NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

本田が今季3ゴール目! トーレスの移籍後初ゴールもミランは昇格組エンポリに痛恨ドロー

no title

本田が今季3点目、貴重な同点弾決めるも昇格組エンポリに痛恨ドロー

 セリエA第4節が23日に行われ、エンポリと日本代表MF本田圭佑が所属するミランが対戦。[4-3-3]の右FWとして開幕から4試合連続の先発出場となった。

 前節、王者ユヴェントスに今シーズン初黒星を喫したミランは、昇格組のエンポリ相手に勝利を目指す。ユヴェントス戦でセリエAを飾ったフェルナンド・トーレスは、3トップの中央で、ジェレミー・メネズが左FWで先発出場した。一方のエンポリは、今シーズン初勝利を懸けて試合に臨んだ。

 序盤からボールを支配するミランであったが、13分、エンポリが左からのCKを獲得。ニアサイドへの鋭いクロスにロレンツォ・トネッリがヘディングで合わせ、先制点を挙げる。リズムが狂ったミランは徐々に押し込まれる展開になる。21分には、ゴール正面やや右からのFKをペナルティエリア内のフランチェスコ・タヴァーノが受け、ターンしながら中央に流すと、マヌエル・プッチャレッリがゴール右隅に流し込み、リードを2点に広げた。

 ミランは30分、マルコ・ファン・ヒンケルが負傷し、ジャコモ・ボナヴェントゥーラと交代する。33分、ペナルティエリア手前でメネズからのパスを受けた本田がシュートを放ったが、枠を捉えることはできない。41分にも、ペナルティエリア内からトーレスがゴールを狙うも相手GKに阻まれる。

 すると42分、イニャツィオ・アバーテの右サイドからのクロスに、ゴール前のトーレスがヘディングで合わせ1点を返す。トーレスは移籍後初ゴールとなった。前半は2-1と、エンポリの1点リードで終える。

 後半開始から、ミランはサリー・ムンタリに代えてポーリを投入する。前半に引き続き、積極的に仕掛けるエンポリは54分、タヴァーノがドリブルでゴール前まで持ち込みそのままシュートを放つが、ゴール左に逸れる。

 57分、ペナルティエリア手前でボールを受けた本田が、相手DFを交わし左足で放ったシュートがゴール右隅に突き刺さり、貴重な同点弾を決める。61分には、メネズが強烈なミドルシュートを放つが、これはゴールポストに弾かれる。

 80分、ミランがゴール正面からのFKを獲得する。本田が直接狙ったが、ゴールわずか右に逸れる。85分、エンポリはミルコ・ヴァルディフィオーリが累積警告で退場となり、ミランが数的有利な展開となる。89分、クリスティアン・サバタのヘディングシュートは相手GK正面に飛んでしまう。

 最後は両チームともに決定を欠き、2-2で試合は終了。勝ち点1を分け合った。本田は今シーズン初のフル出場を果たした。

 次節、エンポリはキエーヴォと、ミランはチェゼーナと対戦する。

【スコア】
エンポリ 2-2 ミラン

【得点者】
1-0 13分 ロレンツォ・トネッリ(エンポリ)
2-0 21分 マヌエル・プッチャレッリ(エンポリ)
2-1 42分 フェルナンド・トーレス(ミラン)
2-2 57分 本田圭佑(ミラン)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140924-00235188-soccerk-socc

[ 2014/09/24 ] 本田圭佑 | TB(0) | CM(0)

ミランがユヴェントスに敗れ今季初黒星…本田は先発も3戦連発ならず

no title

本田は3戦連発ならず…テベス弾でユーヴェ3連勝、トーレスがミランデビュー

 セリエA第3節が20日に行われ、日本代表MF本田圭佑の所属するミランと、リーグ戦4連覇を狙うユヴェントスが対戦。2試合連続得点中の本田は[4-3-3]の右FWとして開幕から3試合連続の先発出場となった。

