NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

山田大記が今季2度目の1試合2ゴール! カールスルーエは敵地で快勝

no title

カールスルーエ山田が今季2度目の1試合2ゴール!!

[11.9 ブンデスリーガ2部第13節 G・フュルト0-3カールスルーエ]

 ブンデスリーガ2部は9日、第13節を行い、MF山田大記の所属するカールスルーエは敵地でG・フュルトと対戦し、3-0で快勝した。左MFでフル出場した山田は今季2度目となる1試合2ゴールの活躍を見せ、チームを2試合ぶりの勝利に導いた。

 スコアレスで折り返した後半開始早々の2分、カールスルーエはFWロウベン・ヘニングスの右クロスを山田がヘディングで押し込み、先制点。同12分には右CKからDFダニエル・ゴルドンが追加点を決め、2-0とリードを広げた。

 さらに後半30分、MFディミトリー・ナザロフのスルーパスに抜け出した山田が自身2点目となるダメ押しゴール。3-0の完封勝利を飾った。山田は2得点した10月25日のザンクト・パウリ戦(4-0)以来、2試合ぶりの得点で今季2度目の1試合2ゴールを記録し、今季通算5ゴールとなった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141110-00201202-gekisaka-socc

[ 2014/11/10 ] 海外日本人選手 | TB(0) | CM(0)

清武がFKで決勝弾! 香川途中出場もドルトムントはリーグ戦4連敗

no title

ハノーファー清武がFK決勝弾…香川途中出場もドルトは6戦勝利なし

 ブンデスリーガ第9節が25日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントと同代表DF酒井宏樹とMF清武弘嗣が所属するハノーファーが対戦した。清武が先発出場、香川はベンチスタートで酒井は負傷欠場となった。

 ここまで2勝1分5敗の勝ち点7で14位に沈むドルトムントが、3勝1分4敗の勝ち点10で11位に位置するハノーファーをホームで迎える。ともにリーグ3連敗中で勝利が欲しい両チームの対戦となった。

 試合は、前半から攻撃の意識が高いハノーファーがまずチャンスを得る。6分に右サイドからのロングスローに、ファーサイドにいたレオナルド・ビッテンコートがDFの背後から飛び出して右足で合わせたが、枠の右に逸れた。12分にドルトムントは、右サイドの落としをペナルティエリア手前の右で受けたヘンリク・ムヒタリアンが反転しながらシュート。しかしこれはGKがかき出してゴールとはならなかった。

 20分、エリア手前でボールを受けたマルコ・ロイスが、そのまま左足を振り抜くが、ゴールをわずかに右に逸れた。徐々にドルトムントが攻勢に出てくるが、中盤での守備意識が高いハノーファーに対し、ミスが目立ちリズムを作ることができない。

 ドルトムントは39分に、相手陣地の中央付近でボールを受けたロイスがドリブルで持ち上がり、エリア内左のピエール・エメリク・オーバメヤンにパス。シュートを放つと思われたが、中央に戻してロイスがダイレクトでシュートを放つ。しかしこれはクロスバー上部に逸れた。

 前半はドルトムントが攻勢に出たがハノーファーがしっかり守り、スコアレスドローで折り返した。

 後半はドルトムントがまずチャンスを得る。47分に右サイドのムヒタリアンからアーリークロスが入ると、ファーサイドでフリーのロイスに渡り、そのままシュートを放つがゴール右に逸れた。53分にもムヒタリアンがアーリークロスを入れてファーのロイスに繋がるが、バウンドが合わず、シュートはクロスバー上に外れた。

 55分には、右サイドのウカシュ・ピシュチェクが抜けたすとワンタッチで中に折り返す。エリア内中央のオーバメヤンがトラップするも収めることができなかったが、こぼれ球をロイスがダイレクトでシュート。これもハノーファーGKが触り枠をとらえることは出来ない。
 
 ドルトムントが再三のチャンスを活かせない中、ハノーファーはエリア内手前の右でFKを獲得。61分にキッカーの清武が蹴ったボールは、壁を越えて落下するきれいなカーブで枠の左下に吸い込まれ、ハノーファーが先制した。

 追いつきたいドルトムントは66分にイルカイ・ギュンドアンに代えて香川を投入。72分にハノーファーは移籍後初ゴールとなる先制弾決めた清武に代えてアルトゥル・ソビエフを投入した。

