NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

岡崎フル出場も4戦連発ならず…マインツは敵地で貴重な勝ち点1

no title

岡崎フル出場も4戦連発ならず…無敗同士の上位対決はドロー決着

 ブンデスリーガ第7節が5日に行われ、ボルシアMGと日本代表FW岡崎慎司が所属するマインツが対戦した。前節のホッフェンハイム戦を欠場していた岡崎は、1トップで先発出場を果たした。

 ボルシアMGは今シーズン、ここまで3勝3分けの負けなし。2連勝で勢いに乗る中、ホームでの一戦を迎える。同じく負けなしでこの試合に臨むマインツは、2試合連続で引き分けに終わっており、敵地で勝利を目指す。

 最初にチャンスを作ったのはボルシアMG。4分、パトリック・ヘルマンがドリブルでペナルティに侵入すると、相手DFをかわしマイナスのクロスを上げる。合わせたラファエウが右足でシュートを放つも、ロリス・カリウスがセーブする。

 15分、ラファエウのスルーパスをペナルティエリア内で繋ぐと、ファビアン・ジョンソンのクロスをゴール正面で受けたマックス・クルーゼが左足を振り抜き、ゴール右上に突き刺した。

 追う展開となったマインツは、23分にゴール正面の絶好の位置でFKを獲得する。ダニエル・ブロジンスキが直接狙うが、ヤン・ゾマーにキャッチされる。28分には、右サイドからのFKにフィリップ・ジュリチッチがヘディングで合わせるも、枠を捉えることができない。

 31分、ユリアン・コルブがハンドを取られマインツがPKを獲得。ヨナス・ホフマンがゴール左隅に沈め、同点に追いつく。ボルシアMGは素早いカウンターで何度もゴールに迫るが、マインツが必死の守備でしのぎ、前半を1-1で終える。

 50分、グラニト・シャカがドリブルで持ち上がり、ゴール正面からミドルシュートを放つも、ネットを揺らすことはできない。57分には、ペナルティエリア内でヘルマンが落としたボールにラファエウが合わせたシュートは相手GKの正面に飛んでしまう。

 対するマインツは60分、ジュリチッチに代えてハイロを投入する。その直後、右サイドからのFKに岡崎がヘディングで合わせたが、ゴール左に逸れる。攻撃のペースを上げるボルシアMGは72分にアンドレ・ハーン、76分にはオスカル・ヴェントがゴールを脅かすシュートを放つが得点には至らず。両者ともに決定機をモノにすることができない。

 83分、セットプレーの流れからゴール前の岡崎が右足を当てにいったが、ボールは枠を外れる。88分、ペナルティエリア内でトルガン・アザールがラファエウにラストパス。ゴール前でシュートを放ったが、枠を捉えることができない。最後まで追加点を奪うことができず、試合は1-1で終了。勝ち点1を分け合った。

 次節、ボルシアMGはMF清武弘嗣とDF酒井宏樹が所属するハノーファーと、マインツはアウクスブルクと対戦する。

【スコア】
ボルシアMG 1-1 マインツ

【得点者】
1-0 15分 マックス・クルーゼ(ボルシアMG)
1-1 31分 ヨナス・ホフマン(マインツ)(PK)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141006-00239070-soccerk-socc

[ 2014/10/06 ] 岡崎慎司 | TB(0) | CM(0)

岡崎がふくらはぎの負傷のためホッフェンハイム戦欠場…マインツはゴール奪えずスコアレスドロー

no title

エース岡崎が欠場のマインツ、ゴール奪えずスコアレスドローで終了

 ブンデスリーガ第6節が26日に行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するマインツと、ホッフェンハイムが対戦した。岡崎はメンバー外。ドイツメディア『Revier Sport』など複数メディアがふくらはぎの負傷で欠場と伝えている。

 ここまで2勝3分けの9得点4失点とで、ともに4位につけているチーム同士の対戦。しかし、マインツは5試合で5ゴールを獲得しリーグの得点ランクトップにいる岡崎を欠いて臨んだ。

