NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ファン・ハール監督、初めてトップ下で起用した香川に好印象か「前の2試合より良い動き」

no title

マンU指揮官、香川のトップ下に好印象か「前の2試合より良い動き」

 プレシーズンマッチ「インターナショナル・チャンピオンズカップ」のグループA第3試合が29日に行われ、日本代表MF香川真司所属のマンチェスター・Uと同DF長友佑都所属のインテルが対戦した。同試合は90分を終えてもスコアレスのまま決着がつかず、PK戦に突入。マンチェスター・Uが5-3でPK戦を制した。

 試合後の会見でルイス・ファン・ハール監督は、初めてトップ下で起用した香川について言及。「ドルトムント時代に真司が10番のポジションでプレーしていたことは知っていた。だからこそ、前の2試合ではボランチのポジションに入れてみた。新しいシステムの中で、彼がどんな動きをするのか試してみたかった」と、起用意図を説明した。

 ファン・ハール監督は、念願のトップ下でプレーした香川に対して「最初の2試合よりも良い動きをしていたと思う」と評価している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140730-00216249-soccerk-socc





























関連記事



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

あんてなサイト新着記事!

[ 2014/07/30 ] 香川真司 | TB(0) | CM(1)
比較論であり8番の動きが悪かったという意味だろう。
ユーティリティー性の低さはいずれ不利に働く。
まそれでも左SHが出来ることは去年の対戦で知ってる訳だしね。
[ 2014/08/01 01:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。