NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

本田、トップ下で先発するも前半のみで交代…ミランは逆転負け

no title

本田圭佑、トップ下で先発するも前半のみで交代…ミランは逆転負け

 セリエA第37節が11日に行われ、アタランタと日本代表MF本田圭佑の所属するミランが対戦。本田はトップ下で先発出場した。

 アウェー戦に臨んだミランは、アタランタの攻勢を受けながら、前半終了間際にチャンスを作る。41分にマリオ・バロテッリがクロスバー直撃の直接FKを放つと、44分に再びバロテッリがFKを直接狙う。シュートはGKのセーブに遭うが、FKの流れから右サイドのクロスに本田がヘディングで合わせたが、ボールはゴール脇に外れた。

 スコアレスのまま前半を折り返すと、昨年12月以来、半年ぶりの復帰となったステファン・エル・シャーラウィを本田との交代で投入。49分には右サイドのクロスからカカがヘディングシュートを放ったが、ゴール上に外れて先制点とはならなかった。それでも、51分にカウンターからミランが先制する。左サイドを抜け出したサリー・ムンタリがグラウンダーのクロスを入れると、アタランタのジャンパオロ・ベッリーニがクリアし切れず、ボールはゴールに吸い込まれた。

 オウンゴールでリードを得たミランだったが、67分に追いつかれてしまう。ペナルティエリア内で、ケヴィン・コンスタンがアタランタのカルロス・カルモナを倒してしまい、PKを献上。ヘルマン・デニスにシュートを蹴り込まれて、試合を振り出しに戻された。

 勝ち越しを狙うミランは、76分にムンタリに代えてアデル・ターラブト、80分にカカに代えてジャンパオロ・パッツィーニをピッチに送り出す。しかし、後半アディショナルタイムにバロテッリの放ったミドルシュートがポストを叩くなど、決め手を欠いた。すると、ラストプレーで途中出場していたアタランタのフランコ・ブリエンザにミドルシュートを叩き込まれ、1-2と逆転負けを喫した。

 2試合ぶりの黒星となったミランは、16日に行われるセリエA最終節で、サッスオーロとホームで対戦する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140511-00188912-soccerk-socc




本田、前半のみでベンチに退く…交代時の反応

























試合終了






















関連記事



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

あんてなサイト新着記事!

[ 2014/05/11 ] 本田圭佑 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。