NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大迫3戦連発はならず…加入から半年、ドイツでの初シーズンを15試合6ゴールで終える

大迫、最終節で3戦連発はならず…加入後15試合で6G2A

[5.11 ブンデスリーガ2部第34節 ウニオン・ベルリン 1-1 1860ミュンヘン]

 ブンデスリーガ2部は11日、第34節を行い、FW大迫勇也の所属する1860ミュンヘンは敵地でウニオン・ベルリンと対戦し、1-1で引き分けた。大迫はフル出場したが、3試合連続ゴールはならず。最終節は無得点でドイツでのシーズンを終えた。

 1860ミュンヘンは前半17分、MFモリッツ・シュトッペルカンプの右CKにDFグジェゴジ・ボイトコビアクが頭で合わせ、先制点。前半を1点リードで折り返したが、後半4分に追いつかれた。結局、試合はそのまま1-1で終了。1860ミュンヘンの連勝は3で止まり、最終節を勝利で飾ることはできなかった。

 今年1月の移籍市場で1860ミュンヘンに加わった大迫は15試合すべてに先発出場し、6ゴール2アシストを記録。2部リーグとはいえ、加入からの半年間でしっかりと得点力を発揮した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140512-00135372-gekisaka-socc
























関連記事



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

あんてなサイト新着記事!

[ 2014/05/12 ] 大迫勇也 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。