NiwaNiwaサッカー速報



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヤングボーイズ久保がEL初ゴール含む2得点! GL突破に望みつなぐ

no title

[EL]久保がEL初ゴール含む2得点!!3発快勝のヤングボーイズがGL突破に望みつなぐ

[11.27 ELグループリーグ第5節 スロバン1-3ヤングボーイズ]

 ヨーロッパリーグ(EL)は27日、各地でグループリーグ第5節を行った。I組のFW久保裕也の所属するヤングボーイズ(スイス)は敵地でスロバン(スロバキア)と対戦し、3-1で勝利した。トップ下で先発フル出場した久保は、1-1と追いつかれて迎えた前半18分にEL初得点を記録。公式戦約4か月ぶりのゴールを挙げると、後半18分にも追加点を決めて勝利に大きく貢献した。

 開始からスロバンの高い位置からのプレスに苦しんだヤングボーイズだったが、前半8分にFKから相手のハンドでPKを獲得。これをFWギヨーム・オアロが冷静にゴール左隅に流し込んで先制点。しかし、3分後の同11分、最終ラインのCBミラン・ビロティッチがMFセイドゥバ・スマーにボールを奪われ、そのままGKとの1対1の状況からゴールを決められて1-1とすぐさま同点に追いつかれた

 それでも前半18分に背番号31がEL初ゴールを挙げる。遠い位置からのFKをDFヤン・レツヤクスがゴール前に放り込む。PAやや右からDFスコット・ズッターが頭で中央に折り返して、久保が右足で押し込み、2-1と勝ち越しに成功。さらに同22分にもズッターの右クロスから久保がヘディングで合わせたが、これはGKの好守に阻まれた。

 2-1で折り返した後半も序盤こそスロバンの守備に苦しんだが、徐々にヤングボーイズが攻勢を強めると、同13分に左45度の位置でFKを獲得。これをMFレオナルド・ベルトーネが直接狙ったがわずかにゴール左に外れる。同18分には、PA左からズッターが倒れ込みながら折り返したボールを久保が右足で押し込んで、3-1とリードを広げた。

 その後はお互いに疲れが見られ、チャンスらしいチャンスを作れないまま3-1で試合は終了。久保の2得点の活躍で勝利したヤングボーイズは勝ち点を9に伸ばし、グループリーグ突破に望みをつないだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141128-00227790-gekisaka-socc

関連記事
[ 2014/11/28 ] 海外日本人選手 | TB(0) | CM(0)

長友先発、本田途中出場でミラノダービー日本人対決が実現! 試合は1-1の引き分けに終わる

no title

日本人対決実現のミラノダービーはドロー…長友フル、本田は後半途中出場

 セリエA第12節が23日に行われ、日本代表FW本田圭佑の所属するミランと同DF長友佑都の所属するインテルが対戦。本田はベンチスタート、長友は右サイドバックで先発出場となった。

 ホームのミランはここ4戦で3分1敗と勝利が無い。一方のインテルも直近の公式戦3試合勝利がなく、ヴァルテル・マッツァーリ監督を解任。2004年から2008年までチームを率いていたロベルト・マンチーニ新指揮官を迎えての初戦となった。

 最初のビッグチャンスは8分、インテルにやってくる。サリー・ムンタリの横パスをミラン陣内でカットしたマウロ・イカルディがドリブルで持ち上がってGKと1対1になるが、ディエゴ・ロペスにセーブされた。11分にはフレディ・グアリンがミドルレンジで左足を振り抜いたが、D・ロペスがここもがっちりとキャッチした。

 試合が動いたのは23分、やや劣勢だったミランは左サイドからステファン・エル・シャーラウィが低いクロスを上げると、中央のジェレミー・メネズが右足ボレーでうまく合わせて、ゴール右のネットを揺らして先制する。

 失点以降もペースはインテル。押し込みながらもなかなか得点を奪えなかったが、後半に入って61分にようやく振り出しに戻す。長友が右サイドからクロスを送ると、足を出したミランのクリスティアン・サパタが大きくクリアできず、ボールはジョエル・オビの下へ。オビは左足で狙いすましたグラウンダーのシュートをゴール右に決めた。

