NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フッキを称えるクロップ監督「彼を相手に守るのは難しい」

no title

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は19日、決勝トーナメント1回戦第2戦を行った。ドルトムント(ドイツ)はホームでゼニト(ロシア)に1-2で敗れたが、2試合合計5-4で準々決勝進出が決定。準優勝した昨季に続いて2シーズン連続の8強入りを果たした。

 試合後、ドルトムントのユルゲン・クロップ監督は「ゼニトは非常に優れたチームになった。質の高いサッカーをしており、調子が良ければどんな相手でも困らせることができる。今日はさまざまな要因で苦戦した」とコメントした。

 この日の試合では前半17分に力強いドリブルで右サイドから中央に切れ込んだFWフッキが左足を一閃。アウトサイドにかけた豪快なミドルシュートをゴールネットに突き刺し、ゼニトが先制点を奪っている。これを振り返った指揮官は「戦術的ミスで先制点を許してしまったが、フッキのような優れた選手のゴールは止められない。彼を相手に守るのは難しい」と相手ストライカーを手放しで称えた。

http://web.gekisaka.jp/news/detail/?134940-134940-fl







以下ツイッターの反応













関連記事
ゼニト新監督にビラス=ボアス氏が就任 20日から指揮 
http://www.sanspo.com/soccer/news/20140318/int14031819150012-n1.html



関連記事



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

あんてなサイト新着記事!

[ 2014/03/20 ] 欧州サッカー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。