 両チームが、決定機を欠いた序盤だが、前半の終盤にさしかかった33分、ホッフェンハイムはペナルティエリア手前の右からロベルト・フィルミーノがミドルシュート。ゴール左を狙ったが、GKがはじき出し得点とはならない。一方のマインツは、カウンターから左サイドにボールが渡り、中央をフリーで駆け上がっていたフィリップ・ジュリチッチにパス。GKの位置を見てジュリチッチがペナルティエリア手前からループシュートを狙うが、GKが手を伸ばし得点を許さなかった。前半はそのままスコアレスで折り返す。

 後半に入って53分、マインツはヨナス・ホフマンがペナルティエリア内右から、ゴール右上を狙ったシュートを放つも、わずかにGKが触り枠をそれてゴールとはならない。61分にはホッフェンハイムが右サイドからのFKで、ファーにいたニクラス・ズーレが合して中央に折り返す。一度はマインツDFが触るも、ロベルト・フィルミーノが反応し、ヘッドで押し込もうとするが、枠を外しチャンスを活かせなかった。さらにホッフェンハイムは80分、右サイドに抜け出したシュテファン・ツバーがペナルティエリア内に侵入し強烈なシュートを放つも、枠をとらえられない。

 両チームがチャンスをものにできず試合はそのまま終了。スコアレスドローで勝ち点1を分け合った。
 
 マインツは次節、10月5日にボルシアMGとアウェイで対戦。ホッフェンハイムは10月4日に、日本代表DF内田篤人が所属するシャルケをホームに迎える。

【スコア】
マインツ 0-0 ホッフェンハイム

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140927-00236448-soccerk-socc

[ 2014/09/27 ] 岡崎慎司 | TB(0) | CM(0)

岡崎が今季4得点目でブンデス得点ランキング暫定首位に!

no title

2試合連続今季4得点目の岡崎、ブンデス得点ランク暫定単独首位に

 ブンデスリーガ第4節が20日に行われ、岡崎慎司所属のマインツと香川真司、丸岡満(下部チーム登録)所属のドルトムントが対戦。岡崎と香川が先発し、丸岡が途中出場でブンデスデビューを飾った試合は、岡崎の得点とオウンゴールによって2-0でマインツが勝利した。

 岡崎は0-0で迎えた66分、途中出場のハイロが右サイド深い位置から送ったクロスボールに合わせ、チームに先制点をもたらし、勝利に貢献した。2試合連続のゴールとなった岡崎は、今シーズン4得点目となった。

 ブンデスリーガ第4節は21日にヴォルフスブルク対レヴァークーゼン、ケルン対ボルシアMGの2試合が残されているが、岡崎は20日段階で得点ランキング暫定単独トップに立った。

 2位タイとなる3得点は、21日に試合を行うレヴァークーゼン所属のカリム・ベララビ、ブレーメン所属のフランコ・ディ・サント、パーダーボルン所属のエリアス・カチュンガ、ヘルタ・ベルリン所属のユリアン・シーバーとロニー、シャルケ所属のエリック・マキシム・チュポ・モティングとなっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140921-00234400-soccerk-socc

関連記事
岡崎が2戦連発となる今季4得点目でシンジ対決制す! 香川途中交代も丸岡がブンデスデビュー

[ 2014/09/21 ] 岡崎慎司 | TB(0) | CM(0)

岡崎が今季初の1試合2ゴール! 通算28得点で日本人単独トップに

no title

マインツが今季初勝利、岡崎は通算28得点で日本人単独トップに

 ブンデスリーガ第3節が13日に行われ、日本代表MF細貝萌とFW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンと同代表FW岡崎慎司が所属するマインツが対戦。岡崎は先発出場、細貝はベンチスタート、負傷中の原口はベンチ外となった。

 ヘルタ・ベルリンは開幕から1分け1敗と勝利なし。一方のマインツも、2試合連続引き分けに終わっており、両者ともに今シーズン初白星を懸けての戦いとなった。

 開始3分、マインツがセットプレーのチャンスを獲得。ロングボールにサミ・アラギがヘディングでゴールを狙うが、ボールはGK正面に飛んだ。ヘルタ・ベルリンは10分、イェンス・ヘゲラーがペナルティエリア内でシュートを放つも、枠を捉えることができない。16分には、CKにジョン・ブルックスがヘディングで合わせたがGKが正面でキャッチ。得点を奪うことはできない。