 70分過ぎに両ベンチが動く。インテルは得点を挙げたオビに代えてエルナネス、ミランはフェルナンド・トーレスに代え、本田を送り出す。75分、ミランにチャンス。ジャコモ・ボナヴェントゥーラのスルーパスにエル・シャーラウィが抜け出し、GKサミール・ハンダノヴィッチと1対1になるが、シュートはクロスバーを叩いた。ミランはムンタリを下げ、アンドレア・ポーリを投入した。

 途中出場となった本田は77分、右サイドでボールを受けてからカットインして左足を振り抜いたが、ハンダノヴィッチが抑えた。2分後、インテルも長友、グアリンとつなぎ、クロスからイカルディが右足で狙うも、枠を外れる。

 試合は結局、両チームに決勝点は生まれず。1-1の引き分けに終わった。ミランはリーグ戦5試合、インテルは公式戦4試合連続勝利無しとなった。なお、長友はフル出場している。

【スコア】
ミラン 1-1 インテル

【得点者】
1-0 23分 ジェレミー・メネズ(ミラン)
1-1 61分 ジョエル・オビ(インテル)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141124-00252975-soccerk-socc

関連記事
[ 2014/11/24 ] 海外日本人選手 | TB(0) | CM(0)

岡崎が終了間際に同点弾をアシスト! マインツ、引き分けに持ち込む

no title

岡崎が終了間際に同点弾をアシスト…マインツ、引き分けに持ち込む

 ブンデスリーガ第12節が行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するマインツは、ホームでフライブルクと対戦した。岡崎は先発メンバーに名を連ねた。

 リーグ戦3試合勝ち無しのマインツは、パク・チュホがけがから復帰し、開幕戦以来の先発出場となった。一方連勝中のフライブルクは、前節から先発メンバー3人を入れ替えて試合に臨んだ。

 試合は、ホームのマインツが徐々にペースを掴み始める。9分、クリアボールを拾ったフニオール・ディアスがシュートを放つが、ボールは落ち切らず枠の上。直後の10分、岡崎に最初のチャンスが訪れたが、シュートは右に外れた。

 すると27分、マインツはペナルティエリア右側でフリーキックを獲得する。ヨハネス・ガイスがクロスをあげると、ディアスが右足で合わせてマインツが先制する。さらに28分、コーナーキックから再びディアスが合わせたが、これはわずかに枠を外れる。

 ここまでほとんどチャンスがなかったフライブルクだが、ワンチャンスをものにする。30分、右サイドでボールを受けたアドミル・メーメディのクロスを、ジョナタン・シュミッドが頭で合わせ、1-1の同点に追いつき前半を折り返す。

 後半に入ってもマインツが攻勢に出るが、決定機まで持ち込むことができない。すると58分、フライブルクはCKのチャンスを得ると、シュミッドのクロスをメーメディがヘディングで叩き込み、フライブルクが勝ち越しに成功する。

 69分、岡崎が競り合いで頭部を負傷したが、なんとか戦線に復帰する。続いて76分、右からのクロスに岡崎が合わせたが、シュートは枠を捉えきれなかった。81分、右からのFKを再び岡崎がシュートするも、ディフェンスに防がれてしまう。

 敗色濃厚となっていたマインツだが、ホームで意地を見せる。88分、CKのこぼれ球からクロスが上がる。ボールは岡崎に渡ると、ラインを割るすれすれから上げたボールにシュテファン・ベルが合わせて同点に追いつく。

 このまま試合は終了し、マインツがなんとか引き分けに持ち込んだ。なお、岡崎はフル出場している。

【スコア】
マインツ 2-2 フライブルク

【得点者】
1-0 27分 フニオール・ディアス(マインツ)
1-1 30分 ジョナタン・シュミッド(フライブルク)
1-2 58分 アドミル・メーメディ(フライブルク)
2-2 88分 シュテファン・ベル(マインツ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141123-00252697-soccerk-socc

関連記事
[ 2014/11/23 ] 岡崎慎司 | TB(0) | CM(0)

乾が待望の今季初ゴール! 長谷部もフル出場しボルシアMGに逆転勝利

no title

乾が今季初ゴール!!長谷部もフル出場で連敗ストップ

[11.22 ブンデスリーガ第12節 ボルシアMG1-3フランクフルト]

 ブンデスリーガは22日、第12節1日目を行い、MF長谷部誠とMF乾貴士の所属するフランクフルトは敵地でボルシアMGと対戦し、3-1で逆転勝ちした。長谷部はボランチ、乾は左MFでそろってフル出場。2-1の後半28分には乾が今季初ゴールとなる追加点を決めた。

