NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

DFBポカール決勝、バイエルンが延長戦の末ドルトムントを下し2冠達成

no title

[DFB杯]バイエルンが延長戦の末、ドルトムントを下し2季連続の2冠達成

[5.17 DFBポカール決勝 ドルトムント0-2(延長)バイエルン]

 DFBポカール(ドイツ国内杯)の決勝が17日、ベルリンのオリンピアシュタディオンで行われ、バイエルンが延長戦の末、ドルトムントを2-0で下し、2シーズン連続17回目の優勝を飾った。ジョゼップ・グアルディオラ監督就任1年目のバイエルン。欧州CLを含めた史上初の3冠に輝いた昨季に続き、2シーズン連続でブンデスリーガとの2冠を達成した。

 3バックでスタートしたバイエルンだったが、前半23分にMFフィリップ・ラームが左足首を負傷。一度はピッチに戻ったが、前半30分、MFフランク・リベリとの交代を余儀なくされた。キャプテンの負傷交代というアクシデントに見舞われたが、試合はバイエルンのペースで進む。しかし、最後の攻め手を欠き、0-0のまま後半へ。後半11分にはリベリの左クロスにMFトーマス・ミュラーが合わせるもGKロマン・バイデンフェラーがセーブ。ドルトムントの粘り強い守りに阻まれた。

 ドルトムントは後半19分、MFヌリ・サヒンの左FKをFWロベルト・レワンドフスキが頭でそらし、DFマッツ・フンメルスがヘディングシュート。カバーに入ったDFダンテがゴールライン際でクリアした。フンメルスの位置がオフサイドだったようにも、ダンテがクリアする前にボールがゴールラインを越えていたようにも見えたが、いずれにせよ主審はプレーを流し、ノーゴールの判定。試合は徐々に激しさを増し、両チームがチャンスをつくるが、0-0のまま90分間で決着が付かず、延長戦に突入した。

 両チームに足をつり出す選手の姿も見られるなど死闘となった一戦は、意外な形で決着が付いた。延長後半2分、ボールをキャッチしたドルトムントGKバイデンフェラーからDFケビン・グロスクロイツへのスローイングのパスをDFイェロメ・ボアテングがカット。素早く右サイドからアーリークロスを入れると、ドルトムント守備陣はクリアし切れず、ファーサイドまで流れてきたボールをMFアリエン・ロッベンが左足で流し込んだ。延長後半アディショナルタイムにはカウンターからミュラーがダメ押しゴール。2-0と試合を決定づけ、バイエルンが大会連覇と2冠を達成した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140518-00135526-gekisaka-socc






















関連記事



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

あんてなサイト新着記事!

[ 2014/05/18 ] 欧州サッカー | TB(0) | CM(2)
ラームが怪我.... これがドイツ代表に、かなり影響が出るでしょうね...

ドイツ代表のSBは、意外に人材難ですからね。 グロクロさんがSBやるのではないか、という予想もありますからね。

[ 2014/05/18 17:44 ] [ 編集 ]
ラーム怪我したんですか…(´・ω・`)
[ 2014/05/18 23:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。