 開幕2連勝スタートを切った両者。序盤はアウェーのユヴェントスがペースを掴んだが、ミランも徐々にボール支配を取り戻す。27分、ミランは左サイドのサリー・ムンタリからアーリークロスがファーサイドへ送られると、走りこんだ本田がヘディングシュート。タイミングのピタリとあった強烈なボールがゴールへ向かったが、GKジャンルイジ・ブッフォンが反応し、右手一本で防いだ。

 ユヴェントスも31分、カルロス・テベスがペナルティエリア内右に浮き球のパスを送ると、飛び出したロベルト・ペレイラが自身の背中側へダイレクトのバックパス。拾ったフェルナンド・ジョレンテが角度のない位置からシュートしたが、飛び出したGKクリスティアン・アッビアーティがブロック。34分にもペレイラがミドルシュートで狙ったが、アッビアーティがセーブした。

 ペースを取り戻したユヴェントスは38分、クラウディオ・マルキージオが左足のミドルシュートを放ったが、右ポストを直撃。前半は両チーム無得点で終える。

 後半に入ってからもペースはユヴェントス。60分、右CKからグラウンダーのボールがニアサイドに送られると走りこんだマルキージオがダイレクトシュートを打ったが、ゴール左に外れた。66分、ミランはステファン・エル・シャーラウィに代え、ジャコモ・ボナヴェントゥーラを投入する。

 迎えた71分、ユヴェントスはカルロス・テベスの縦パスをゴール正面、DFを背負って受けたポール・ポグバが振り向いてスルーパス。テベスがリターンを受け、GKとの1対1を制してネットを揺らした。

 ユヴェントスは76分、ペレイラを下げてアルトゥーロ・ビダルを投入。ミランはアンドレア・ポーリに代えてフェルナンド・トーレスを送り出す。トーレスはセリエAデビュー戦となった。ミランはさらに83分にも本田に代え、ジャンパオロ・パッツィーニを入れ、攻撃陣の顔ぶれを変えていく。しかし策は当たらず、1-0でユヴェントスが勝利した。

 ミランは次節、アウェーでエンポリと対戦。ユヴェントスはホームでチェゼーナと対戦する。

【スコア】
ミラン 0-1 ユヴェントス

【得点者】
0-1 71分 カルロス・テベス(ユヴェントス)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140921-00234403-soccerk-socc

[ 2014/09/21 ] 本田圭佑 | TB(0) | CM(0)

インザーギ監督が本田のインタビューを称賛「サッカースクールや学校で子供たちに見せるべきだ」

no title

ミラン監督、本田は「皆からリスペクト」

 ACミランのフィリッポ・インザギ監督(41)が19日、20日のユベントス戦(ホーム)を前に監督会見を行った。

 開幕から無失点で連勝している王者ユベントスに対し「ユベントス戦はもう少し時間がたって、さらなる確信を持てたときに戦ったほうがよかったかもしれない。しかしこのミランが今季どこからスタートしたかを知っている。彼らと同じレベルにいるとは思わないが、私たちのモチベーションは高いし、適切なスピリットを持っている」と話した。

 また、負傷で離脱していたFWエルシャーラウィとFWフェルナンドトレスについては、19日の練習を見て出場を判断するという。

 日本代表MF本田圭佑(28)の2試合連続ゴールという活躍について聞かれると「チームメート皆からリスペクトされているし、彼はそれに対していいプレーと態度で応えている」と話した。

 17日のクラブ公式番組ミランチャンネルのインタビューはインザギ監督もチェック済みで「サッカースクールや学校で子供たちに見せるべきだ。なぜなら本田は、活躍をしたのにこれからまだまだ向上していかなければならないという。こういうことは皆に見せるべきだ。これは若者たちへの素晴らしいメッセージだと思う」と称賛していた。

 本田の試合出場についての質問に対しては「私は選択に困るほど良い選手がたくさんいる。いつかは本田も低調になるときが来るかもしれない。でもそうならないことを願っている。彼は練習場でも家でも遅くまでトレーニングを続けているような選手だから。今のコンディションを長くキープしてほしい」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140919-00000105-nksports-socc

