NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マンU、スコールズ氏がコーチ就任でギグス監督をサポート

no title

マンU再建へ“黄金世代”集結 スコールズ氏がコーチ就任でギグス監督をサポート

 香川真司が所属するマンチェスターU(イングランド)は現地時間23日(以下現地時間)、クラブOBのポール・スコールズ氏がトップチームのコーチに就任したことを発表した。ロイター通信が報じている。

 今季の低迷を受け、22日にデイヴィッド・モイーズ前監督を解任したマンU。今季の残り4試合は選手兼コーチを務めていたMFライアン・ギグスが暫定的に指揮をとることが決まっている。

 そしてその補佐役として、マンUはスコールズ氏を招聘。ギグスとともにマンUの下部組織で育ち、1994年にトップデビューを果たした同氏は、ギグスらとともに長らくチームの中心を担い、多くのタイトル獲得に貢献。2010-11シーズン限りで一度は現役を引退したが、12年1月にアレックス・ファーガソン監督(当時)の要請を受け現役に復帰し、昨季終了時に改めて選手生活にピリオドを打った。

 マンUではスコールズ氏以外にもフィル・ネヴィル氏、ニッキー・バット氏と、ギグスと同世代で黄金期を築いた面々がコーチを務めており、4人合わせてマンU通算2543試合出場を誇る「黄金世代」が今度はベンチで力を合わせることとなった。なお、スコールズ氏はモイーズ前監督就任時にもコーチとしての打診を受けたものの、その際は申し出を断っていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140424-00000016-ism-socc

















関連記事



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

あんてなサイト新着記事!

[ 2014/04/24 ] 欧州サッカー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。