NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

助監督に就任するギグスが現役引退を発表…12回の優勝に貢献

no title

ギグス引退、助監督に マンU一筋、12回の優勝に貢献

 イングランド・プレミアリーグで香川真司が所属するマンチェスター・ユナイテッドのライアン・ギグス(40)が現役を退き、助監督に就任する。今季終盤に選手兼任で暫定監督を務めた。監督にはオランダ代表のルイス・ファンハール監督が就任する。

 引退に際し、ギグスは「きょう、人生の新しい章が始まる。自分の夢はいつもマンチェスター・ユナイテッドでプレーすることだった。選手としてそのユニホームを着られないのは寂しい」とコメント。そして「世界のベストプレイヤーとプレーし、偉大なファーガソン元監督の下で一緒に仕事もできた。そして、偉大なファンのために戦えて幸運だった。感謝しています」と続けている。

 ギグスは1973年11月29日生まれ、ウェールズのカーディフ出身。1991年に17歳でデビューを果たしマンチェスター・ユナイテッド一筋で活躍。クラブ史上最多の公式戦963試合に出場した。高速ドリブルを武器にサイドアタッカーとして昨季まで23季連続得点も記録。12回のプレミアリーグ、3回のリーグカップ優勝に貢献した。05年にはイングランドのサッカーの殿堂入りをしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140519-00000116-spnannex-socc



























関連記事



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

あんてなサイト新着記事!

[ 2014/05/20 ] 欧州サッカー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。