NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ハマると怖い堅守速攻、ギリシャは欧州勢で日本が最もやりにくいタイプ

1: ブリーフ仮面φ ★ 2013/12/09(月) 01:06:46.44 ID:???0

ハマると怖い堅守速攻、ギリシャ侮れず 欧州勢で日本が最もやりにくいタイプ (河治良幸) 2013年12月7日 15:30

◆組織的な守備と勝負強さが持ち味

 日本が入ったワールドカップ(W杯)・ブラジル大会のグループCに欧州勢のポット4から振り分けられたのはギリシャだった。従来の格付けならポット1に入るイタリアやオランダが来なかったことを考えれば組分けに恵まれたと言える。しかし、現在の日本にとって堅守速攻型のギリシャは欧州の中でも最もやりにくいタイプだ。ギリシャは欧州予選のグループGでボスニア・ヘルツェゴビナに首位を譲る形でプレーオフに回ったが、難敵ルーマニアを3−1、1−1の合計4−2で下して、2大会連続となる3回目のW杯出場を決めた。予選12試合(プレーオフ含む)で16得点6失点という数字が示す通り、彼らの強みは組織的な守備と接戦での勝負強さだ。

 2010年にポルトガル人のフェルナンド・サントス監督が就任したとき、期待されたのは攻撃的なメソッドとマインドの注入だった。実際に04年のユーロ(欧州選手権)で優勝に導いたレーハーゲル時代に比べると攻撃志向は強まり、ロングカウンターやセットプレーに頼るだけでなく、自分たちから仕掛ける攻撃が増えた。

(>>2に続く)

スポーツナビ
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/wcup/2014/columndtl/201312070008-spnavi
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/wcup/2014/columndtl/201312070008-spnavi?page=2
画像:ギリシャはルーマニアとのプレーオフを制してW杯出場権を獲得。日本のスタイルとは対極にある堅守速攻のチームだ
no title

画像:2004年のユーロ優勝を知るカラグニス(10番)はいまだ健在。本大会時には37歳となるが、あふれる闘志は衰えない
no title





2: ブリーフ仮面φ ★ 2013/12/09(月) 01:07:28.08 ID:???0

(>>1からの続き)

ただ、守備から入り、ボールを持ったら手数をかけることなくシンプルな展開から徹底してサイドを突き、クロスにアタッカーが合わせるのが基本パターンとなっている。4−3−3のフォーメーションはスペインやオランダと同じだが、チームとしての戦い方は全く異なり、日本の攻撃スタイルとも対極的な関係にあるチームだ。

◆クロス主体の攻撃、カウンターに注意

 ギリシャの象徴的なゴールがルーマニアとのプレーオフ第1戦の2得点目。左で引いてボールを持ったゲオルギオス・サマラス(セルティック/スコットランド)が大胆なサイドチェンジを右ワイドに展開すると、オーバーラップして追いついた右サイドバックのバシリス・トロシディス(ローマ/イタリア)の折り返しに、鋭く飛び出したディミトリス・サルピンギディス(PAOK/ギリシャ)が合わせたのだ。日本代表のザッケローニ監督は自分たちの失点パターンに関して「人数がいるのにやられてしまう」と語るが、相手チームの大きな揺さぶりから一転して縦を突く動きに弱い部分がある。ギリシャはそうした攻撃を得意としており、日本としては全体が統率を崩さずに動きながら、局面の守備に対応していきたい。

 新エースとして君臨しつつあるのが名門オリンピアコス(ギリシャ)のコンスタンティノス・ミトログルだ。188センチの体格でアクロバティックなシュートを狙う気鋭のストライカーは、プレーオフの2試合で3得点を記録し、ギリシャ本国でも英雄的な存在に。長らくテオファニス・ゲカス(コンヤスポル/トルコ)が担ってきたエースの座を奪い取った格好だ。彼を3トップの中央に起用し、右ウイングに高速ドリブルと積極的な飛び出しを持ち味とするサルピンギディス、左ウイングには193センチのサマラスが配置される。欧州トップクラスの強豪国と比較すれば得点力は見劣りするが、クロスを主体とした攻撃がハマったときの迫力はかなりのものがある。