 ドルトムントは76分に、左サイドのからのクロスにアドリアン・ラモスがDFの背後から飛び出し、頭で合わせるが枠をとらえられない。86分には、エリア手前の左からボールをムヒタリアンに預け、エリア内に走りこんでパスを受けようとした香川が、DFと接触し倒れこんだが、PKの判定は出なかった。

 89分、ハノーファーはジェイフン・ギュルセラムがこの日2枚目のイエローを受けて退場なり、10人となった。アディショナルタイムに入りドルトムントは、右サイドからボールを入れてチーロ・インモービレがダイレクトボレーで合わせるも、枠をとらえられなかった。さらに、エリア手前の左からムヒタリアンがミドルシュートを放つが枠の左に逸れる。

 結局、ドルトムントはハノーファーの守備を崩すことができず、ホームで敗戦。リーグ戦4連敗で引き分けを挟んで6試合勝ち星を挙げることができなかった。ハノーファーは連敗を3でストップし、勝ち点3を獲得した。

 ドルトムントは次節、11月1日に昨シーズン王者でトップを走るバイエルンと対戦。ハノーファーは同日、日本代表MF長谷部誠とMF乾貴士が所属するフランクフルトをホームに迎える。

【スコア】
ドルトムント 0-1 ハノーファー

【得点者】
0-1 61分 清武弘嗣(ハノーファー)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141026-00244820-soccerk-socc

[ 2014/10/26 ] 海外日本人選手 | TB(0) | CM(0)

山田大記がドイツ移籍後初の1試合2ゴール! チームの5試合ぶり白星に貢献

no title

5戦ぶり得点の山田、ドイツ移籍後初の1試合2ゴール

[10.25 ブンデスリーガ2部第11節 ザンクト・パウリ0-4カールスルーエ]

 ブンデスリーガ2部は25日、第11節を行い、MF山田大記の所属するカールスルーエは敵地でザンクト・パウリと対戦し、4-0で快勝した。左MFでフル出場した山田はドイツ移籍後初となる1試合2ゴールをマーク。今季通算3ゴールとし、チームの5試合ぶり白星に大きく貢献した。

 山田は前半18分、左サイドからの折り返しをゴールに流し込み、先制点。ドイツ移籍後初ゴールを記録した9月21日のニュルンベルク戦(3-0)以来、5試合ぶりとなるゴールを奪った。

 前半31分、後半35分にも加点したカールスルーエは試合終了間際の後半44分に山田が追加点。守備陣も2試合連続の無失点に抑え、4-0の完封勝利を飾った。最近3試合連続ノーゴールで4試合勝利のなかった鬱憤を晴らすような今季最多となる1試合4ゴール。約1か月ぶりの勝ち点3獲得となった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141025-00178766-gekisaka-socc

[ 2014/10/25 ] 海外日本人選手 | TB(0) | CM(0)

乾が今季初アシストも…フランクフルトが逆転負けで今季2敗目

no title

乾が先制アシストのフランクフルト、逆転負けで今季2敗目

 ブンデスリーガ第12節が19日に行われ、パダーボルンとMF長谷部誠、MF乾貴士の所属するフランクフルトが対戦。長谷部と乾はともに先発出場した。

 アウェー戦に臨んだフランクフルトは、3連勝を狙うが前半をスコアレスで折り返す。しかし、攻勢を続けると、57分に先制に成功する。左サイドの乾が左足でグラウンダーのクロスを入ると、ゴール前のアレクサンダー・マイアーが右足のダイレクトシュートで流し込んで、ゴールネットを揺らした。

 ところが、リードも束の間。66分に右サイドのスローインからボールを奪われると、マルヴィン・ドゥクシュにボレーシュートを叩き込まれ、試合を振り出しに戻された。

 同点後は互いのGKの好セーブもあり、両チームとも勝ち越せずにいたが、終盤の79分にフランクフルトは2失点目を喫する。右サイドを崩されると、最後はウヴェ・フネメイヤーに右足ボレーシュートでの逆転弾を許した。

 試合をひっくり返されたフランクフルトは、85分にもシュテファン・クチュケにGKとの一対一で得点され、3失点目を喫した。結局、1-3と逆転負けとなり、5試合ぶりとなる今シーズンの2敗目となった。

 なお、長谷部と今シーズン初アシストを記録した乾はフル出場した。

【スコア】
パダーボルン 3-1 フランクフルト

【得点者】
0-1 57分 アレクサンダー・マイアー(フランクフルト)
1-1 66分 マルヴィン・ドゥクシュ(パダーボルン)
2-1 79分 ウヴェ・フネメイヤー(パダーボルン)
3-1 85分 シュテファン・クチュケ(パダーボルン)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141020-00243167-soccerk-socc

