NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ケルン長澤がブンデスデビュー! 試合は長谷部、乾所属のフランクフルトが勝利

no title

ケルン長澤が1部デビューも敗戦…長谷部、乾、大迫は先発出場

  ブンデスリーガ第7節が4日に行われ、MF長谷部誠とMF乾貴士が所属するフランクフルトと、FW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するケルンが対戦した。長谷部、乾、大迫が先発出場し、けがから復帰した長澤がベンチ入りした。

 前節のハンブルガーSV戦で今シーズン2勝目を挙げたフランクフルトは、連勝を目指しホームゲームに臨んだ。対するケルンは、5試合ぶりの勝利を懸けて敵地に乗り込んだ。

 8分、乾が右サイドをドリブルで駆け上がり、ペナルティエリアに侵入するが、ゴールに持ち込むことはできない。14分、相手DFの裏に抜け出した大迫がシュートを放つが、これはオフサイド判定。直後、ゴール前右に流れた大迫が相手DFを引きつけ、左サイドの空いたスペースに走り込んだマルセル・リッセがパスを受けると、右足からのシュートでネットを揺らし、ケルンが先制に成功する。

 フランクフルトは17分、乾が再び右サイドからドリブルで切り込み、アレクサンダー・マイヤーにマイナスのクロスを供給。マイヤーが放ったシュートは、相手GKの正面に飛んでしまう。32分にも、乾のFKにマイヤーがヘディングで合わせゴールを狙うが、枠を捉えることはできない。

 34分、ゴール前での混戦からボールを拾った乾が右足でシュートを放つも、相手DFに弾かれる。すると44分、マルコ・ルスからのスルーパスをペナルティエリア外右でハリス・セフェロヴィッチが受け、ゴール正面にクロスを上げる。マイヤーが相手DFと競り合いながらも、ヘディングでゴールに叩き込み、試合を振り出しに戻した。

 同点で迎えた後半、54分にセフェロヴィッチが右サイドからゴール前へクロスを上げると、前半同様にマイヤーがヘディングでシュート。この日2点目となるゴールを決めて、フランクフルトが逆転する。

 ケルンは、ダニエル・ハルファーに代えてスワヴォミル・ペシュコを投入する。64分、リッセからのロングボールに大迫がヘディングで合わせるも、ゴール上に逸れる。すると1分後、ハーフウェイラインからのロングボールに飛び出したヨナス・ヘクターがワントラップから左足を振り抜き、同点ゴールを突き刺す。

 追いつかれたフランクフルトは79分にCKを獲得する。ゴールを直接狙うボールはケヴィン・ヴィマーに当たりオウンゴール。フランクフルトが再びリードする。ケルンは、81分に長澤を投入。長澤がブンデスリーガでのデビューを飾った。

 しかしケルンの反撃も及ばず、試合は3-2で終了。フランクフルトがホームで勝利を収めた。長谷部と乾はフル出場し、大迫は72分までプレーしている。

 次節、フランクフルトはパーダーボルンと、ケルンは日本代表MF香川真司とMF丸岡満が所属するドルトムントと対戦する。

【スコア】
フランクフルト 3-2 ケルン

【得点者】
0-1 15分 マルセル・リッセ(ケルン)
1-1 44分 アレクサンダー・マイヤー(フランクフルト)
2-1 54分 アレクサンダー・マイヤー(フランクフルト)
2-2 65分 ヨナス・ヘクター(ケルン)
3-2 79分 オウンゴール(フランクフルト)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141005-00238815-soccerk-socc


























関連記事



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

あんてなサイト新着記事!

[ 2014/10/05 ] 海外日本人選手 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。