(>>3に続く)


5: ブリーフ仮面φ ★ 2013/12/09(月) 01:08:09.60 ID:???0

(>>2からの続き)

 彼らに高い位置でボールが入れば常に危険だが、特にハマると怖いのがカウンターで左のサマラスが縦のボールを受けたとき。体格が良く、推進力がある上に懐が深いので、相手の守備者は抜かれなくてもズルズルと後ろに下がる守備を強いられがちだ。日本が主導権を握る展開になっても、何度かはサマラスに前を向いてボールを持たれるケースが出てくるはず。そこで内田篤人、あるいは酒井宏樹がタイトについてボールを後ろに下げさせるようなことができれば、ギリシャの攻撃の怖さは半減する。

◆ゲカス、カラグニスのベテランも健在

 3人のほかに注意したいアタッカーはやはりゲカスだ。本大会時に34歳となる彼は絶対的なエースとしての働きこそ厳しくなったものの、ジョーカーとしては持ち前の決定力を発揮できる。攻撃に変化を加えたい場合はMFのソティリス・ニニス(PAOK)がウイングの一角を担うことも。このギリシャ随一のテクニシャンが波に乗ると、日本のディフェンスが取るべき対策にも柔軟性が求められてくる。またイタリアのジェノアで活躍するヨアンニス・フェトファツィディスは中盤から前線にかけてすべてのポジションをこなすオールラウンダーで、運動量が豊富な上に高速ドリブルも厄介だ。同点で終盤に差し掛かると非凡な攻撃力を備える彼らが立て続けに出てくるため、日本としては後半の早い時間帯までにリードしておきたいところだろう。

 攻守のバランスに優れる中盤をまとめるのは来年37歳となるギオルゴス・カラグニス(フラム/イングランド)だ。かつてインテルでプレーした経験を持つベテランは優勝したユーロ04の“生き証人”でもある。準々決勝に進出したユーロ12では「我々にクリスティアーノ・ロナウドはいない。だからこそ全員で戦う必要がある」と語るなど、ギリシャの高い組織力を象徴する選手だ。カラグニスは時に中央でアクセントをつけ、また時にワイドなポジションでウイングやサイドバックと絡んでチャンスを生み出すなど、サイドアタック主体の攻撃にアクセントを生み出せる希少な存在だ。それと共に90分間にわたり、仲間を鼓舞する生粋のファイターでもある。

(>>5に続く)


9: ブリーフ仮面φ ★ 2013/12/09(月) 01:09:00.75 ID:???0

(>>5からの続き)

 中盤の3枚は相手のフォーメーションやスタイルに応じて、正三角形にも逆三角形にもなるが、主に守備のバランスを取るのがアレクサンドロス・ツィオリス(PAOK)だ。ギリシャが相手の中央攻撃を止め、さらにセカンドボールを拾って効果的な速攻につなげるための生命線であり、日本にとっても彼の周囲にギャップを生み、本田圭佑や香川真司が突ける状況を作り出せるかが、流れの中で得点を奪うためのキーポイントになるだろう。もう1人のMFであるヨアンニス・マニアティス(オリンピアコス)は守備と攻撃をつなぐ役割をこなすタイプだが、点を取りたい時間帯ではこのポジションにニニスが投入される。

◆組織的な守備を崩すのは簡単ではない

 逆に守り切るときはDF登録の選手をツィオリスと並べるケースも。シャルケ04所属で内田の同僚であるキリアコス・パパドプーロスは適材だが、現在は右ひざを負傷して離脱中だ。センターバックの主力候補としても期待される若きストッパーの復調はギリシャの浮沈を握ると言っても過言ではないかもしれない。そのパパドプーロスを含め、ディフェンスラインの人材自体は豊富で、誰が出てきても組織力に大きな差がないのはギリシャの強みだ。ただ、その中でもソクラティス・パパスタソプーロス(ドルトムント/ドイツ)は統率力が高く、厳しい状況でも的確なステップワークで相手アタッカーの侵入を抑えられる。彼とパパドプーロスがそろうと、日本の強みであるスピーディーなコンビネーションが本大会に向けてさらに高まっても、そう簡単には崩せないだろう。