 30分、ダニエル・ブロシンスキがゴール正面から放ったミドルシュートは力弱く、相手ゴールを脅かすには至らず。すると36分、マインツがペナルティエリア近くのスローインから攻撃を組み立てる。右サイドからク・ジャチョルが放ったシュートを相手GKが弾くと、ゴール正面に走り込んだ岡崎がこぼれ球を叩き込み先制点を挙げる。前半は、マインツが1点リードで折り返す。

 47分、ニコ・シュルツがミドルシュートを放つも枠を捉えられず。先に動いたのはヘルタベルリン。ペア・シルヤン・シェルブレットに代えてロニーを投入する。直後、ロニーがゴールを狙うもネットを揺らすことはできない。その後もゴール前にクロスを上げ、積極的にゴールを狙いにいくが、得点には至らない。

 均衡を破ったのはマインツ。70分、ジュニオール・ディアスの左サイドからのパスに、アラギが滑り込みながらゴールに流し込み、リードを2点に広げる。

 86分、ヘルタ・ベルリンがPKを獲得し絶好のチャンスを迎えると、ロニーがこれを落ち着いて決め1点差とする。アディショナルタイムに突入すると、ペナルティエリア内でパスを受けた岡崎が冷静に右足でシュートを決め、この日2点目。再びリードを広げた。試合は3-1で終了し、マインツが今シーズンのリーグ戦初勝利を収めた。

 なお、岡崎はブンデスリーガ通算28得点を記録。奥寺康彦氏が持っていた、ブンデスリーガでの日本人通算得点記録で単独トップに立った。

 ヘルタ・ベルリンは次節フライブルクと、マインツはMF香川真司が所属するドルトムントと対戦する。

【スコア】
ヘルタ・ベルリン 1-3 マインツ

【得点者】
0-1 36分 岡崎慎司(マインツ)
0-2 70分 サミ・アラギ(マインツ)
1-2 86分 ロニー(ヘルタ・ベルリン)(PK)
1-3 90+1分 岡崎慎司(マインツ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140914-00231861-soccerk-socc

[ 2014/09/14 ] 岡崎慎司 | TB(0) | CM(0)

岡崎が2季連続の開幕弾にPK獲得! マインツはパダーボルンとドロー

no title

岡崎、2季連続の開幕弾にPK獲得!!マインツは昇格組と冷や汗ドロー

[8.24 ブンデスリーガ第1節 パダーボルン2-2マインツ]

 ブンデスリーガは24日、第1節3日目を行い、FW岡崎慎司の所属するマインツは敵地でパダーボルンと対戦し、2-2で引き分けた。1トップでフル出場した岡崎は前半33分に先制点。2シーズン連続の開幕戦ゴールを決めると、1-2と逆転されたあとの後半アディショナルタイムに同点ゴールにつながるPKを獲得し、勝ち点1獲得に大きく貢献した。

 クラブ史上初のブンデスリーガ1部への昇格を果たしたパダーボルンの本拠地に乗り込んだマインツ。前半33分、MFヨハネス・ガイスの直接FKがGKの手をかすめて左ポストを叩くと、跳ね返りに詰めた岡崎が右足で押し込み、先制点を奪った。

 昨季、欧州主要1部リーグでの日本人最多得点記録を塗り替える15ゴールを挙げた岡崎の今季リーグ戦初ゴールは2シーズン連続の開幕弾。ELプレーオフ、DFBポカールを含め、今季公式戦4試合目で早くも3ゴール目となった。

 ところが4分後の前半37分、自陣でのガイスのパスミスからFWエリアス・カチュンガにミドルシュートを決められ、1-1の同点。後半に入ると、パダーボルンの攻勢に押し込まれる時間が続き、なかなか岡崎のところまでボールが入らない。

 するとパダーボルンは後半42分、右クロスに飛び込んだDFウーベ・ヒューネマイヤーがヘディングでゴールネットを揺らし、2-1と逆転した。必死の反撃を見せるマインツは後半45分、右クロスに合わせた岡崎のヘディングシュートはクロスバーを直撃。それでも後半アディショナルタイム、岡崎がPA内で倒され、PKを獲得すると、MFク・ジャチョルが落ち着いて決め、土壇場で2-2の引き分けに持ち込んだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140825-00138532-gekisaka-socc

[ 2014/08/25 ] 岡崎慎司 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。