NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ペケルマン監督、日本との接触を認める「良好な関係にある」

no title

ペケルマン監督「日本は私に関心を持っている」

 4年前の2010年8月、岡田武史前監督の後任候補として一部メディアに名前が挙がっていた現コロンビア代表のホセ・ペケルマン監督が、日本戦を翌日に控えた公式会見で「日本(サッカー協会)は私に関心を持っていることを知っている」と、次期監督就任に関して何らかの接触があったことを明かした。

 岡田前監督の後任候補としては、当時、欧州や南米で指導経験のある人材から複数の名が挙がっていたが、ペケルマン監督は「日本からのオファー、接近は過去になかったし、現時点でもない」と答えていた。

 ところがこの日は日本協会との接触を認め、さらに「私は感謝している」とまで述べた。「アルゼンチン時代に何度も日本に行き、日本とも試合をした。日本とは良好な関係にある。とても良い国であり、素晴らしい国。サッカーも発展している」と、言葉は続いた。

 ただ、現在はW杯真っ最中。最後は「今の時点ではそのことについて何も言えません。コロンビアに集中しています」と含みを残し、会見場を去っていった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140624-00136715-gekisaka-socc





















関連記事



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

あんてなサイト新着記事!

[ 2014/06/24 ] ニュース | TB(0) | CM(1)
ストレス~が地球をダメにす~る~♪
[ 2014/06/25 14:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。