(>>10に続く)


11: ブリーフ仮面φ ★ 2013/12/09(月) 01:09:42.41 ID:???0

(>>9からの続き)

 両サイドバックは守備で献身的な働きを示しながら、機を見て一気に駆け上がれるタイプをそろえる。現在の主力であるトロシディスもホセ・ホレバス(オリンピアコス)も欧州チャンピオンズリーグのようなハイレベルなステージで決定的な仕事を何度もしており、特に香川が主力になる左サイドの対面、ギリシャにとって右サイドに位置するトロシディスはいかなる時間帯でも警戒しておく必要がある。守護神のオレスティス・カルネジスはスペインのグラナダで控えだが、ギリシャ代表ではディフェンスラインの背後で的確にポジションを取り、好セーブにつなげている。彼が冬の市場で移籍しなければ日本にとってありがたいニュースとなるが、これまでの安定感を見る限り大きなミスは期待できない。

 ギリシャから中盤の主導権を握ることは日本代表にとって困難ではないが、バイタルエリアに蓋をされたときにどう崩すか。10月のセルビア戦とベラルーシ戦から未消化の課題に向き合って強化する必要があるだろう。加えてギリシャのダイナミックなサイド攻撃とカウンターに対応するためのしっかりした準備が必要だ。もちろんギリシャはセットプレーの得点力が強みのチームでもある。セットプレーの守備での不安は世界の舞台において日本の宿命とも言えるが、流れの中で優勢でもセットプレーで負けてしまったとならないように、何らかの対策を講じて臨むべきだろう。


