NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本での経験について語るフォルラン「何もかもが素晴らしい」

no title

フォルラン:「日本では何もかもが素晴らしい」

セレッソ大阪所属のウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランは、ブラジル・ワールドカップ(W杯)での初戦を前に、大会への意気込みや日本での経験について英国メディアのインタビューに語っている。

前回の南アフリカW杯で大会MVPに選出される活躍を見せ、ウルグアイを4位に導いたフォルラン。今年初めにC大阪に加入し、JリーガーとしてブラジルW杯に臨むことになった。

C大阪入団時の会見では日本語での長いあいさつで報道陣やファンを驚かせたフォルランは、イギリス『ガーディアン』のインタビューで、日本での経験や日本語、日本の人々について次のように話している。

「日本語は少しだけ話しているよ。それほど簡単じゃないけど、トライしているんだ。英語が通じる人があまり多くないというのもあるけど、その土地の言葉を話したいんだ。(マンチェスター・)ユナイテッドに加入したときはすぐにコミュニケーションが取れるようになったけど、それができれば大きな違いになるからね」

「日本に行くことはまったく考えていなかったけど、Jリーグの方から僕に話が来た。彼らが僕をプロジェクトの一部として欲しがってくれたことが分かったよ。日本では何もかもが素晴らしい。サッカーも、スタジアムも、町も。人々はすごく礼儀正しくて、すごく優しいんだ」

14日にはグループD初戦でコスタリカと対戦。その後はイングランド、イタリアという強豪国との対戦が待っているが、フォルランはそういった相手との勝負が楽しみだと語る。

「ウルグアイは小さな国だけど、豊かなサッカーの歴史を持っている。僕らは多くのものを勝ち取ってきたから、人々はいつも僕らが良い結果を出すことを期待している。この4年間起こったことの結果、期待は大きい。ウルグアイの人々は僕らが前回のW杯以上の好成績を残すことを期待しているんだ」

「ビッグチームと戦えるのは素晴らしいことでもある。抽選が行われて、イングランドやイタリアとの対戦が決まると、『良いチームと戦わなければならないな』と思ったよ。僕らにとって難しくなることは分かっているけど、彼らにとっても難しいはずだ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140614-00000022-goal-socc















関連記事



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

あんてなサイト新着記事!

[ 2014/06/14 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。