NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドイツ代表MFロイスがじん帯部分断裂…W杯欠場へ

no title

ドイツ代表のロイスがじん帯部分断裂、W杯欠場へ

【AFP=時事】サッカードイツ代表のマルコ・ロイス(Marco Reus)が足首の靱帯(じんたい)を部分断裂し、W杯ブラジル大会(2014 World Cup)を欠場する見込みとなった。

 25歳のロイスは、6-1でドイツが勝利した6日のアルメニア戦でハーフタイムを前に左足首をひねって病院に搬送され、検査でけがの状態が明らかとなった。

 ドイツサッカー連盟(German Football Federation、DFB)は、7日の現地時間午後10時にフランクフルト(Frankfurt)からキャンプ地ポルト・セグーロ(Porto Seguro)に向かうチームにロイスが帯同するか否かの決定がじきに下されると発表している。

 所属するボルシア・ドルトムント(Borussia Dortmund)で好調を維持していたロイスは、ドイツ代表として21試合に出場して7得点を決めており、ヨアヒム・レーブ(Joachim Loew)監督の攻撃的なサッカーの中心的な役割を担っていた。

 ドイツ代表の主将フィリップ・ラーム(Philipp Lahm)は、診察結果が出る前の段階で「マルコはずっと好調だったので、けがの状態が悪ければ大きな打撃になる」と語っていた。

 ドイツは、16日にグループGの初戦でポルトガルと対戦し、その後ガーナ、米国との試合を控えている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140607-00000020-jij_afp-socc






























追記 ロイスの欠場が公式に発表…





じん帯部分断裂のロイス、やはりW杯欠場と発表

ドイツサッカー連盟は7日、公式ウェブサイトで、ドイツ代表MFマルコ・ロイスがブラジル・ワールドカップ(W杯)を欠場すると発表した。ヨアヒム・レーブ監督は代役として、サンプドリアDFシュコドラン・ムスタフィを招集している。

ロイスは6日に行われた国際親善試合のアルメニア戦で、前半に左足首を捻って負傷交代。DFBは7日になって、足首のじん帯を部分断裂していると発表した。DFBはその後、ロイスがブラジルに帯同せず、練習再開までに6、7週間を要すると明かしている。

レーブ監督は次のようにロイス離脱を嘆いた。DFBの公式ウェブサイトがコメントを伝えている。

「彼と我々にとって非常に残念なことだ。マルコは素晴らしい調子だった。キャンプやカメルーン戦、アルメリア戦で素晴らしかったんだ。プレーする喜びを見せていた。ブラジルに向けて彼は我々の中心的役割だったんだ」

DFBはまた、候補メンバーだったムスタフィを代わりにチームに加えることを明かしている。同選手追加招集について、レーブ監督は次のように述べている。

「ロイスの代役という考えではない。我々の2列目のクオリティーは素晴らしいんだ。ルーカス・ポドルスキ、アンドレ・シュールレ、マリオ・ゲッツェ、トーマス・ミュラー、メスト・エジル、ユリアン・ドラクスラー、トニ・クロース…多くの代役がいる」

「だからこそ、我々は守備のための別の選択肢を選んだ。シュコドランはキャンプで我々を驚かせていたんだ。フィットしているし、我々は彼を信頼している。100%信頼できると分かっているよ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140607-00000022-goal-socc

関連記事



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

あんてなサイト新着記事!

[ 2014/06/07 ] ニュース | TB(0) | CM(1)
今回のW杯異常すぎない?
[ 2014/06/07 18:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。