NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

インテル、終盤に2度追いつきナポリとドロー…長友は欠場、ふくらはぎの負傷が原因か

no title

長友欠場のインテル、終盤に2度追いついてナポリとドロー

 セリエA第7節が19日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルとナポリが対戦。長友はベンチ外となった。

 2連敗中のインテルは、ホームで3試合ぶりの勝利を目指し、序盤から攻勢に出る。18分にエルナネスのスルーパスからマウロ・イカルディが抜け出し、右足のボレーシュートを放ったが、ゴール上に外れた。

 38分にもゴール前で競り勝ったエルナネスが、左足でのミドルシュートを放ったが、ボールはポストを直撃。前半をスコアレスで折り返した。

 後半もインテルが押し込む展開となったが、50分にナポリのロレンツォ・インシーニェに抜け出されてしまう。しかし、シュートがポストに当たったことで難を逃れた。

 インテルは、57分にエルナネスの右CKからネマニャ・ヴィディッチがヘディングシュートを放ったが、枠を捉え切れなかった。ゴールを奪えないまま終盤を迎えると、79分に失点。右サイドからスローインをゴール前に入れられると、ヴィディッチのクリアをナポリのホセ・カジェホンがゴール前で拾って、右足でシュートを蹴り込んだ。

 終盤にリードを奪われたが、インテルも82分に追いつく。ドドの左CKからイカルディが頭で繋ぎ、最後は直前に途中出場していたフレディ・グアリンが右足で押し込んだ。

 終盤に点を取り合うと、試合終了間際の90分にナポリのカジェホンが浮き球を左足のダイレクトボレーで得点。しかし、直後にインテルも、エルナネスがドドからのクロスをヘディングで叩き込んだ。

 打ち合いとなった試合は、決勝ゴールは生まれずに、タイムアップ。2-2のドローに終わった。

【スコア】
インテル 2-2 ナポリ

【得点者】
0-1 79分 ホセ・カジェホン(ナポリ)
1-1 82分 フレディ・グアリン(インテル)
1-2 90分 ホセ・カジェホン(ナポリ)
2-2 90分 エルナネス(インテル)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141020-00243261-soccerk-socc

ふくらはぎが原因か、長友が欠場 指揮官が不満との報道も

インテルDF長友佑都が、19日のセリエA第7節ナポリ戦を欠場した。ふくらはぎの負傷が問題となったようだ。

日本代表でブラジル代表との国際親善試合に出場していなかった長友。インテル合流後、16日のトレーニングを欠席したことが報じられたが、招集メンバー入りしたこともあり、右サイドハーフでの先発出場も予想されていた。

だが、インテルは右サイドにMFジョエル・オビを起用。長友はベンチメンバーからも外れた。イタリアの一部メディアによると、ふくらはぎの問題でプレーできる状態でなかったという。

イタリア『スカイ・スポーツ』の報道として『fcinternews.it』が伝えたところによると、ワルテル・マッツァーリ監督は長友の姿勢に少し不満も見せたようだ。

報道によると、長友はふくらはぎが大丈夫だと指揮官に伝えていたものの、試合を前に試した際にプレーできない状態であることが判明したという。そのため、マッツァーリ監督は代替プランを用意できず、不満を見せたという。

インテルはDFジョナタンとDFダニーロ・ダンブロージオも離脱しており、サイドが人員不足に陥っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141020-00000039-goal-socc



















関連記事



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

あんてなサイト新着記事!

[ 2014/10/20 ] 長友佑都 | TB(0) | CM(1)
マッツァーリって俊輔在籍時に俊輔が人種差別で起用してもらえなかった、活躍しても難しいって言ってた人だからなぁ、長友なんか毎年左SB獲得されているし大変。
[ 2014/10/20 06:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。