NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

CSKAがリーグ連覇を達成!ドゥンビアがフッキら抑え得点王に

no title

本田圭佑が冬まで在籍のCSKA、10連勝でリーグ連覇を達成

 ロシア・プレミアリーグ第30節が15日に行われ、CSKAモスクワとロコモティフ・モスクワが対戦した。

 首位のCSKAモスクワはホーム戦に臨むと、スコアレスで迎えた後半開始直後の46分にゾラン・トシッチが先制点をマークした。リードを奪うと、トシッチの得点を守り切り、1-0で勝利。勝ち点64でゼニト・サンクトペテルブルクを同1差で抑え、リーグ連覇を達成した。

 今冬まで日本代表MF本田圭佑が在籍していたCSKAモスクワは、リーグ再開初戦となった3月9日に行われた第20節のディナモ・モスクワ戦で敗戦。しかし、以降は10連勝を飾り、5度目のリーグ優勝を達成した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140516-00190229-soccerk-socc

ドゥンビアがフッキら抑え、2度目のロシアリーグ得点王

 ロシア・プレミアリーグは15日、2013-14年シーズンを終えた。クラブではCSKAモスクワが2連覇を達成。得点王には18ゴールを挙げたCSKAモスクワのFWドゥンビア・セイドゥが輝いた。

 ドゥンビアはコートジボワール出身の26歳。日本にも馴染みは深く、2006年に柏レイソルに入団。08年には当時J2の徳島ヴォルティスでプレーしている。スイス・ヤングボーイズを経て、10年にCSKAに入団。ロシアリーグでの得点王は11-12年シーズンに続いて2度目。今回はW杯にブラジル代表として出場するFWフッキ(ゼニト=17得点)らを抑えて、単独での得点王獲得となった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140516-00135485-gekisaka-socc



























関連記事



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

あんてなサイト新着記事!

[ 2014/05/16 ] 欧州サッカー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。