12: 名無しさん@恐縮です 2013/12/09(月) 01:09:50.21 ID:UwXOudWV0

堅守速攻が得意だけど日本相手に勝ち狙わないといけないから慣れない攻撃サッカーしてやられるのが欧州中堅国


16: 名無しさん@恐縮です 2013/12/09(月) 01:10:49.09 ID:VsZcq/0i0

2戦目でギリシャが日本相手に引くとは思えんな


18: 名無しさん@恐縮です 2013/12/09(月) 01:10:53.68 ID:wamgSOr5O

高温多湿の地域だし、1戦目のコロンビアが善戦するだろうし
そこまで外れでもないと思うがな

立地はこのまま、相手はロシア ベルギーの方がラッキーだとは思ったが


19: 名無しさん@恐縮です 2013/12/09(月) 01:11:01.69 ID:NE65AVT50

最もやりにくいのは南米のテクに任せて速攻してくるタイプだろ


23: 名無しさん@恐縮です 2013/12/09(月) 01:11:39.36 ID:Dt9/Wn4Y0

欧州の堅守速攻型なんて恐るるに足らん
横の動きが鈍すぎる。怖いのはセットプレーのみ


36: 名無しさん@恐縮です 2013/12/09(月) 01:17:11.17 ID:MXagHdst0

つーかギリシャは1戦目の好気温から2戦目の高温多湿への適応を考えといたほうがいいぞ
1戦目が良いコンディションなのが災いして最初から足が止まりそう


37: 名無しさん@恐縮です 2013/12/09(月) 01:17:32.28 ID:xI+fLUB50

それはどうかな ギリシャといえども日本相手にドン引きで来るとも思えない
ただ少ない人数で3つくらいのパスで崩して決めきる力はあるから怖いけどね


64: 名無しさん@恐縮です 2013/12/09(月) 01:23:37.48 ID:wPehMhZA0

2005コンフェデの時日本は当時ユーロ優勝ギリシャに内容圧倒して快勝したんだけどな
WCでも韓国に負けたし


65: 名無しさん@恐縮です 2013/12/09(月) 01:23:54.65 ID:0l8xN9Gi0

ギリシャに勝てないようならGL突破は厳しい


81: 名無しさん@恐縮です 2013/12/09(月) 01:26:38.66 ID:Dt9/Wn4Y0

欧州でギリシャより楽な相手ってあるのか?
普通に勝ち点が最も望める相手だろ


86: 名無しさん@恐縮です 2013/12/09(月) 01:27:24.36 ID:9QDPjPv00

まぁ戦う前から議論出来るだけの相手だという事だな。
議論するのも嫌な程絶望的な相手では無いと。


87: 名無しさん@恐縮です 2013/12/09(月) 01:27:26.46 ID:13TRFIeL0

相手がどうこうより気候だわ
ドイツW杯の二の舞は勘弁


98: 名無しさん@恐縮です 2013/12/09(月) 01:29:24.59 ID:xI+fLUB50

まぁここまでくれば弱いチームなんていないしな
GL突破は今でも悲願と言っていいんだし後は楽しむだけだ


102: 名無しさん@恐縮です 2013/12/09(月) 01:29:55.24 ID:XOi6cAWa0

お互いに引きこもって
先にしびれを切らして動いた方が負ける・・・!
的な戦いに


106: 名無しさん@恐縮です 2013/12/09(月) 01:30:13.77 ID:Dxz6Z7mr0

前線に変態個人技のあるアタッカーが居ないギリシャが最もやりにくいってのはないだろw
コロンビアみたいなに引きこもられるのが一番困る


114: 名無しさん@恐縮です 2013/12/09(月) 01:31:19.41 ID:bgRr2fan0

ギリシャ厨「ギリシャは決して侮れないチーム」(キリッ


119: 名無しさん@恐縮です 2013/12/09(月) 01:34:49.14 ID:C77WoE5e0

>>114
まあ侮れんだろうけど、結局ギリシャにしたって日本から勝ち点をあげたいから
いつものようにはやれんわな。欧州峡谷相手みたいに、堅守速攻なんてやってたら埒が明かない
結局攻撃的に来るしかないわけで、だいたい欧州勢が日本に足救われるのはこういうパターンw


131: 名無しさん@恐縮です 2013/12/09(月) 01:37:41.98 ID:GtmpIqoe0

そりゃあ日本の悪いところだけが出てギリシャの良いところだけが出たら負けるだろうよw
そんなこと言いだしたらキリないわ


133: 名無しさん@恐縮です 2013/12/09(月) 01:38:17.45 ID:bxsThJvT0

苦手なタイプと言っても、あそこでギリシャ引き当てただけかなり幸運だから文句無し


135: 名無しさん@恐縮です 2013/12/09(月) 01:38:37.41 ID:ofxt8vgW0

この組で近年のW杯で一番結果残してるのは日本なんだから、
あまり相手を過大評価するのもどうかと。


137: 名無しさん@恐縮です 2013/12/09(月) 01:38:50.89 ID:LFgG6iKH0

ようは引き籠もってがたいいかしてのハイボール放り込みだろ。
GL二戦目でそれしかできないっていうなら、日本は負けないわ。


197: 名無しさん@恐縮です 2013/12/09(月) 01:58:00.76 ID:5vSBfxUE0

前のEUROなんか見ててもギリシャは勝点とらなきゃいけない試合でもしっかり守ってカウンターしてくる
日本が早いうちに点とれれば3-0、4-0でワンサイドゲームになる可能性も十分あるけど、逆にセットプレーからとられて逃げ切られるのも想像できる


199: 名無しさん@恐縮です 2013/12/09(月) 01:58:11.31 ID:gRWbKi7q0

ギリシャは欧州の中だけでは生き残り方を知ってるって感じだね
外に出ると意外なほど脆い印象


引用元: http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1386518806/

関連記事



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

あんてなサイト新着記事!

[ 2013/12/09 ] W杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。