートを蹴り込み、先制点を奪う。

 均衡を破ると、36分には柿谷のアシストからブレール・エンボロが追加点。さらに、41分にも右サイドを崩すと、最後はエンボロが押し込んで3点目を挙げた。

 前半だけで3点差をつけたバーゼルは、後半立ち上がりにセットプレーからピンチを迎えるが、無失点で切り抜けると、67分に4点目を奪う。右サイドでボールを受けたエンボロが、角度のないところから右足を振り抜き、シュートを叩き込んだ。

 直後の68分にも、エンボロが中央を抜け出してチャンスを迎える。エンボロが相手にファウルを受けて得点とはならなかったが、ファウルした選手が一発退場となったため、数的有利になった。

 バーゼルは70分に、柿谷に代えてジョヴァンニ・シオを投入。5点目こそならなかったが、エンボロのハットトリックもあり、4-0と快勝を収めて3回戦進出を決めた。

【スコア】
ヴィンタートゥール 0-4 バーゼル

【得点者】
0-1 16分 モハメド・エル・ネニー(バーゼル)
0-2 36分 ブレール・エンボロ(バーゼル)
0-3 41分 ブレール・エンボロ(バーゼル)
0-4 67分 ブレール・エンボロ(バーゼル)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140921-00234613-soccerk-socc

関連記事
[ 2014/09/22 ] 柿谷曜一朗 | TB(0) | CM(0)

山田がカールスルーエ移籍後初ゴール! チームは3試合ぶりの白星

no title

山田がドイツ移籍後初ゴール!!カールスルーエは3発快勝で無敗守る

[9.21 ブンデスリーガ2部第6節 カールスルーエ3-0ニュルンベルク]

 ブンデスリーガ2部は21日、第6節を行い、MF山田大記の所属するカールスルーエはホームでニュルンベルクと対戦し、3-0で快勝した。左MFで2試合ぶりに先発復帰した山田は前半9分にドイツ移籍後初ゴールを記録。フル出場で3試合ぶりの白星に貢献した。

 前半9分、右クロスを右足で流し込んだ山田の移籍後初ゴールで先制したカールスルーエは前半20分にも追加点。同40分には山田のシュートがポストに当たった跳ね返りをMFラインホルト・ヤボが押し込み、3-0とリードを広げた。

 後半44分のPKのチャンスはFWクーン・ファン・デル・ビーゼンのキックがGKに止められたが、そのまま3-0の完封勝利。カールスルーエは3試合ぶりの白星となり、開幕から3勝3分の無敗を守っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140921-00139368-gekisaka-socc

関連記事
[ 2014/09/22 ] 海外日本人選手 | TB(0) | CM(1)

ブンデスデビューの丸岡にクロップがかけた言葉「おまえならできる、そして楽しめ」

no title

ブンデスデビューの18歳MF丸岡の緊張を解放した指揮官の言葉「おまえならできる、そして楽しめ」

 C大阪から期限付き中のドルトムントMF丸岡満が、日本時間の21日、ついにホームのマインツ戦でブンデスリーガのピッチに立った。今季開幕戦以来となるトップチームのベンチ入りを果たすと、後半34分から途中出場。ブンデスリーガ3部のドルトムント2で研さんを積んできた男が、憧れの舞台に足を踏み入れた。ドイツブンデスリーガの公式ウェブサイトがコメントを掲出した。

 丸岡は試合後、デビューの感想を求められると、初々しく「(デビューの感覚は)率直に・・・あんま覚えてないですけど、デビューできてとりあえず良かった。でもチームが負けてしまったんで、やっぱり負けると悔しいんで、切り替えて次の試合に呼んでもらえるように明日から頑張ります」と語った。

 名前を呼ばれた瞬間、表情がこわばり、体が硬くなっていた。だが、ピッチに送り出される直前、クロップ監督に声を掛けられた。「おまえならできる、そして楽しめ」。その温かな言葉で余計な力が抜け、普段の姿で試合に臨めたという。

「監督がそういう風に声かけてくれたんで緊張が取れて、ちょっと自分を出せたかなってのもありましたけど、やっぱり初めてやったんで、遠慮気味になったプレーもありました」

