NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ベイルの独走ゴールにスペイン国内から称賛の声

no title

ベイルの「ボルトばり」の独走ゴール、スペイン国内から称賛の声

【AFP=時事】FCバルセロナ(FC Barcelona)と対戦したスペイン国王杯(Copa del Rey 2013-14)決勝で、レアル・マドリード(Real Madrid)のギャレス・ベイル(Gareth Bale)が挙げた決勝点に対し、スペイン国内から称賛の声が上がっている。

 ベイル本人が「夢が叶った」とタイトル獲得の喜びを表現するなか、スペイン各紙は17日、同選手が持つ脚力と力強さに敬意を表した。

 マドリード(Madrid)の日刊スポーツ紙「マルカ(Marca)」は、ベイルを一面で取りあげ、平均時速27キロメートルで58メートルを駆け抜けた独走ゴールを詳しく紹介した。

 そして内側のページでは、その爆発的なスピードを武器に五輪で6個の金メダルを獲得している陸上短距離のウサイン・ボルト(Usain Bolt、ジャマイカ)になぞらえ、ベイルを「ギャレス・ボルト」と命名した。

 同じくスポーツ紙「アス(AS)」は、「弾丸ベイルでタイトル奪取」と見出しをつけ、同じ高額加入選手として比較されることも多かったバルセロナのネイマール(Neymar da Silva Santos Junior)との直接対決にもこれで決着がついたとの見解を示した。

 国王杯で挙げた決勝点は、今シーズンここまで大一番されてきた試合での欠場が続き、そのことで多くの批判を浴びていたベイルにとっては、完璧な反撃となった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140418-00000029-jij_afp-socc

レアル快足王“ウサイン・ベール”と称賛

 ウサイン・ベールの誕生だ! 16日のスペイン国王杯決勝で、Rマドリードを優勝に導いたウェールズ代表FWギャレス・ベール(24)の快足を、陸上男子100メートル、200メートルの世界記録を持つウサイン・ボルト(ジャマイカ)の名前をもじって“ウサイン・ベール”だと、18日付のアス紙が報じた。

 スペイン国王杯決勝でベールは、1-1の同点で迎えた後半40分、左サイドのハーフライン手前でパスを受けると、前方のスペースに大きく蹴りだした。相手DFバルトラに、ピッチ外へはじき飛ばされたが、猛ダッシュで追い越し、決勝点を決めた。

 同紙によると59・1メートルを、7・04秒で駆け抜けていたという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140418-00000070-nksports-socc




以下ツイッターの反応














関連記事



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

あんてなサイト新着記事!

[ 2014/04/18 ] 欧州サッカー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。