[ 2014/10/20 ] 海外日本人選手 | TB(0) | CM(0)

内田フル出場のシャルケ、ディ・マッテオ新監督の初陣を勝利で飾る…細貝はフル、原口も途中出場

no title

内田フル出場のシャルケ、新監督初戦を白星…細貝はフル、原口も途中出場

 ブンデスリーガ第8節が18日に行われ、DF内田篤人が所属するシャルケと、FW原口元気とMF細貝萌が所属するヘルタ・ベルリンが対戦した。内田と細貝は先発し、原口はベンチスタートとなった。

 ロベルト・ディ・マッテオ新監督の初戦を迎える勝ち点8で11位のシャルケに対して、勝ち点はシャルケと同じく8だが得失点差で12位に位置するヘルタ・ベルリンとの対戦となった。

 最初のチャンスを得たのはホームのシャルケだった。8分に右サイドをオーバーラップしていた内田が中央からのパスを受けると、グラウンダーのクロスを相手GKとDFの間に入れる。するとGKが触ることができずファーサイドのまでボールが流れて、クラース・ヤン・フンテラールが押し込めばゴールとなっていた場面だったが、キックミスをしてしまい枠の左に逸れて絶好のチャンスを逃した。

 14分にヘルタ・ベルリンは、サロモン・カルーのパスでペナルティエリア内右に抜け出したペア・シュルブレットがシュート。これはシャルケのGKラルフ・フェールマンが弾くが、ファーサイドにいたぺテル・ペカリークが詰めて再度シュートを放つ。しかしこれもシャルケDFクリスティアン・フクスがブロックし枠を逸れた。

 シャルケは19分、エリック・マキシム・チュポ・モティングがペナルティエリア手前で粘り、左サイドのユリアン・ドラクスラーにパスが渡ると、中央に少し切り込みクロスを上げる。それにフンテラールがヘッドで合わせると、ボールはゴール右上に吸い込まれて、シャルケが先制に成功。ディ・マッテオ新体制での初ゴールとなった。

 ヘルタ・ベルリンは39分に、ペナルティエリア手前のゴール正面でパスを受けたシュルブレットがダイレクトで強烈なシュートをはなつが、GKフェールマンの正面でゴールとはならなかった。前半は1-0でシャルケがリードしたまま折り返した。

 後半に入るって53分、右サイドでゴールを受けたアニス・ベン・ハティラが中に切り込んでミドルシュートを放つが、これはGKフェールマンがしっかりキャッチ。64分にシャルケは右サイドからのFKで、ファーサイドを走りこんでいたロマン・ノイシュテッターが追いつき、ヘッドで折り返すがGKトーマス・クラフトがキャッチ。

 すると65分、シャルケは高い位置でボールを奪うと、ペナルティエリア手前の正面でドラクスラーにボールが渡る。ドリブルで左サイドへスライドしたドラクスラーは左足を振り抜くと、DFに当たりボールが変化し枠の右隅に吸い込まれてゴール。シャルケが2-0とリードを広げた。

 反撃をしたいヘルタ・ベルリンは72分にヴァレンティン・シュトッカーに代えて原口を投入。原口は左サイドのポジションに入り、内田とのマッチアップとなった。77分にそのヘルタ・ベルリンは、左サイドのロイ・ベーレンスが自ら中に切り込んでシュート。シャルケDFのブロックに合い、ループのような弾道に変わったためGKの頭上を越えるかと思われたが、GKフェールマンは手を伸ばしてかき出し、ゴールを割らせなかった。

 88分にヘルタ・ベルリンは、原口が中央から右サイドへパスを出すと、ペカリークはそのままクロス。エリア内のゴール正面でフリーとなったベーレンスがボレーシュートを放つも、わずかにゴール左にそれてチャンスを逃した。

 試合はそのまま終了し、シャルケがヘルタ・ベルリンを2-0で下してディ・マッテオ新監督の初戦を勝利で飾った。

 次節、シャルケは25日にアウェイでレヴァークーゼンと、ヘルタ・ベルリンは同日にホームでハンブルガーSVと対戦する。

【スコア】
シャルケ 2-0 ヘルタ・ベルリン

【得点者】
1-0 19分 クラース・ヤン・フンテラール(シャルケ)
2-0 65分 ユリアン・ドラクスラー(シャルケ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141019-00243057-soccerk-socc

[ 2014/10/19 ] 海外日本人選手 | TB(0) | CM(2)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。