 過度な緊張から解放された丸岡は、タッチラインをまたぎ、ピッチへと入った。そして、ボールを持つと、大胆にもいきなり仕掛けて2人を交わした。

「ファーストプレーって大事だと思うんで、それでああいうプレーができて、『いけるんじゃないか』と。それも自信につながりました。これからしっかり経験積んで、ここで堂々と活躍できるようにやっていきたい」

 物おじしない18歳は「チームにうまく溶け込むために、しっかりこれから練習で見せていきたい」と言う。確かな一歩を踏み出した男は、期待に胸を膨らませた。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140921-00010004-soccermzw-socc

関連記事
[ 2014/09/21 ] 海外日本人選手 | TB(0) | CM(2)

ドルトムントMFムヒタリアンが右足根骨を負傷し4週間の離脱

no title

ドルトムントに痛手、ムヒタリャンが4週間アウト

ボルシア・ドルトムントは21日、MFヘンリク・ムヒタリャンが4週間の離脱を強いられることを発表した。同選手はブンデスリーガ第4節マインツ戦の終了間際に、右足根骨を負傷したとのことだ。

マインツ戦で65分からピッチに立ったムヒタリャンだが、90分にシュートを放った際に相手選手との接触があったようだ。クラブの公式ウェブサイトが伝えるところ、ドルトムント医師による診断の結果は右足根骨の負傷で、4週間にわたって戦列から離れることになった。

ドルトムントはムヒタリャンのほか、マルコ・ロイス、ヤクブ・ブワシュチコフスキ、イルカイ・ギュンドアン、ヌリ・シャヒン、オリヴァー・キルヒといった中盤の選手も数週間の欠場を強いられている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140921-00000029-goal-socc

関連記事
[ 2014/09/21 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

岡崎が今季4得点目でブンデス得点ランキング暫定首位に!

no title

2試合連続今季4得点目の岡崎、ブンデス得点ランク暫定単独首位に

 ブンデスリーガ第4節が20日に行われ、岡崎慎司所属のマインツと香川真司、丸岡満(下部チーム登録)所属のドルトムントが対戦。岡崎と香川が先発し、丸岡が途中出場でブンデスデビューを飾った試合は、岡崎の得点とオウンゴールによって2-0でマインツが勝利した。

 岡崎は0-0で迎えた66分、途中出場のハイロが右サイド深い位置から送ったクロスボールに合わせ、チームに先制点をもたらし、勝利に貢献した。2試合連続のゴールとなった岡崎は、今シーズン4得点目となった。

 ブンデスリーガ第4節は21日にヴォルフスブルク対レヴァークーゼン、ケルン対ボルシアMGの2試合が残されているが、岡崎は20日段階で得点ランキング暫定単独トップに立った。

 2位タイとなる3得点は、21日に試合を行うレヴァークーゼン所属のカリム・ベララビ、ブレーメン所属のフランコ・ディ・サント、パーダーボルン所属のエリアス・カチュンガ、ヘルタ・ベルリン所属のユリアン・シーバーとロニー、シャルケ所属のエリック・マキシム・チュポ・モティングとなっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140921-00234400-soccerk-socc

関連記事
岡崎が2戦連発となる今季4得点目でシンジ対決制す! 香川途中交代も丸岡がブンデスデビュー

関連記事
[ 2014/09/21 ] 岡崎慎司 | TB(0) | CM(0)

ミランがユヴェントスに敗れ今季初黒星…本田は先発も3戦連発ならず

no title

本田は3戦連発ならず…テベス弾でユーヴェ3連勝、トーレスがミランデビュー

 セリエA第3節が20日に行われ、日本代表MF本田圭佑の所属するミランと、リーグ戦4連覇を狙うユヴェントスが対戦。2試合連続得点中の本田は[4-3-3]の右FWとして開幕から3試合連続の先発出場となった。