[ 2014/09/19 ] 本田圭佑 | TB(0) | CM(0)

本田が1ゴール1アシストの活躍! ミランはパルマに競り勝ち2連勝

no title

本田が先制アシスト&開幕から2戦連発!!ミランはパルマに競り勝ち2連勝

[9.14 セリエA第2節 パルマ4-5ミラン]

 セリエAは14日、第2節2日目を行った。日本代表MF本田圭佑の所属するミランは敵地でパルマと対戦し、5-4で勝利した。本田は3トップの右FWで開幕から2戦連続の先発。前半25分のFWジャコモ・ボナヴェントゥーラの先制点をアシストすると、1-1で迎えた同37分には2戦連続ゴールも記録し、勝利に大きく貢献した。

 背番号10がミランで確かな存在感を見せている。前半25分、MFナイジェル・デ・ヨングが縦パスを入れると、これがこぼれ球になって本田まで届く。本田はDFを引き付けながら逆サイドのボナベントゥーラまでパス。今夏の移籍マーケット締め切り間近で加入したイタリア代表FWが初戦でゴールを奪ってみせた。

 パルマはFWアントニオ・カッサーノのゴールで前半27分に同点に追いつくが、迎えた同37分、ミランは中央のメネズが右サイドのDFイニャツィオ・アバーテに展開。ゴール前にクロスボールが入ると、フリーで走り込んだ本田がゴールネットを揺らし、再び勝ち越しに成功した。さらに同45分にはメネズが自ら獲得したPKを決める。ミランが2点のリードを持って前半を折り返した。

 後半はさらに点の取り合いとなる。パルマが6分にDFフェリペのゴールで1点差に迫るが、同23分、ミランは中盤でパスカットしたデ・ヨングがそのまま持ち込み、4点目を奪う。しかしパルマも負けじと28分にCKからDFアレッサンドロ・ルカレッリがヘディングでゴールネットを揺らし、再びリードを広げた。

 しぶとさを見せていたパルマだが、後半33分にフェリペがこの日2枚目のイエローカードを受けてしまい、退場。直後の34分にはミランにバックパスのミスを突かれると、メネズにヒールキックでダメ押し点を奪われる。同45分にはDFマッティア・デ・シリオのバックパスがGKディエゴ・ロペスのミスを誘い、パルマにラッキーゴールが生まれるが、同点ゴールまでは届かなかった。

 本田は後半17分にDFアレックスとともに一気の2枚替えを行った際にピッチを後にした。後半の打ち合いに参加することは出来なかったが、今後も背番号10の活躍から目が離せそうもない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140915-00139180-gekisaka-socc

[ 2014/09/15 ] 本田圭佑 | TB(0) | CM(1)

本田を評価するインザーギ「彼は模範的な選手の一人だ。スタメンでピッチに立つだろう」

no title

本田は“模範”と評価する指揮官「スタメンでピッチに立つだろう」

 日本代表MF本田圭佑が所属するミランは14日、セリエA第2節でパルマと対戦する。試合前会見に出席したフィリッポ・インザーギ監督のコメントを、クラブ公式HPが伝えた。

 今シーズン初のアウェー戦を迎えるにあたり、インザーギ監督は「自分たちのレベルを計るにはちょうどいいだろう。試合を通してチームの成長ぶりを確認したい」とコメント。新加入したFWフェルナンド・トーレスの起用については「出場するとすればセンターフォワードで使う。練習でも調子は良さそうだし、私もいい印象を持っている」と語りながらも、先発で起用するかの明言は避けた。

 インザーギ監督は本田についても言及。「今シーズンは調子の良さが見て取れる。モチベーションの面でも申し分ない」と話すと、「彼は模範的な選手の一人だ。練習は必ず一番に姿を現すし、恐らく家でも練習を積んでいるだろう。彼のスピリットは他の選手にも刺激を与えている」と、本田のサッカーに対する姿勢を評価した。さらに「本田はスタメンでピッチに立つだろう」と先発出場を示唆している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140914-00232057-soccerk-socc

[ 2014/09/14 ] 本田圭佑 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。