 立ち上がりから主導権を握ったボルシアMGは前半5分、MFホーバル・ノルトベイトの左足ミドルが相手DFに当たってコースが変わり、先制点。劣勢の展開が続いたフランクフルトも前半28分にFWアレクサンダー・マイヤーが直接FKを狙ったが、GKの好セーブに阻まれ、前半は1点ビハインドで折り返した。

 それでも後半9分にMFマルク・シュテンデラ、同12分にマイヤーがゴールを決め、後半立ち上がりの連続ゴールで試合をひっくり返したフランクフルト。後半28分には相手GKのキックミスを奪ってパスをつなぎ、ゴール正面でボールを受けた乾がPA手前から右足でゴール右隅へ流し込んだ。

 相手GKが一歩も動けなかった追加点。乾のブンデスリーガでのゴールは2シーズンぶりで、昨年3月31日のG・フュルト戦以来、約1年8か月ぶりとなった。14日のホンジュラス戦(6-0)で代表初ゴールを含む2得点を挙げた乾が代表の勢いそのままに待望の今季初ゴール。3-1の逆転勝利で連敗を4で止めたフランクフルトが5試合ぶりの白星を飾っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141123-00220245-gekisaka-socc

関連記事
[ 2014/11/23 ] 海外日本人選手 | TB(0) | CM(0)

香川先発のドルトムント、2点差追いつかれパーダーボルンとドロー

no title

ドルトムント、2点差追いつかれドロー…香川先発も後半序盤に交代

 ブンデスリーガ第12節が22日に行われ、パーダーボルンと日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが対戦した。香川は先発出場している。

 試合は12分にドルトムントが先制しする。左サイドからエリック・ドゥルムがクロスを入れると、ゴール前でフリーとなったピエール・エメリク・オーバメヤンが右足で合してネットを揺らした。

19分、相手のミスからボールを奪ったパーダーボルンは、エリア内右まで持ち上がったシュレイマン・コチがGKと1対1でシュートを放つが、GKローマン・ヴァイデンフェラーがセーブし得点とはならなかった。25分にドルトムントは、スルーパスに反応しエリア内に抜け出したオーバメヤンが、ダイレクトでシュートを放つが枠をとらえられない。43分に左サイドのFKをマルコ・ロイスがゴール前に蹴り込むが、ボールはそのまま相手GKがキャッチ。

 前半のアディショナルタイムに入って46分、ドルトムントは右サイドに開いたオーバメヤンが、中央にスルーパス。そのボールに反応しエリア内右に抜け出したロイスがGKと1対1をダイレクトで流し込み追加点を奪う。直後にホイッスルが鳴り、ドルトムントが2-0とリードし前半を折り返した。

 後半に入って55分、ドルトムントはカウンターからオーバメヤンがドリブルで持ち上がり、エリア内左からシュートを放つがゴールとはならない。58分に、香川を下げてケヴィン・グロスクロイツを投入した。

 60分、パーダーボルンはエリア手前の正面でボールを受けたルーカス・ルップが、DFを1人かわしてシュートを決めて1点返した。67分にドルトムントはロイスが右足首にタックルを受けて負傷し、そのままミロス・ヨイッチと交代となった。

 ドルトムントは73分に、エリア手前のオーバメヤンからスルーパスが出て、エリア内左に抜け出したグロスクロイツがダイレクトで左足を振り抜くが枠をわずかに逸れた。81分、パーダーボルンは右からのCKにマヒル・サールクがヘッドで合わせると、ネットを揺らし同点。ホームのパーダーボルンが試合を振り出しに戻した。

 その後は、ドルトムントが攻勢にでるも得点を奪うことができず、試合終了。パーダーボルンに2点差を追いつかれ2-2の引き分けで終わった。

【スコア】
パーダーボルン 2-2 ドルトムント

【得点者】
0-1 12分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
0-2 45+1分 マルコ・ロイス(ドルトムント)
1-2 60分 ルーカス・ルップ(パーダーボルン)
2-2 81分 マヒル・サールク(パーダーボルン)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141123-00252731-soccerk-socc

関連記事
[ 2014/11/23 ] 香川真司 | TB(0) | CM(1)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。