 開幕2連勝スタートを切った両者。序盤はアウェーのユヴェントスがペースを掴んだが、ミランも徐々にボール支配を取り戻す。27分、ミランは左サイドのサリー・ムンタリからアーリークロスがファーサイドへ送られると、走りこんだ本田がヘディングシュート。タイミングのピタリとあった強烈なボールがゴールへ向かったが、GKジャンルイジ・ブッフォンが反応し、右手一本で防いだ。

 ユヴェントスも31分、カルロス・テベスがペナルティエリア内右に浮き球のパスを送ると、飛び出したロベルト・ペレイラが自身の背中側へダイレクトのバックパス。拾ったフェルナンド・ジョレンテが角度のない位置からシュートしたが、飛び出したGKクリスティアン・アッビアーティがブロック。34分にもペレイラがミドルシュートで狙ったが、アッビアーティがセーブした。

 ペースを取り戻したユヴェントスは38分、クラウディオ・マルキージオが左足のミドルシュートを放ったが、右ポストを直撃。前半は両チーム無得点で終える。

 後半に入ってからもペースはユヴェントス。60分、右CKからグラウンダーのボールがニアサイドに送られると走りこんだマルキージオがダイレクトシュートを打ったが、ゴール左に外れた。66分、ミランはステファン・エル・シャーラウィに代え、ジャコモ・ボナヴェントゥーラを投入する。

 迎えた71分、ユヴェントスはカルロス・テベスの縦パスをゴール正面、DFを背負って受けたポール・ポグバが振り向いてスルーパス。テベスがリターンを受け、GKとの1対1を制してネットを揺らした。

 ユヴェントスは76分、ペレイラを下げてアルトゥーロ・ビダルを投入。ミランはアンドレア・ポーリに代えてフェルナンド・トーレスを送り出す。トーレスはセリエAデビュー戦となった。ミランはさらに83分にも本田に代え、ジャンパオロ・パッツィーニを入れ、攻撃陣の顔ぶれを変えていく。しかし策は当たらず、1-0でユヴェントスが勝利した。

 ミランは次節、アウェーでエンポリと対戦。ユヴェントスはホームでチェゼーナと対戦する。

【スコア】
ミラン 0-1 ユヴェントス

【得点者】
0-1 71分 カルロス・テベス(ユヴェントス)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140921-00234403-soccerk-socc

関連記事
[ 2014/09/21 ] 本田圭佑 | TB(0) | CM(0)

岡崎が2戦連発となる今季4得点目でシンジ対決制す! 香川途中交代も丸岡がブンデスデビュー

no title

岡崎2戦連発で“シンジ対決”制す!!香川途中交代、丸岡がブンデスデビュー

[9.20 ブンデスリーガ第4節 マインツ2-0ドルトムント]

 ブンデスリーガは20日、第4節2日目を行い、FW岡崎慎司の所属するマインツはホームでMF香川真司の所属するドルトムントと対戦し、2-0で勝った。岡崎は1トップでフル出場し、後半21分に2戦連発となる決勝点。香川はトップ下で先発したが、得点に絡めず後半20分に途中交代となり、ドイツ国内でも注目を集めた“シンジ対決”は岡崎に軍配が上がった。ドルトムントは3試合ぶりにベンチ入りしたMF丸岡満が後半35分から途中出場し、ブンデスリーガデビューを果たしている。

 岡崎は前半8分、ロングボールから左サイドのスペースに飛び出し、ドリブルで仕掛けてFKを獲得。香川も同14分に自陣からドリブルで中央を駆け上がり、右サイドに展開すると、MFピエール・エメリク・オーバメヤンのクロスにFWアドリアン・ラモスが飛び込んだが、ダイビングヘッドは枠を捉え切れなかった。

 拮抗した試合展開が続く中、マインツは前半36分に右サイドのスローインからこぼれ球を岡崎が右足アウトサイドで捉える。意表を突いたシュートだったが、GKロマン・バイデンフェラーの好セーブに阻まれた。ドルトムントも同40分、DFルーカス・ピシュチェクの右クロスに合わせたアドリアン・ラモスのシュートが右ポストを直撃する好機をつくった。

