NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

岡崎が独11部に新チームを設立!その名も「SAMURAI MAINZ FC(仮称)」

no title

岡崎が独11部新チーム設立!現役代表ストライカーがクラブ代表に

 日本が誇るストライカーが、海外へ飛び出す後輩たちを後押しする。FW岡崎が、現在プレーするドイツ南西部の都市・マインツを拠点とした新チームを創設し、代表に就任したことが判明。その名も「SAMURAI MAINZ FC(仮称)」。チームは7月に始まる来季からドイツ11部に参入が決まり、ドイツでのプレーを希望する日本人を多く受け入れる予定だ。

 岡崎は2011年1月のシュツットガルト移籍からドイツで活躍。今季加入したマインツで24戦11得点、日本代表でも5日のニュージーランド戦(国立)で2得点と好調を持続する。「幅広い多くの人に海外へチャレンジしてほしい」という思いもあり、今回のチーム発足に至った。

 ドイツでは、プロリーグのブンデスリーガは3部までだが、4部より下にも多くのアマチュアチームが存在し、裾野は広い。今回はマインツが所在する地域では最も下のカテゴリーとなる11部に参入。年間予算について関係者は「現段階ではわからない」というが、プロではないため選手の給与はいらず、登録費や現地の事務所、グラウンドなどの経費の数百万円程度とみられ、ドイツ最高峰クラブ、バイエルン・ミュンヘンの年間運営費約350億円の数千分の1ほどと極めて小規模。外国人枠などはなく、多くの日本人選手の受け入れが可能だという。

 岡崎の2学年上で、兵庫・滝川二高時代には高校選手権で岡崎と「兄弟2トップ」も組んだ兄・嵩弘氏のアドバイザー就任も決定。同氏は代表を務める「futbol del mundo」で多くのサッカー留学をサポートしてきた経験があり、「文化の異なる海外では、多くのことが学べる。チームの発足で、サッカーや語学を学びたいという人をサポートできる」と説明する。

 海外でも一線級だけでなくさまざまなレベルで日本人がプレーできる環境が整えば、日本サッカーの底上げにつながる。岡崎の新チーム創設がその第一歩となる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140323-00000502-sanspo-socc




以下ツイッターの反応




















関連記事



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

あんてなサイト新着記事!

[ 2014/03/23 ] 岡崎慎司 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。