NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

柿谷が幻ゴールのお返しで今季2点目! 久保所属のヤング・ボーイズに勝利

no title

柿谷が幻ゴールのお返しで今季2点目…バーゼル勝利で1位浮上

 スイス・スーパーリーグ第7節が31日に行われ、日本代表FW柿谷曜一朗の所属するバーゼルと、FW久保裕也が属するヤング・ ボーイズが対戦。柿谷と久保は共にベンチスタートとなった。

 現在リーグ2位のバーゼルと、4位のヤング・ボーイズとの対戦。試合はバーゼルが開始早々4分、右サイドから中央のシュケルゼン・ガシに浮き球パスが入ると、ダイレクトでペナルティエリア内のデルリス・ゴンサレスにパス。GKと1対1となったゴンザレスが落ち着いて決めて、先制に成功する。

 さらにバーセルは20分に、中盤でフリーとなったガシがマルコ・シュトレラーにスルーパス。ペナルティエリア内左に抜け出したシュトレラーがゴール右隅に決めて追加点を挙げた。一方のヤング・ボーイズも反撃を開始。32分にペナルティエリア内左に抜け出したサムエル・アフムが溜めてから中央へ折り返すと、バーゼルDF2人がつく中、ラファエル・ヌッツォロがゴール正面でヘッドを決めて2-1と点差を縮めた。
 
 また、アデイショナルタイムに突入した直後にヤング・ボーイズのアラン・ロシャがペナルティエリア手前からボレーシュートを放つもゴール左に逸れて得点とはならず、バーゼルが2-1でリードを保ち前半を終えた。

 雨が激しくなった後半、同点に追いつきたいヤング・ボーイズに勢いが出てくると、61分に自陣でボールをカットしたヤング・ボーイズがカウンター。ヌッツォロがペナルティエリア内に抜け出すと、バーゼルGKトマーシュ・ヴァツリークがファールを犯してしまい、PKを献上してしまう。しかし、このPKをヴァツリーク自身がセーブし、同点ゴールを許さなかった。

 バーゼルは65分に、ガシに代わって柿谷を投入。すると、2分後にペナルティエリア内左でボールを受けた柿谷がシュートを放つと、ボールはヤング・ボーイズDFにあたり、GKの頭上を越えてゴールに吸い込まれる。しかしオフサイドポジションにいたゴンサレスがゴール直前に触ってしまい、ノーゴール。追加点とはならなかった。

 しかしバーゼルは81分に、DFの裏を抜け出しペナルティエリア内右に侵入したゴンサレスが、1人かわしてGKと1対1になる。そのままシュートかと思われたが、取り消してしまったゴールの借りを返すかのように、中央でフリーだった柿谷にパス。そのボールを流し込み、柿谷が今シーズン2点目となるゴールでリードを広げた。

 86分、ヤング・ボーイズがヌッツォロに代わって久保を投入するも、そのまま試合終了。3-1でバーゼルがヤング・ボーイズに勝利した。

 バーゼルの次節は9月13日にアウェイでグラスホッパーズと対戦。ヤング・ボーイズは14日にルツェルンとホームで対戦する。

【スコア】
バーゼル 3-1 ヤング・ボーイズ

【得点者】
1-0 4分 デルリス・ゴンサレス(バーゼル)
2-0 20分 マルコ・シュトレラー(バーゼル)
2-1 32分 ラファエル・ヌッツォロ(ヤング・ボーイズ)
3-1 81分 柿谷曜一朗(バーゼル)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140901-00227344-soccerk-socc






















関連記事



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

あんてなサイト新着記事!

[ 2014/09/01 ] 柿谷曜一朗 | TB(0) | CM(1)
ゴンザレスが柿谷のゴールを奪った?訳ではないだろうけど、
結果的にゴンザレスと柿谷との今後のプレーにプラスになるシーンだったと思う。
柿谷へのアシストもその選択しかなかったし、だけどお返しの様なシーンになった。
柿谷は持ってるね。いつもの変態トラップやボールを置く位置はこのリーグでも抜けてるな。
このチームの選手はそれぞれの長所と短所というか、出来る事と出来ない事を補いあってて面白い。
そこに柿谷。今後も楽しみ過ぎる。
[ 2014/09/02 00:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。