 スコアレスで折り返した後半もなかなかゴールが生まれない。ドルトムントは後半8分、左サイドをえぐったMFケビン・グロスクロイツのマイナスの折り返しにアドリアン・ラモスが左足で合わせるが、DFジュニオール・ディアスがブロックした。なかなかリズムが上がらないドルトムントは後半20分に2選手を同時交代。香川、アドリアン・ラモスが下がり、MFヘンリク・ムヒタリアとFWチーロ・インモービレがピッチに入った。

 すると、その直後の後半21分だった。マインツはGKからのパントキックをつないで右サイドに展開。MFハイロ・サンペリオの折り返しを岡崎が滑り込みながら右足で流し込み、ゴールネットを揺らした。岡崎の2戦連発となる今季4得点目でついに均衡が破れた。

 ドルトムントは後半24分、CKのセカンドボールを拾ったインモービレのシュートが岡崎のハンドを誘ってPKを獲得するが、インモービレが自ら狙ったキックはGKロリス・カリウスがビッグセーブ。後半29分にはDFマティアス・ギンターのオウンゴールで0-2とリードを広げられた。

 後半35分には最後の交代枠を使い、MFスベン・ベンダーに代えて丸岡を投入。今年1月にC大阪から期限付き移籍で加入した18歳のMFがブンデスリーガデビューを果たした。必死の反撃を見せるドルトムントだが、最後まで1点が遠く、0-2の零封負けで3試合ぶり今季2敗目を喫した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140921-00139334-gekisaka-socc

関連記事
[ 2014/09/21 ] 海外日本人選手 | TB(0) | CM(1)

マインツ岡崎、ドルトムント香川が揃って先発! 丸岡もベンチ入り









関連記事
[ 2014/09/21 ] 海外日本人選手 | TB(0) | CM(0)

内田がシャルケU-23の試合で今季初めて公式戦に出場

no title

シャルケ内田が今季初めて公式戦出場

 シャルケのDF内田篤人(26)が、今季初めて公式戦に出場した。20日に行われた、ブンデスリーガ4部相当のシャルケU-23(23歳以下)のロートバイス・エッセン戦に先発。試合は1-1で引き分けた。

 内田は7月末から、右の膝蓋腱(しつがいけん)の炎症のためチームを離脱していた。8月中旬から、チームの練習に合流していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140920-00000134-nksports-socc

関連記事
[ 2014/09/20 ] 内田篤人 | TB(0) | CM(0)

インザーギ監督が本田のインタビューを称賛「サッカースクールや学校で子供たちに見せるべきだ」

no title

ミラン監督、本田は「皆からリスペクト」

 ACミランのフィリッポ・インザギ監督(41)が19日、20日のユベントス戦(ホーム)を前に監督会見を行った。

 開幕から無失点で連勝している王者ユベントスに対し「ユベントス戦はもう少し時間がたって、さらなる確信を持てたときに戦ったほうがよかったかもしれない。しかしこのミランが今季どこからスタートしたかを知っている。彼らと同じレベルにいるとは思わないが、私たちのモチベーションは高いし、適切なスピリットを持っている」と話した。

 また、負傷で離脱していたFWエルシャーラウィとFWフェルナンドトレスについては、19日の練習を見て出場を判断するという。

 日本代表MF本田圭佑(28)の2試合連続ゴールという活躍について聞かれると「チームメート皆からリスペクトされているし、彼はそれに対していいプレーと態度で応えている」と話した。

 17日のクラブ公式番組ミランチャンネルのインタビューはインザギ監督もチェック済みで「サッカースクールや学校で子供たちに見せるべきだ。なぜなら本田は、活躍をしたのにこれからまだまだ向上していかなければならないという。こういうことは皆に見せるべきだ。これは若者たちへの素晴らしいメッセージだと思う」と称賛していた。

 本田の試合出場についての質問に対しては「私は選択に困るほど良い選手がたくさんいる。いつかは本田も低調になるときが来るかもしれない。でもそうならないことを願っている。彼は練習場でも家でも遅くまでトレーニングを続けているような選手だから。今のコンディションを長くキープしてほしい」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140919-00000105-nksports-socc

関連記事
[ 2014/09/19 ] 本田圭佑 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。