NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

本田先制ゴールも…日本がコートジボワールに逆転負けで初戦を落とす

no title

日本、W杯黒星スタート…本田の2大会連続ゴールも後半逆転許す

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第1節が14日に行われ、グループCではコートジボワール代表と日本代表が対戦した。

 ワールドカップ初戦となる試合でコートジボワールは負傷の状態が懸念されていたヤヤ・トゥーレがスタメンの一方、ディディエ・ドログバがベンチスタートとなった。日本は、川島永嗣、内田篤人、森重真人、吉田麻也、長友佑都、山口蛍、長谷部誠、岡崎慎司、本田圭佑、香川真司、大迫勇也が先発に名を連ねた。

 この試合ファーストシュートは6分、カウンターからジェルビーニョのスルーパスをペナルティエリア内右で受けたウィルフリード・ボニーが狙うが、森重真人がブロックに入った。序盤はコートジボワールが支配する展開で進む。

 日本は16分、左サイドのゴールライン近くからスローインで再開すると、長友の横パスを受けた本田が、ペナルティエリア内左で、右足のトラップから前を向くと、左足一閃。強烈なシュートがゴール左上へ突き刺さり、日本が最初のシュートで先制に成功する。

 21分には右サイドで内田がエリア内右でボールを持つと、巧みな切り返しでDFをかわして左足を振り抜いたが、GKブバカル・バリーの正面を突いた。直後にも本田の右サイドからのクロス性のボールがゴールへ向かうが、GKバリーが下がりながら弾いた。

 コートジボワールはY・トゥーレやジェルビーニョを中心に日本ゴールへ迫る。31分にはゴール前右で得たFKをアルトゥール・ボカが直接狙ったが、枠の上へ外れる。35分にもCKのこぼれ球をボカが強烈なミドルシュートで狙ったが、GK川島の守備範囲だった。39分にはY・トゥーレがエリア内左に侵入するとマイナスボールをジェルビーニョがシュートするが、山口がブロック。日本は前半、攻め込まれる場面が多いながらも、リードして試合を折り返す。

 ハーフタイムに両チームのメンバー交代はなし。48分にコートジボワールはパス交換から右サイドでフリーのサロモン・カルーにボールが渡りシュート。DFのブロックで威力がなくなったところにボニーが頭で合わせたが、ミートしなかった。

 日本は50分、セットプレーの流れから、相手に渡ったボールを本田が高い位置で奪い返し、最後はゴール左45度の位置で長谷部が狙うも枠の左へそれた。53分、アルベルト・ザッケローニ監督は長谷部をベンチに下げ、遠藤保仁を送り出す。

 57分、コートジボワールはY・トゥーレがドリブルで突破しエリア内右に侵入。対応した吉田がタックルにいくと、Y・トゥーレが倒れたが、ホイッスルは鳴らず。60分にはカルーがミドルレンジからシュートするが、枠の左へ外れた。

 1点を追うコートジボワールは62分にボランチのセレイ・ディエを下げ、ドログバを投入。迎えた64分、コートジボワールは右サイドのセルジュ・オーリエがアーリークロスを送るとニアサイドに飛び込んだボニーがヘディングでゴール左へ決め、試合は振り出しに戻る。

 勢いに乗るコートジボワールは2分後にも似たような形で、オーリエからクロスが上がると、今度はニアサイドでジェルビーニョがダイビングヘッドをフリーでゴール右隅へ決め、あっという間に逆転に成功する。直後、日本は大迫を下げ、大久保嘉人がピッチに立つ。

 81分、コートジボワールはゴール正面やや左でのFKをドログバが狙ったが、GK川島が弾く。85分にはゴール正面のドログバがフリーでシュートするが、ブロックに当たり枠を外れる。直後に日本は香川を下げ、柿谷曜一朗を投入して交代枠を使い切る。しかし、コートジボワールのゴールは遠く。日本は1-2で敗れた。

 19日に行われるグループリーグ第2節でコートジボワールはウルグアイと、日本はギリシャと対戦する。

【スコア】
コートジボワール 2-1 日本

【得点者】
0-1 16分 本田圭佑(日本)
1-1 64分 ボニー(コートジボワール)
2-1 66分 ジェルビーニョ(コートジボワール)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140615-00200746-soccerk-socc

※最後の文章のコートジボワールはウルグアイと対戦ではなく、コロンビアと対戦の間違いです。





Ivory Coast 2 ~ 1 Japan (Highlights) Group C... 投稿者 veniaminshows































関連記事



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

あんてなサイト新着記事!

[ 2014/06/15 ] 日本代表 | TB(0) | CM(5)
DFが1対1弱すぎで全体的に守備に回ってスタミナ切れって感じだな
センターバックが2人が守れてないからボランチが全てカバーでボランチに穴が出来てスペース空きまくり
あれじゃあ攻撃陣は無理だな
日本の課題は1対1に強いDFだな
欧州みたいな組織的なチームには強いがアフリカとかみたいにはフルボッコ コスタリカにも勝ったがDFは2人にフルボッコ状態
攻撃陣はDFが落ち着いたら結果を出すだろうからそこまで危機感はないが余りにもDFが
森重は世界経験不足だから仕方がないにしても吉田は無い
6失点でもおかしくない守備だったよ
[ 2014/06/15 12:37 ] [ 編集 ]
コートジボワールは次節ウルグアイだと!?

ほぅじゃコロンビアはコスタリカかぁ…

[ 2014/06/15 13:12 ] [ 編集 ]
DFの責任ではないと思う。前の連中がパスミス多いんで戻る回数が多くて
みんなが疲れて間延びしそこを突かれてしまった。
最大の原因はパスミスの多さだよ。
あれだな一回パスミスしたら相手に持たせるとか次の攻撃はゆっくりパス回すとか・・。後ろを休ませないと。
やみくもに走ったら無理だよ。ここは数かけて攻撃ここは数をかけずにとか緩急つけなきゃ暑いんだからさ。90分間ずっと守れないんだしさ。中学生でもやれると思たっが逆に気合いの入れすぎだったのかな?
いつもと違った。コートジボワールとかイタリアとか暑いなりにそうやってるじゃん。
全員で攻撃全員で守備は暑かったりミスが多いときはできないんだから試合中考えなきゃ。
それもできないほど疲労してたの?もうよくわかんない。
[ 2014/06/15 14:25 ] [ 編集 ]
勿論DFだけの責任じゃあないね。

不思議な試合だった・・・。
良いトコの家に招待された子供の様にぎこちない選手たち。

でももう彼らを信じる以外の選択なんてないよな!
[ 2014/06/15 17:45 ] [ 編集 ]
雨降っただけで出来なくなるパスサッカーなんかやめちまえ
スペインと違って個人技皆無だから余計詰んでた
[ 2014/06/15 21:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。