NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

降格危機のニュルンベルク、フェルベーク監督を解任

no title

降格危機のニュルンベルク、再び監督交代

日本代表MF長谷部誠と清武弘嗣が所属するニュルンベルクは23日、ヘルトヤン・フェルベーク監督の解任を発表した。クラブが公式ウェブサイトで伝えている。

最近9試合で1勝8敗と絶不調に陥っているニュルンベルク。残り3試合の今シーズン、ブンデスリーガ1部・2部入れ替えプレーオフが行われる16位との勝ち点差は1で17位につけている。「安全圏」15位との差は5ポイントだ。

クラブ史上8度目の降格を避けたいニュルンベルクは、フェルベーク監督を解任する決断を下した。シーズン終了まで暫定的にロジャー・プリンツェン監督がトップチームを率いることになる。

マルティン・バーダーSD(スポーツディレクター)は、クラブ公式ウェブサイトで、その決断を以下のように説明した。

「ここ数試合で連敗を喫したことで、残りの3試合で勝利するために、どのような手段が必要になるかを話し合った。この決断により、また新たなものを発揮できると我々は信じている」

「決して簡単な決断ではなかった。ヘルトヤンはいつもきちょうめんに働いていた。だが、ニュルンベルクの残留が一番のプライオリティーだ」

オランダ人のフェルベーク監督は昨年10月に就任し、22試合で指揮を執っていた。チームにより攻撃的なプレースタイルを植え付けたが、長谷部ら主力の負傷者続出も響き、結果を残せなかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140423-00000026-goal-socc















関連記事



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

あんてなサイト新着記事!

[ 2014/04/23 ] 欧州サッカー | TB(0) | CM(1)
終了・・・かな。
[ 2014/04/23 22:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。