NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スアレスを擁護するマイク・タイソン…噛みつきは「理解できる」

no title

マイク・タイソンがスアレスを擁護…噛みつきは「理解できる」

 元プロボクサーのマイク・タイソンが、ブラジル・ワールドカップで噛みつき行為を犯したウルグアイ代表FWルイス・スアレスを擁護した。

 スアレスはブラジル・ワールドカップのグループD最終節で、イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニに噛みつき、FIFA(国際サッカー連盟)から9試合の出場停止、4カ月のサッカー活動停止、10万スイスフラン(約1200万円)の罰金という処分を科された。キャリア3度目の噛みつき行為だったこともあり、厳罰処分となっている。

 現役時代の1997年、WBA世界ヘビー級王座に挑戦した一戦で、イベンダー・ホリフィールド氏の耳を噛んで失格負けとなり、1年間のライセンス停止処分を科された経験を持つタイソンは、スアレスの行為を擁護している。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』がコメントを伝えた。

「スアレスの噛みつき? 理解できるね。突発的に起こり得ることだ。静脈の血がわきたつような大会での、瞬間の出来事だろう。理性がききにくくなる。自分じゃない何かになってしまうことがあるのさ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140710-00210516-soccerk-socc








マイク・タイソン - Wikipedia

耳噛み事件
    翌年6月28日に行われた再戦では、ホリフィールドのWBA世界ヘビー級王座に挑戦するが、耳噛み事件(雑誌等で世紀の噛み付きとも称された)を起こし、2回の耳噛みにより3R終了時に失格負けとなった。この反則行為により、試合後はリング上で大混乱となり、一年間のライセンス停止処分を受けた。後年、ホリフィールドとはこの件に関しては和解しておりカメラの前で当時の事を冗談交じりに語り合う姿が写し出されている。






関連記事



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

あんてなサイト新着記事!

[ 2014/07/10 ] ニュース | TB(0) | CM(1)
タイソン→耳噛みちぎった
スアレス→肩噛んだだけ
レベルが違うwww
[ 2014/07/10 23:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。