NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

インテルが最終戦で逆転負け…引退サネッティはフル出場、長友出番なし

no title

長友は出番なし インテル、最終戦で逆転負け

18日に行われたセリエA最終節、キエーヴォ対インテルの一戦は、1ー2でアウェーのインテルが敗れた。インテルの長友佑都はベンチ入りしたが、出場機会はなかった。

5位フィニッシュが決まっているインテルは、今シーズン限りで引退するサネッティのほか、退団することになるミリートやカンビアッソが先発。そのほかは普段出番の限られた選手が中心となった。不動の左サイド、長友はベンチスタートとなる。

メンバーの違いもあって、インテルは序盤に押し込まれた。

10分にはキエーボに決定機。右からのクロスで中央のパロスキがフリーだったが、ヘディングシュートはクロスバーに嫌われた。

その後、インテルが落ち着き始めてダンブロージオらにチャンスがあったものの、先制点には至らない。

すると、インテルは再び苦しみ始める。カンビアッソをセンターバックに置いたインテルは、ゴールマウスを守るのが控えGKのカリソということで、連係にも不安があり、ピンチが続く。

30分には、パロスキが中央から左前方にスルーパスを送ると、ラザレビッチがワンタッチで縦に持ち出し、左足でシュート。きれいにゴール右隅を狙ったが、またしてもポストに嫌われた。

しかし、流れに反してインテルが先制した。41分、右サイドの浅い位置からFKを得ると、タイデルが中央に送る。このボールは精度を欠いたが、DFに当たってこぼれたボールをアンドレオッリが右足でとらえてゴール。うれしいはずのシーズン初ゴールを決めたアンドレオッリだが、古巣への敬意からゴールを祝うことはなかった。

1点リードで折り返したインテル。消化試合ということで互いにアグレッシブさにかけたが、それでもコバチッチやボッタの個の力で何度か好機をつくる。しかし、勝負を決める追加点には至らなかった。

すると73分にキエーボが反撃。途中出場でピッチに入ったばかりのオビンナがラザレビッチのスルーパスをペナルティーエリア左で受けると、左足を鋭く振り抜き、強烈なシュートでニアを射貫いた。

インテルは終盤、16歳のボナッツォーリにセリエAデビューの機会を与え、将来に向けての交代を見せる。

しかし、インテルは最終節で勝ち点を得ることができなかった。

90分、ペナルティーエリア手前で横パスを受けたオビンナが右足のミドルシュートを決めて、キエーボが逆転。元インテルのアタッカーによる2ゴールで、キエーボが最終戦で白星を飾った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140519-00000035-goal-socc

インテルが最終戦で黒星…長友出番なし、引退サネッティはフル出場
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140519-00191033-soccerk-socc























関連記事



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

あんてなサイト新着記事!

[ 2014/05/19 ] 欧州サッカー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。