NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ACミランがトーレス獲得でクラブ間合意…年俸半減を受け入れるかどうかか鍵

no title

F・トーレスのミラン移籍は年俸半減を受け入れるかどうかか鍵!?

すでにクラブ間では合意に達する

 ACミランがチェルシーのスペイン代表FWフェルナンド・トーレス獲得でクラブ間合意に達していることが分かった。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が「ミランはトーレスのイエスを待つ。ボリーニ獲得も検討中」との見出しで報じている。

 チェルシーはすでにミランへのトーレス放出で合意に達しており、トーレスとの契約交渉が現時点のハードルとなっているという。トーレスはチェルシーから年俸600万ユーロ(約8億円)を手にしているが、ミランはその半額である300万ユーロを上限としているという。

 すでにイタリア代表FWマリオ・バロテッリをリバプールに放出した現状で、トーレスが年俸50%減を受け入れるかが焦点となっており、27日中にもトーレスは決断することになるという。

 ミランはFW陣の補強の一環で、リバプールのイタリア人FWファビオ・ボリーニを期限付き移籍で獲得するために交渉を進めており、クラブからの承諾待ちだ。

 さらには中盤の補強策としてチェルシーの若きオランダ代表MFマルコ・ファン・ヒンケルに関して、買い取りオプション付きのレンタル契約を結ぼうとしている。

 ポスト・バロテッリ体制確立へ、ミランが移籍市場閉幕ギリギリまで積極的な補強に動くことになりそうだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140827-00010004-soccermzw-socc

















関連記事



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

あんてなサイト新着記事!

[ 2014/08/27 ] 欧州サッカー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。