NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブラジルがPK戦の死闘を制しベスト8進出…チリが姿消す

no title

開催国ブラジル、PK戦の死闘を制して6大会連続ベスト8…チリが姿消す

 ブラジル・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦が28日に行われ、ブラジル代表とチリ代表が対戦した。

 開催国であり優勝候補筆頭のブラジルはグループAをトップ通過。メンバーの基本構成は変わらず。ボランチのパウリーニョに代わってスタメンとなったフェルナンジーニョがグループリーグ第3節カメルーン戦からの変更点となった。一方のチリは、前回王者のスペインを抑え、グループBを2位で勝ち上がってきた。最終節のオランダ戦からはアルトゥール・ビダルが先発に復帰し、それ以外は同様のメンバーとなった。

 ファーストシュートは6分、ブラジルが左CKからこぼれ球をマルセロが狙ったが、ゴール左へ外れた。一方のチリも直後に高い位置でボールを奪ってから、最後はマルセロ・ディアスがミドルの位置から狙うが、こちらも枠を捉えられず。

 互いに高いテンションで試合を進める中、迎えた18分。ブラジルは左CKを得るとネイマールが送ったボールにチアゴ・シウヴァがヘディングでコースを変え、ファーサイドのダヴィド・ルイスが押し込み、先制点を獲得する。

 一方のチリもブラジルのミスから同点とする。32分、ブラジルは自陣でのスローインで最下位するとマルセロのスローを受けたフッキのリターンパスがショート。これを狙っていたエドゥアルド・バルガスがカットして中央へ。エリア内右で受けたアレクシス・サンチェスがゴール左へ流し込み、試合を振り出しに戻した。

 36分、ブラジルは右サイドからオスカルのクロスをネイマールがヘディングで合わせたが、マークについていたフランシスコ・シルバに当たってゴール右へ外れた。39分には自陣からのロングパスをエリア内左で収めたネイマールが粘り、最後はフレッジがつめたが、シュートはクロスバーを越えた。3分後にはチリも自陣からのロングボールにビダルがエリア内で滑り込んで合わせたが、ミートしきれず。

 直後にはダニエウ・アウヴェスの無回転ミドルがチリGKクラウディオ・ブラボを襲うと、チリも前半アディショナルタイムにビダルの高い位置でのボールカットから、サンチェスがエリア内にスルーパスを送り、走りこんだチャルレス・アランギスがシュートしたが、戻ってきたDFのブロックに遭った。前半は1-1の同点で終える。

 ハーフタイムに両チームのメンバー交代はなし。後半も最初のシュートはブラジルで、フェルナンジーニョがミドルレンジから狙うも、ポスト左だった。55分、ブラジルはマルセロが左サイドからのアーリークロスをエリア内に送ると、フッキが胸トラップから、しっかりとしたミートはできなかったものの、ボレーシュートをゴール左へ流し込んだが、ハンドの反則を取られ、ノーゴールとなった。

 最初にベンチが動いたのはチリ。57分にバルガスを下げてフェリペ・グティエレスを投入する。一方のブラジルも63分にフレッジに代えてジョーが投入される。

 直後、チリは右サイドをパスで崩すと、マウリシオ・イスラのグラウンダーのマイナスクロスにアランギスが合わせたが、GKジュリオ・セーザルが好反応で防いだ。チリのペースで時間が経過する中、ブラジルは72分に2枚目のカードとしてフェルナンジーニョとラミレスを交代させる。2分後には左サイドのフッキからDFライン裏にクロスが送られたが、ジョーはわずかに合わせられず。

 81分、ブラジルはダニエウ・アウヴェスが浅い位置からゴール前に送ると、ネイマールがヘディングで合わせたが、GKブラボの正面だった。2分後にはフッキがドリブルでエリア内に侵入し、右足を振り抜いたが、ここもGKブラボがパンチングで防ぐ。87分にはチリがマウリシオ・ピニージャをビダルに代えて投入。結局後半に入ってからは両チームともネットを揺らすことはなく、90分を終了。1-1のまま延長戦に突入する。

 延長に入り、運動量が落ちた両チーム。ブラジルは103分にフッキがピッチ中央から強烈なミドルシュートを左足で放ったが、GKブラボが弾く。延長後半開始時にブラジルはオスカルを下げ、ウィリアンがピッチへ。チリは延長後半開始早々、守備で奮闘していたガリー・メデルが抱えていた左太ももの負傷を悪化させ、ホセ・ロハスが入り、両チームとも交代枠を使い切る。

 延長に入ってからはブラジルがボールを保持する時間が続く。チリも一瞬のスキをついて、120分にピニージャがゴール正面でミドルシュートを放ったが、クロスバーを直撃してしまう。直後にはブラジルもラミレスが遠い位置から狙ったが、これも枠を捉えられない。両チーム、ネットを揺らすことができず、試合はPK戦にもつれ込む。

 PK戦では先行のブラジルは1人目のダヴィド・ルイスが成功。チリはピニージャがジュリオ・セーザルに止められる。2人目はウィリアンがゴール左に外してしまうも、A・サンチェスのシュートは再びJ・セーザルがストップ。3人目は両者決めると、ブラジルは4人目のフッキがGKブラボに防がれ、チリはディアスが成功。4人目を終えて2-2となる。ブラジルは5人目のネイマールが成功。一方のチリはゴンサロ・ハラが失敗し、3-2でブラジルがPK戦を制した。

 勝利したブラジルは6大会連続のベスト8進出。7月4日に行われる準々決勝では、コロンビアとウルグアイの勝者と対戦する。

【スコア】
ブラジル 1-1(PK 3-2) チリ

【得点者】
1-0 18分 ダヴィド・ルイス(ブラジル)
1-1 32分 アレクシス・サンチェス(チリ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140629-00206826-soccerk-socc


























関連記事



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

あんてなサイト新着記事!

[ 2014/06/29 ] W杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。